フォトアルバム
Powered by Six Apart

« ぽん様、本ご出版お祝いの会@天ぷら松〜松尾大社 | メイン | 神戸・元町〜レトロビルウォッチング »

2009年11月10日 (火)

(あまり役に立たない)京都紅葉情報その2〜洛西・光明寺

まずはJR東海のCMを。

関西ではあまり見る機会がありませんが、関東の方ではこれをみて京都観光のプランをたてる方が多いとか。

で、これに影響されて行ったわけではありませんが、縁あってやってまいりました、紅葉の名所、洛西光明寺


P1030181

ごらんのようにこちらも紅葉はまだ早いようです。

でもおかげさまで人はあまり多くありませんので、心ゆくまで三分くらいの紅葉を楽しみ、写真を撮ることができましたわ。

P1030157

とてもきれいです。

これが全部紅葉したときの美しさを想像すると、、、、lovely

きっとtake my breath awayでしょうねえ。


P1030155
P1030177
P1030162

奥に本堂が見えていますが、こちらにはよらず手前の急な坂をくだって大書院のほうへ。


P1030165

この大書院の一画に広谷軒というお茶室があり、そこで月釜がおこなわれるのですが、時々ご一緒させていただいている先生がこの日、釜をかけられたのです。

P1030169

広谷軒の外観です。


美しいお庭の紅葉を楽しみながら迎え付けを待ちます。


P1030171

この穴ぼこは茶庭に特有な「塵穴」というもので、茶会の折には青葉を入れ、青竹の塵箸をたてます。実際に塵をいれるわけではなく、精神的な清浄さを表すものでしょうか。

利休はこれを花入れに見立てて椿を投げ入れた、という逸話もあります。

ここのはあまりはっきりしませんが、塵穴にはまさしく穴をのぞいているような「覗き石」も据えられます。

P1030172

苔むした蹲居。作為のあまりない自然石の風情が好きです。

この広谷軒、昭和も戦後になって建てられた新しいお茶室で、しかも珍しい七畳台目。


一席はせいぜい15,6人くらいで、程よい亭主との距離です。


P1030173

主菓子は二条若狭屋さんのきんとん。

まさにちょうどこの日の紅葉のすすみ具合にぴったり!感動ものです。

だから和菓子って大好き!

干菓子のイチョウとぎんなんも、、、lovely


P1030175

山雲棚に浅黄交趾の水指。

お席をもたれた先生には、私は直接教えていただいたことはないのですが、とてもやさしい、思いやりのある先生で大好きなのです。


いわゆる名物級のお道具はありませんが、先生が長年大切にされてきたお道具ばかりで、どれも手になじみます。

お人柄そのもののあたたかいお席でした。感謝。ここまできたかいがありました。


P1030184

山門をでると、まあ、なんて私のツボをヒットするお家かしら!

虫籠窓、漆喰壁、うだつ、格子窓、、、、

このあたり、長岡天神周辺はまだまだこんな古いお家が健在です。

当日は、戦国時代にこのあたりを支配していた細川家に嫁いだガラシア夫人の輿入れ行列を再現した「ガラシア祭」がおこなわれたようです。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/22266773

(あまり役に立たない)京都紅葉情報その2〜洛西・光明寺を参照しているブログ:

コメント

いえいえ、大変、有益な、京都紅葉情報ですよhappy01
ところで、しぇるさん、来年の紅葉狩りは、どちらから御出陣の予定ですか ? 宝塚、それとも、岡崎 ?

来年は多分coldsweats01京都から、近場の人の少ない穴場ねらいで出かけると思いますわ。それこそが京都に住む醍醐味ですものね。

他の方のブログでも、ウィーンと京都の共通点について書いている方がおられました。まさに「住みやすい町」、リタイア周辺のわれわれには「人生の楽しみを謳歌できる町」ですね、京都は。

S&Y様の今年の京都の紅葉計画はいつごろご実行予定でしょうか?

一応、下旬の三連休あたりを想定しています。
NHKのニュースを見ておりましたら、清水寺のライトアップの映像が流れておりました。
なんだか、ソワソワしてきますねhappy01

S&Y様

やはり下旬が一番見頃でしょうね。人もとても多いと思いますが、存分に楽しんでくださいませ。
私もそのころはお茶会でまた京都ですmaple

光明寺は子供の頃、家族と今は亡き大叔母とよく季節を問わず行っていたので、馴染みのあるお寺だったのですが、紅葉の名所というのはつい最近まで知りませんでした。奥にある大きな池のほとりでよくお弁当を食べたのを思い出します。

静かな場所だと思っていたのに数年前初めて紅葉シーズンまっただ中の光明寺に行って人の多さにほんとにびっくり!(食事の場所もすごい制限されていたし。。)
でも石段の紅葉はほんとに素晴らしかったです。

京都の紅葉の名所・・・限りなく情報が寄せられて・・・
下旬頃にはどちらを散策しても、堪能できそうですね。
長岡天神・・・小倉山荘・・・すみません・・・おかきを思い出してしまう始末で・・・笑 友人のお姉さまから・・・「お徳用おかき」頂くのです・・笑
ご近所にお住まいなもので・・・

CMに使われるほどの素晴らしい紅葉なのですね。こちら・・・
塵穴・・・なるほど・・・

しぇるさんの日常は・・・世間と一線が引かれた非日常とも・・・いえ・・・こういう時間が日常であることが大切なことなのでしょうね。
ほんまに・・・私、いつも、こちらで目の保養をさせて頂いています。

皆さんで・・・「松」さんにお出かけされたのですね。

見事に美しいもみじですね。京都の美しい秋シリーズ、毎回愉しみに堪能させていただいています。
そうだ京都へ行こう・・のCMは関東では人気もあり有名です(私も好きです)東日本での京都に対する憧憬を刺激するようなCMなんですよ。当たり前ながらそちらでは宣伝効果が低いのでしょうね。
そういえば目の玉の飛び出るようなお値段の卵焼きを一度食べてみたいです。

kasparek様はこのあたりにご縁があったのですか。小さい頃からここの紅葉を楽しまれていたとは、なんと贅沢な。
実は私、ここを知りませんでした。JR東海のCMの話を聞いても長岡京だし、、、とぴんとこなかったのです。
それが月釜ということでつながるとは、、、、。人があまり多くなければ、紅葉まっさかりの時期に今一度行きたいものです。でもやっぱり多いんだろうな、、、、sad

nnya様

そうです。nnya様が大切な会合をされたあの天ぷら松さんです。われわれは2階の席でしたが、nnya様たちはどちらのお席だったのでしょう。おいしかったですねえ。happy01
私も長岡京と聞くと運転免許、としか思い出さなかったの。(長岡京に京都の運転免許試験場があるので)あ、小倉山荘のおかき、私も好きですよ。
今回長岡京が細川ガラシアとも縁があるときいてちょっと見直しています。

yuchi様

おひさしぶりです。コメントありがとうございます。
関東方面でのJR東海のCM京都版の影響はすごい、とは聞いていましたが、やはり人気なんですねえ。さすがに関西では放送されていないと思うのですが、これを見て、あ、ここ行こ、近いし、と思ってる関西人も意外と多いかもしれません。今回光明寺をおしえてもらったことはありがたかったです。
目の玉の飛び出るようなお値段の卵焼き、私はもう二度と食べる機会はないと思いますわ。coldsweats01

コメントを投稿