フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 洛中・お着物まわりのお買い物 | メイン | 花月のお稽古〜たくさんの和菓子と »

2009年11月28日 (土)

京都余録〜雪待月あるいは霜月

昨今のTV番組は猫も杓子も「秋の紅葉京都特集」。

京都の紅葉はええですね。観光客のおしよせるところも、地元の人しか知らない穴場も。

植物学的な紅葉の美しさではなく、歴史のある有名無名の古刹や、しっとりした町家、数寄屋造りの家、などとのコンビネーションが京都の紅葉の美しさだと思うのですが、、、。

本日は記事にするほどでもなくこぼれ落ちた画像をよせあつめて、普段使い(?)の京都の点描を。


P1030364

このりっぱな門構えのお家は、子供が小さかった頃よく連れて行っていた某小児科。

代々続いてこの地でやっておられるのでしょうね。

門をはいるとお寺の前庭顔負けの和庭があって、待合室が畳敷、というレトロさに最初は驚きました。

診察室もなにやら大正時代のカフェのような雰囲気で、ステンドグラスの灯り取りの窓あり。ほうろうのベースン(洗面器)が似合いそうな診察室でした。

代替わりされたかもしれませんが、今でも診察はされています。京都ならでは、の小児科かしら。


P1030367
岡崎の町家カフェ、京都生ショコラさんで。

いつ見ても玄関脇のベンチでねそべって、お愛想をしてくれない(相手をみとるな)アイリッシュセッターのジャッキー君がなんと今日はちゃんと営業してはります。

なんだか犬好きのお客さんがいて相手をしてもらっていた模様。

こちらで溶けるようなおいしい生チョコ、いただけますし、お持ち帰りもできます。ただし保冷剤が必要なので、遠距離のお持ち帰りはちょっと厳しいかも。


P1030368

岡崎あたりの疏水縁から見た東山。

今はもう少し賑やかな色に染まっていることでしょう。


P1030380

ご存じ三条烏丸西入ルの韓国茶カフェ素夢子古茶屋さん。

インテリアが前世紀の李朝時代の民家へ迷い込んだような感じ。こちらもお気に入りスポット。

いただいたのは松の実粥。


P1030381

松の実をすりつぶして入れてあるのか、こくのあるお粥。韓国海苔のブロック、韓国小菓子など付き。


P1030382

ユニークなオリジナル手ぬぐいで有名な室町三条上ル永楽屋細辻伊兵衛商店

390年前、江戸初期の創業。

それにしても日本人がほとんど使わなくなった手ぬぐいを、斬新なデザイン、工夫、アピールで復権させたのはすごい。

同じ室町を少し北上した姉小路には永楽屋の若者をターゲットにした新しいデザインラインのRAAK さんが。こちらの手ぬぐい、先日いただいて重宝しております。


P1030385
お干菓子で有名な室町二条亀廣保さん。

OMOのお向かいです。日曜、休日は休み、という京都にありがちな観光客にはちょっとつらい営業日、で、この日はお休み。


P1030386

表のウインドウに飾られた吹き寄せのお干菓子ににっこり。

P1030373

ちょっとレトロな雰囲気の三条通商店街の中にある、サラサ・カフェグループのひとつ、サラサ3。「3」は三条通りの3なんだそうな。


P1030370

(写真ボケボケですみません)

こちらも元煙草店だったという町家です。

天井をぶちぬいて、吹き抜けの高い空間に心地よさそうなブロカント的なソファが。

左手のカウンターでは自家製パンも売られています。


P1030371

ご自慢のランチがいただきたかったのですが、ランチタイムは終了後。

かわりにいただいたアメリカン・パウンドケーキ。

どっしりとしたケーキで、しっかりとお腹におさまりました。


P1030372

本来の坪庭は、なんだか不思議な無国籍風空間になっています。

でも居心地良さそう。

ここに面して、町家によくある屋外トイレがあり、つきあたりの離れは個室になっているようでしたよ。

観光客だけでなく、地元のリピーターも多いのでは?

三条通商店街にしっかり根付いたカフェですね、きっと。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/22444665

京都余録〜雪待月あるいは霜月を参照しているブログ:

コメント

紅葉おっしゃる通りかもしれません
しかし我ら田舎者にとって京都の紅葉はあこがれです
と弁解しつつ今日も紅葉を求めてさまよってます
昨日の蓮華寺、最高でした
今年はここにきてかなりの所で自然の恵みを受けています
でもネットのせいか穴場は減ってしまいました
まだまだあるんでしょうね地元しか知らないスポットが

やっぱり京都の秋・・・
京の町は、どこを、お歩きやしてもよろしおすなあ・・・なあんて・・・笑

ちかい・・遠い・・・近い・・・やっぱり遠い?きょうと・・・
ぽんさんのお近くなんですね!

元煙草屋さん・・・凄いですね・・・
こんな煙草屋さんって・・・どんな煙草屋さんだったのでしょう?(ものすごく可笑しな質問ですね・・・煙草屋さんのイメージがなにせ・・・小さいという印象ばかりで・・・笑)
お庭の姿、めちゃくちゃ良いです~~!無国籍風?!しっくりなんですね~~!
好きかも・・・こういうなあんとなく・・・ぼさぼさしたお庭・・・
三条通り商店街・・・レトロな感じなのですか?

