フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 京遊びの会〜祇園 又吉さん再び | メイン | 京都紅茶倶楽部〜五条坂陶器まつり »

2009年8月11日 (火)

安井金比羅宮〜六道参り

又吉さんを出て、そのままほそい小路を南下します。

まず行き当たるのが安井金比羅宮。

P1010780_2


縁切り、縁結びの神様として有名です。

縁切り、縁結びの碑。形代という紙のお札に縁結び、縁切りのお願いを書いて貼っていくのです。


P1010784

縁結びのお願いはかわいらしいのがおおいのですが、なかには結構ぞっとするような願いを書いた縁切りの形代も多くて、、、

そう思ってみると、その思いが凝り固まったような、わさわさ蓬髪のあやかしにもみえてきます。ぞぞ〜っ!shock

この碑は中がトンネルになっていて、裏から表へぬけると縁結び。

反対に表から裏へぬけると縁切りだそうです。

今年出雲大社でめったにでない大吉のおみくじをひいた、あんのちゃん、もちろん良縁結びを願って、裏から表へ。

スリムなあんのちゃんが「けっこうきつい」そうなので、私なら絶対骨盤あたりでひっかかりそうです。いまさら良縁という年でもありませんが、、、、。

金比羅さんをあとに、さらに南下します。

P1010777

このあたり、しっとりしたいい風情です。

古屋を改造したお店もあるようです。

P1010778


P1010786
ちょっと変わった、破風(?)のあるお家。洛中ではまず、見ないような意匠の家ですね。

しばらくいくと、、、、ななんだかすごく長い行列が、、、

これが六道参りで迎え鐘をつく、順番待ちの行列だったんですねえ。

京都の人たちは、お盆の入りにお精霊さん(おしょらいさん:ご先祖さんの魂)を迎え鐘をついてお迎えして、大文字の送り火の日にまた、あの世へ見送るならいだそうです。

P1010798

このあたりは平安時代の葬送の地、鳥辺野の入り口で、六道の辻、つまりあの世とこの世の境になるそうです。

ここを中心に、小野篁の地獄通いで有名な六道珍皇寺、檀林皇后九相図で有名な西福寺、空也の像で有名な六波羅蜜寺があります。

このあたり、とてもおくわしい、もちや様の説明を聞きながら拝見できましたのはありがたかいことでした。

(なんにも知らんので、一人だったら、見るべきポイントを外してたと思う)

P1010789

六道珍皇寺。


入り口で売られている高野槇の枝。

P1010795

ご先祖様の戒名をかいた水塔婆に、この高野槇で水をかける水回向。この槇の枝をつたってご先祖様が帰ってくるとか。

P1010791

これが水塔婆。線香の煙で清めているところのようです。

P1010799

西福寺。

小さいお寺ですが、六道参りのこの時期はお参りの方が一杯です。

(次の画像は気の弱い方は見ないでね)

P1010800
この時期だけ公開される有名な檀林皇后九相図。

どんな美人でも、人は死ぬとこのように最後は白骨となり、土に帰る、、、、ことを教えたかったのでしょうね、この皇后様は。

もちや様はむしろこの隣にあった、熊野参詣曼荼羅図にご執心。

研究資料としてご興味が。

P1010801

さらにこのお寺では祈願銭というものがあることを教えていただきました。

紙に包んだ小銭(おそらく五円玉)を持ち帰り、願をかけ、翌年それを返しにくるのですと。

ひとついただいて帰りましたので、来年もまたお返しにかなくちゃいけませんわねぇ。

(なにをお願いしたかは秘密です。)


P1010797

西福寺のお向かいは「幽霊子育飴」。

幽霊が子供に与えるため夜な夜な飴を買いに来た、、、というのはこの立地でこそのものですね。

P1010819

一袋もとめました。まあ、普通のべっこう飴なんですけどねcoldsweats01

少し南下して、六波羅蜜寺へ。

P1010805_2

こちらでも迎え鐘を撞くことができます。こちらは行列が短かったので、私も撞かせてもらいました。

六道珍皇寺でもそうですが、迎え鐘は密封されて外から見ることはできません。

六波羅ではさらに地下にあるので、このように撞く、というよりは引く、という感じになります。

これもなんとなくおどろおどろしいですけど、、、、。

この陰にこもった鐘の音は十万億土に届いて、この音をたよりにお精霊さんがかえってこられるのだと。

ここの本堂では16日の大文字送り火の日に、同じく大の字をかたどったお灯明に火をつけてお精霊さんを送るそうです。

六道の辻にはこの季節、お参りの方々がたくさんおられました。観光客も多かったと思いますが、地元の方のほうが多かったと思います。

最近では迎え火、送り火を街角で焚くこともなくなり、目にすることもなく、なんのことか意味もわからない世代もふえてきましたが、京都では、まだまだこうして宗教が生活にむすびついて生きているんだ、、、と実感できました。


さて、次回はこの六道参りの参拝客をあてこんで始まったという、五条坂陶器まつりのお話を。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/20943553

安井金比羅宮〜六道参りを参照しているブログ:

コメント

日曜日はみなさま楽しまれたようで羨ましい限りです〜。
写真を拝見していたら、お腹が空いてきました。。。

縁結びは裏から表へくぐるのですね。 近々♪
あんのさんよりも、私の方が切実です!

シェルのママ様

いつも楽しく京都便りを拝読致してます。シェルちゃんかわいい~

当方のブログで紹介させて下さいませ。宜しいですか?

メルシーローズ

maki様

今回はごいっしょできなくて残念でした。でもまた秋の和菓子の会などもあるようですし、じきお目にかかれますね。
そうです、まちがっても表→裏にならないように!
maki様もスリムだから大丈夫ですねえ。ぽん様と「太めは縁を結べんってことかいangry」とちょっと憤慨(?)しておりました。

メルシーローズ様


拙ブログにお目をとめていただき、ありがとうございます。
銀座のおしゃれな方に読んでいただけるのはうれし、はずかしですわ。happy01
こんなブログでよろしければ、どうぞ〜。
今後ともよろしくお願いいたします。

5番目の写真の建物は私も何だろうと思って通っています。
素敵ですよね。

ひいらぎ様も

この建物ご存じでしたか。近くの少し変わった仕舞屋は旅館になっていましたが、ここはなんの表示もないので、やはり個人のお宅なんでしょうかねえ?破風はトタン葺きの下は檜皮葺のように見えました。神職関係の方のお家かしら???

懐かしいですな~幼稚園の頃やと思いますが、九相図を観てベソ掻いたことを思い出します。その後、小学生になって、河原で白骨化しつつあるネコの死骸を見たときに、九相図を思い出し、「ネコも人もいっしょやな~」と変に物思いにふけった記憶がありました。
一昨年でしたか…盆の京土産にと幽霊子育飴を買うて帰ったら、会社の女性に「あの世に帰ってきたのですか?」と真顔で尋ねられました。「そうや~京都は日本で一番あの世に近い街なんやで~」と応えておきましたが…(笑)。

へちかん様

京都のお子はみな、一度はここで怖い思いをされた記憶があるのでしょうか?(友人の京都人も子供の頃怖い思いをした、と言っておりました)
縁側でばあちゃんの話す地獄のおそろしさに、ウソついたらアカン、舌ぬかれる、とか悪いことしたら、ずっと釜ゆでなんや〜とか、、、、九相図や十界図の地獄をみながら(ちょっとトラウマになりそうな)幼児教育は貴重だったかもしれませんね。
六道参りといい、大文字といい、京都はほんまにあの世との垣根が低い都市かもしれませんね。

コメントを投稿