フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 文月雑記 | メイン | 灰形を作る »

2009年7月15日 (水)

「宵山万華鏡」森見登美彦

やっとでました!

久々の森見登美彦さんの京都ファンタジーです。

森見さんと言えばきつねのはなしなど、京都パラレルワールドの話を書かせたらピカいちです。

51fxz1zmixl_ss500_

宵山といえば、私には、大學にはいった年の最初の宵山が思い出されます。それだけ初めて見たときのインパクトが強かったのです。

子供の頃、夜店の出るお祭りは、故郷の町でもなぜか不思議な空間で、きらきらする照明やら、焼きイカのにおいや、綿菓子、金魚すくい、、、いつもの町とまったくかわってしまうことにわくわくしたものでした。

ただそこにはやはり闇のような空間も確かにあって、「あんまりうろうろすると、子捕りにつれていかれるよ。」という大人の言葉が妙にリアルに聞こえたものでした。

それが祇園祭宵山では都市レベルであるのですから、それはもう田舎からでてきた女学生をびっくりさせるに十分でした。

さて、この本ですが、なにしろこのタイミングで出すか〜!、という宵山の話なのです。

読んでいると、鉾の名前と鉾町あたりの地名がいっぱいでてくるのです。

室町通を上ル、六角通りを西へ、蛸薬師下ル、御池を東へ、衣棚町(京都のひとは、ころもんたな、、と読むらしい)、地図に載っていない通り抜けの小径のひとつ了頓図子(りょうとんずし)まででてきちゃう。

(こうして書くと、京都の地名って雅びです。絶対に地名整理なんかしてほしくないです。)

そぞろ歩くのが好きな室町界隈なので、本の中に出てくる町や通りの名前をみては、頭の中の地図をたどるのもまた楽し。

キーになっている場所、室町三条といえば、素夢子古茶屋さんのあるあたりですねえ。

読んでいるだけであの駒形提灯やら、屏風祭の旧家やら、夜店にむらがる人々の姿が目に浮かび、雑踏のざわめき、祇園囃子、ちまきを売る子供たちの歌が聞こえてくるようです。


地名は実際京都に住んでいたら(あら、私はまだ住んでいなかったわcoldsweats01)ああ、あそこ、とすぐわかる慣れ親しんだ場所の名前がてんこもりなんですが、そこは森見ワールド、すでに別世界の京都になっております。

ところがそのつくりはさらに多層的で、パラレル京都の、さらにもうひとつ別のパラレルワールドが宵山の夜、出現するのです。


ひとつはあくまで楽しく、賑やかなおもちゃ箱をひっくりかえしたような世界。

もうひとつは「死」の匂いのする、ちょっとダークな異界。

これが象徴的にあらわれているのが実は表紙なんです。

これは私も読み終わるまで気づかなかったのですが、あくまで楽しくおとぎ話のような表紙の後ろに、もう一枚の表紙があって、それは、、、、

あとは実際に手にとってごらんくださいね。bleah

狂言回しのとても怪しい骨董屋、杵塚商会というのもでてくるんですが、これは「きつねのはなし」に出てきた同じく怪しい、かくりょ(幽界)と通ずる一乗寺の骨董屋と実はおなじ骨董屋なのかもしれません。


それにしても、こんな不思議な時空がほんとうに宵山のにぎわいのなかに、ひそかにしのびこむ、、ということがあってもおかしくない、と思えるのが京都特有の町の構造なんでしょうね。

近代的大通りを一本中に入ると、迷路みたいな小路やろうじがかくれていて、普段の時でさえ、あら、別の時空にまぎれこんでしまったのかしら?と軽い眩暈をおぼえることがありますもの。

考えてみれば、一ヶ月もかけて、町一番の大通りを占拠するお祭をするなんて、京都以外では考えられないのではないかしら。

夜は短し歩けよ乙女ファンの「あほうな大学生」が好きな方も堪能いただけますよ。ちょっとかぶって登場する人物もいますしね。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/20592869

「宵山万華鏡」森見登美彦を参照しているブログ:

コメント

はじめましてhappy01
二日前にこのブログ始めたばかりです。
つい京都という言葉に惹かれてれておじゃましました。
吉田山というと京大だったんですか?
私は今、京都周辺に住んでいますが、市内は祇園祭一色です。
私も学生時代とOL時代併せて10年は市内に澄んでいました。
ちょうど同じ年代だと思いますので嬉しいです!
また時々おじゃまさせて下さいね。

小さいとき、宵山の四条界隈で自分と同じくらいのお子達が、浴衣姿で一心にわらべ歌を謡いながら、粽を売っていたのを不思議に思いながら見ていた記憶があります。
今でも「ご信心の皆さまは…蝋燭一本献じられましょう…安産のお守りは明日は出ません今晩限り…」という歌が耳から離れません。
ウチは鉾町ではありませんが、なぜか宵々山の日は鳴海さんのお赤飯が出ました。15日だったからでしょうか?。ウチでは1日と15日は赤ご飯を食べる習慣がありましたので…。

そら様

ようこそはじめまして。コメントありがとうございますhappy01
京都、、とタイトルに入れながらも、関係ないネタもおおいので、がっかりさせちゃうかもしれません。
でも、ぼちぼち京都移住のための準備ネタもアップできるとおもいますので、また是非おたちよりくださいませ。

そうなんです。学部は違いますが、森見氏は大學の遠い後輩にあたります。
かつては吉田あたりに生息しておりました。

読まれましたか!
『走れメロス他2編』と同じく、「裏森見」(今、勝手に考えた単語ですが)要素もあるというウワサを聞いたので、わたしは今回はスルーして、表森見全開の『有頂天家族2』(仮)待ちです(いつ出るかわからんけど)。
…と思ってたんですが、面白そうですね。うーん(なやむ)。

ちなみに、京都の某書店の先週(?)の売り上げランキングでは、M上H樹さんが一位と二位、もりみんの宵山~は三位だったそうです。M上さんがいなかったら、もしかして一位だったのかも…。
あ、それと、四条烏丸のO垣書店でサイン会あるらしいですよ。

へちかん様

1日と15日だけ、お赤飯って、杉本家の歳中覚の世界ですね。あそこもかつて現役の商家だったときは、主も奉公人も10の付く日だけお魚がでたとか。いまでもそういう習慣をまもってはる旧家は京都に残っているのでしょうか。
宵山のこどもたちのあの歌は、最初聞いたときとても感動しました。これぞ京都や〜!と。で、鉾町で生まれ育った子供達がうらやましいと思ったものでした。(今でもうらやましい)

あんのちゃん

表森見(私もこの単語使うことにしますhappy01)も好きですが、森見氏の作品は「きつねのはなし」から入ったもので、裏森見が実は好きなんです。この本は一部表森見の章もありますが、全体的には裏森見ですね。(うふふ、、、表、裏、、この言い方気に入っちゃったわ)あんのちゃんのお気に召すかどうかは微妙かも、、、。
あ、有頂天家族、続編がでるんですか?そりゃ楽しみがまた増えました。

時々思うのですが、京都と関わりのある人には断然おもしろい森見ですが、京都に来たことがない、あるいはあまり知識がない、という人には彼の小説はどのように楽しまれているのでしょうか?いちど聞いてみたいのですが。

京都に移住したら、もりみんのサイン会はねらいうちでいっちゃうかも〜。

コメントを投稿