フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 空堀(からほり)レトロ〜ほんのさわり | メイン | お茶のお稽古〜村山大島の単衣デビュー »

2009年6月 4日 (木)

久々に中崎町散歩

nnya様のブログを見て、おお、そうじゃ!(岡山弁)最近中崎町にとんといってないな、、、と気づく。

ご存じない方に説明すると、中崎町は大阪北区、梅田にほどちかい一画で、空堀とおなじく戦災を免れた昭和初期の古い町並みが残るレトロタウンです。

若いアーティスト系の方たちが、町家を改造したおもしろい試みのお店をだしているエリアです。

今日写真を撮った店は、以前行ったことがありブログにも載せたものから、ありゃ〜こんな新しい店ができてる、というものまでいろいろ。

ではレトロタウンの雰囲気をお楽しみくださいませ。

(もし、ご興味ありましたら「中崎町シリーズ」のカテゴリーをご覧下さいませ。いくつかのお店の中を紹介しています。)

P1010086

まずは中崎町隣接の黒崎町エリア。

ここも細いろうじにおもしろい店を発見できます。

ここは「もったいない堂」coldsweats02

雑貨屋さんのようですが、中で宴会をされてるらしく、にぎやかな歌声が、、、


P1010087

雰囲気のあるどこか懐かしい町並みが続きます。


P1010088

ろうじの中には、なにげに「黒崎明神・青龍明神」

ポール型の賽銭箱がユニーク。

ここから、勝手知ったる中崎エリアにはいりますが、、、、

なんだかしばらくご無沙汰してる間に、あっちにもこっちにも新しい店ができているではないか!

う〜む。nnya様が手に入れたというSAVVYの中崎町特集買わないといけないわね。


P1010089

Salon de 天人(あまんと)やTwo Elephant(s)(中崎町シリーズに書いています)のエリアに、こんな新しい雑貨+カフェが。


P1010090

天人さん(左手の緑におおわれている一応カフェ)は、地域に密着して、地域の人をまきこんで、いろんな活動をされているのですが、その天人さんのギャラリー部門とでもいうべきスペースが右側にできています。


P1010091

そのむこうのお店、ランジェリーのお店?

ただちょっと、雰囲気がここらとあわないような、、、、。


P1010095

こちらも左手に手芸雑貨を扱うpinoさん、突き当たりはお地蔵さんとナントカ明神さん。

このあたり、こういう祠、お社が多いです。(あ、それと猫もねhappy01


P1010101

作家物の器やガラスアクセサリーをあつかう、いえみせ・Kocoroさん、手描きTシャツの花音さんのある細いろうじ。

以前あった店は閉店されることなく、今も元気なのが、うれしい。

がんばってはるんやな〜。


P1010102

ステンドグラスの不思議なドア。

どこへ通じるのでしょうか?

P1010094

キューバカフェ、カリエンテの前には、、、、

一番のお目当て、お気に入りのうてな喫茶

P1010092

SAVVYに載っていなかった、、ということなので、ええ〜?と、、、心配してやってきたわけです。

よかった、ちゃんとありました。はやっていました。


P1010093

良い雰囲気でしょ?

ここに来たら必ずいただくおいしいチーズケーキと。

なんとゴージャスな真っ白なシャクナゲの生花が飾ってあって、この古い家と不思議にマッチしています。

ここの好きなところは、ご近所のおばちゃん、おばあちゃんも利用してることなんです。

私がなごんでいるときも、おばあさんがはいってこられて、若い店主さんとご近所話をなごやかにされていました。

そのゆっくりとした静かな会話がまたこの空間によく似合う、、、、。

残念なことに、、
P1010103

このエリア、ちょっと前まで古い家があったところに、こ〜〜んなモダンなビルが、、、。

向かいの町家群と対照的。

大阪には景観条例、風致地区なんてなかったわね、、、

もう少しデザインが周囲になじむものであったらよかったのにねぇ、、、。

なおさら、このあたりのお店のみなさんにがんばってもらいたい!