kame様

八瀬の方の蓮華寺でしょうか。私は行ったことがありませんが、ネットで調べてみると、なかなかの紅葉の名所ですね。来年はここへもいかなくては!
情報ありがとうございます。
おすすめは哲学の道沿い。有名ではないけれど、小さな神社や寺院が点在していて、山が近いだけあって紅葉がきれいなようです。ひとつひとつ訪ねていくのが楽しみです。

nnya様

そうどす。京都の紅葉はよろしおすえhappy01

三条通商店街、最初行ったときは、これは空堀通り商店街だ!と叫んでしまいました。京都一長い商店街で、どこのお店も表は看板建築(ようするにマスクをかぶっているような)の古い町家なんですよ。ちょっとさびれた感じもあるし、若い人たちがおもしろいお店をひらいていたり、空堀といっしょです。これといった名所ではありませんが、ぶらぶら歩きは楽しいかも〜happy01
どんなりっぱな?煙草屋だったのか、私もわかりませんわ〜coldsweats02

そうです
中の庭園の紅葉を見るなら月末か12月初め
それに八瀬の駅周辺一体が真っ赤になり素晴らしい
近くの瑠璃光院までの道も・・・
ただし蓮華寺門傍の大銀杏の黄色い絨毯と
近くのもみじの競演を鑑賞するには連休(人多し)
法然院、安楽寺は月末以降をお薦めでも最近
人も多いので浸るなら早朝か三時頃ですね
老婆心ながら

しぇる様の写された小児科はあそこですねえ!うちは新婚時代こちらの並びに暮らしていました。
蓮華寺はわりに人も少なく ぼっと座って庭を見るのにいいお寺だと思います。

 そっか…なつかしいです。
 そもそも親戚の娘さんが、韓国茶カフェ素夢子古茶屋さんで…ということで、こちらのブログを拝見し、お邪魔するようになったんでした。
 結局、その後両親は1度か2度行き来があったみたいでしたが、私自身はその親戚の人には会ってないんです。
 自分の親戚とやりとりのないまま、知らない遠くの人と会話のやりとりをしている事実…不思議です。

 この1年でめまぐるしく変化のあったちょきた家です。
 ちびちょきは、福井とか大阪とかいろんなとこに行き、だんだん親とは別の世界が広がっていくみたいです。
 わたしも本当は子離れしないといけないんですが。

 これからも、こちらのブログでいろいろ楽しませてもらいますcat

kame様

法然院、安楽寺のあたりもご存じなんですね。アドバイス、ありがとうございます。昔あのあたりにちょっとの間住んでいましたが、その恩恵を意識しないまま、すぎてしまいました。残念なことをしました。
早朝の紅葉、、、想像しただけでよいですね。でも早朝を楽しむには、住んでいないとだめですね。その分、来年が楽しみなんです。

ひいらぎ様

あのあたり、ひいらぎ様のホームグラウンドでしたか。うちも新婚時代、岡崎のこの近くに、子供が小さい頃は吉田のこの近くに住んでおりました。今でも現役なのがうれしいです。もう小児科にかかる子供もいなくなってしまいましたが。
皆様、蓮華寺をよくご存じなんですね。ちょっと遅れております。来年はあちこち、体力が許す限り、皆様お勧めのところを訪ねてみますわ。電動アシスト自転車(おそまきながら)買ったことだし、チャリンコで。

ちょきた様

そうでした、素夢子さんがご縁でしたね。ほんとにネットがない時代ならこうしてお知り合い(ネット上で、ですが)になることもなかったはずなのに、すごい時代になったものです。もっと若者か?と思って下さったのはちょきたさんだけなんですよ〜。みんなもっと年配だとか、男じゃないか、とか想像されてるみたいで、、、、coldsweats01

いよいよ思春期、親離れの時期ですよね。うれしくもあり、さびしくもあり。でもまだまだ最終的には親に頼ってくるこの数年、大切にちびちょきさんと過ごして下さいね。うちは大学で親元をだしてから、完全に親離れして、ひとりの大人になってしまいました。

京都の宣伝フィルムで見るような鮮やかなもみじの紅葉を、自宅近くのもみじの木では見たことがありません。京都の気候のせいでしょうか。
なんだかほっと一息つけるような雰囲気のあるお店も、古い使い込まれた木材の、落ち着きのある色がいいですね。
ところで蝙蝠のお襦袢、すごくおしゃれですね。やっぱりお着物の上級編だな。

こんにちは、しぇる様

さらさ3の離れはオススメですよ~。
私どもシスターズの御用達、気兼ねなくおしゃべり出来ますもの~(笑)。

↓のコウモリのお襦袢、とっても可愛いですね!
振りにひらひらコウモリさんが舞い飛ぶとは。
鬱金色の色無地でしょうか?
黄の御衣に黒のコウモリ、中国の皇帝色のようで、格調高く、素敵ですわ~。
私も今、叔母の小紋を長羽織に仕立て直してまして、羽織裏をどうしようか悩んでいます。

yuchi様

私も最後に京都から転出したときに思いました。
よその紅葉と京都の紅葉とどうしてちがうのだろうと。
なんだか京都の紅葉はしっとり、というか湿り気を感じるのに、よそのはなんだか乾燥しているような。京都の盆地独特の湿り気なのか、アスファルトでない=土の部分が他の都市より多いからなのか、よくわかりません。京都が好き、という思い入れのせいかもしれません。

蝙蝠の襦袢、またそのうち公開いたしますわね。ただし、あくまで襦袢ですので、ちらっとだけcoldsweats01

いけこ様

中国の皇帝色の鬱金、、、ですか。自分ではカレー色とよんでいますがcoldsweats01あはは、、、ずいぶん出世したものです。
襦袢は反物で見るとちょっと派手なくらいがいいですね。そんなに見える物ではなし、半分以上は自分だけのお楽しみかもしれません。
叔母様のモスグリーンの小紋もすてきですね。お若い方にとてもよくお似合いです。紫織庵さんは羽裏もあつかっておられましたが、これも少々値がはりそうです。
そういえば、シスターズのどなたかのブログでこのさらさ3の記事を見たような気がします。そうですか、こんどはどなたかをさそって離れをめざしてみます。

コメントを投稿