せいぜい利用することでしかお手伝いできませんが。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/20050585

久々に中崎町散歩を参照しているブログ:

コメント

よかった~~~!
うてな喫茶健在!
だって・・・しぇるさんと私が、お知り合いになれた「ご縁を運んでくれた大切なお店」!笑顔

街は新しくお仲間を受け入れ・・・静かに息づいているようですね・・・
ちょっと新しい風も吹いちゃったようですが・・・
なんといっても大阪の、ほぼど真ん中に!
こんな街が残されていることが、すごい!笑

カップ&ソーサー!シュガーポット!
うてな喫茶やわ!うるる・・
サヴィ・・・どうして見落としたのかしら・・・
今も、穴が開くほど・・・「今、一番新しくて詳しい地図です」ページを覗き込みました。ないです!!

すみません・・・お忙しいしぇるさんに・・・

でも!しぇるさんの中崎町探索・・・好き~~!
いえみせ・・・ココロさんのオーナーさんにも会いたいわ~~!
私も・・・近いうちに・・・必ず♪


中崎町、陸の孤島のような一角なもんで、よう行きまへんでしたが、
あなたの散策記事を読んでいると是非行ってみたくなります。

空堀もそうですが随分昔に歩いたことがあるんですよ。
でも今行っても浦島花子さんだろうと想います。

nnya様

そうでした、うてな喫茶をたどってnnya様のブログにたどりついたのでしたhappy01
いいですよね〜、あの雰囲気。ご主人のお顔をまじまじとみたことないので、年齢がわかりませんが、私よりはずいぶん若いはず。おばあちゃんと息のあった会話がなぜかおもしろかったです。聞くともなく聞いていました。
もう雑誌で宣伝してもらわなくてもやっていけるのかもしれません。そして観光で来る人より、地域のご近所さんのお客さんを大切にしたいのかもしれない、と思いました。
また、いつか「うてな喫茶」でお会いしましょう!

ヘルブラウ様

そうですね、梅田からだと中崎町はちょっと中途半端な距離ですね。
ヘル様が日本におられた頃とは、このあたり、特に変わっていると思います。(梅田もここ1〜2年、どっひゃ〜というくらい変わりますよ)
いまから15年以上前にやはりこのあたりよく通っていたのですが、こわれかけた戦前の古い家が、無人のままほられている、、、といったイメージでした。ずいぶん楽しい町に変わりました。happy01

ドアノブが見えなくてふしぎな白いドアとうてな喫茶がすごく気に入りました。こういう古いお家を見るとお邪魔したくなりますが、お店なら入れるので嬉しいですね。美味しいシーズケーキがあるのも最高!

実は・・・私も・・・同じようなこと思っていました。あのあと・・・宣伝・・・いらんのかも・・・きっと・・・そうだ・・・と。

お客さんが来ないのも寂しいですが・・・どんどん・・・注目となってしまうのも・・・
そこの辺りが・・・むずかしそうですね・・・


yuchi様

このあたり、小さい家が入り組んでいるので、あのドアがどの家のものなのかすら、よくわからないんですよ。だから不思議なドア、、、ということにしておくことに。よくみると鍵穴があるので、開閉はするようです。
中崎町に惹かれる最初のきっかけが、うてな喫茶でした。奥の坪庭(?)に面した席もあり、良い雰囲気ですよ〜。ちなみにこの写真の席が一番お気に入り。あけてある入り口に向いているので、外の道行く人のウォッチングができるので。happy01

nnya様

隠れ家的お店のむつかしいところですね。メディアに露出すると、一過性にわ〜っとお客さんが来て、おなじみさんが離れていくこともあるようです。かといって、あんまり知られないと、商売としてなりたちませんし、、、。
京都・岡崎の好日居さんも同じようなことを言っておられました。メディア露出はさけているけれど、あんまりお客さんの来ない日は考えてしまいます、、、と。
私はやっぱりどちらもあんまり有名になってほしくないなあ、、、。

以前しぇるさまのブログで中崎町シリーズをのぞかせてもらって以来、ずっと行きたいと思っているエリアですが、未だに行けず。。
早く時間作って行きたいです。

kasparek様

中崎町は空堀より行きやすいですよ〜。阪急梅田の茶屋町口(最後尾)をでたら、すぐ(徒歩10分以内)ですもん。是非是非!

コメントを投稿