フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 「京の町家」〜数寄屋造り・中村昌生先生の講義 | メイン | たまには台所 »

2009年5月27日 (水)

下げもん完成

以前制作過程をアップした七宝薬玉

あれをちまちま、時間をかけて大小計9個、作りました。


P1000857

これをまとめて下げもんにしようと、試行錯誤していたのです。


P1000996

まずは、下げる台になるわっか。

実はこれ刺繍枠の内側。

これに朱色のバイアステープを巻いてなんとか形に。


P1000997

下げもんの一番下になるものとして、この三角をこしらえました。

ぶら下げた房は既製品ですが。

どうやって各薬玉を、紐に留めていくのか、本にも書いていないし、あれこれ試して、バイアステープの残りを紐に結びつけて、針を通して固定し、この上に薬玉がとまるようにしたのですが、もっと良い方法があれば、教えて下さいませ。

あと、紐のさびしいところに骨董市で買った既製の花や鞠をつけて、完成!

ちょっと淋しい下げもんになりましたが、まあ、第一作目、ということでcoldsweats01


P1010001

しばらく、ここにぶら下げておいたら、邪魔だ、というクレームがcoldsweats01

とりあえず、やっとこれで、次のパッチワーク作品にとりかかれそうです。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/19916661

下げもん完成を参照しているブログ:

コメント

猫ちゃんたちは喜んでいたのではありませんか?!、
邪魔だというのはやはり・・・様でしょうか~?・・・笑

母が作っていたお雛様のお飾りに似ていてとてもいいですよー

お久しぶりです。
わぁ~出来ましたね。可愛い。
朱色がひきたって、とても綺麗です。

玉をつなげるのは、紐を通して二重になるようにするのですが、文章でどう説明したらいいのかわかりません。スイマセン。
次の作品を期待していますね。

私も次の作品は、大小の鞠ばかりでさげもんにしてみようかしら・・・


ヘルブラウ様

いやいや、猫たちにはちょっと手が届かないところに吊しています。連中の手にかかった日にはもう、、、、cryingですからね。
そう、旦那には邪魔だと、言われましたが、実は自分でも、「あら、邪魔だわ。」と口走ったり、、、。ちょっと飾る場所変えます。

フェアレディ様の

すばらしい下げもんには遠くおよびませんが、とりあえず、第1作です。
絹の着物地は扱いにくくて往生しました。いつかフェアレディ様のような、もっとバラエティ豊かな華やかなのを作れるようになりたいですが、まだまだ遠い道のりです。
また、紐への下げ方、ご自身のブログで是非公開いつかしてくださいませ〜。


こんにちは、しぇる様

可愛らしい下げもんですね!
お手製なんて、凄いです!!
金色はお鈴ですか?
もみの朱と薬玉で、厄除けもしっかり。
とても縁起の良い、晴れやかな感じがします。

大変遅くなりましたが、リンクのご挨拶を致します。
どうぞ、今後とも宜しくお願い申し上げます。

いけこ様

リンクいただき、ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。
いけこ様の台湾旅行記は昨年秋からのぶんを公開中ですのね。台湾にはたくさんのお土産話があるのでしょうね。連載(?)楽しみにしています。やはり剪紙関係で台湾がお好きなkasparek 様(ブログは”戯れ言といたち噺”)にいけこ様ブログをご紹介しておきました〜happy01

愛らしい「下げもん」・・・
こんなにたくさん!すごいです~~!
私・・・う~んと大昔に一個だけ、子供のおもちゃとして作りましたが、和布で作れば、「下げもん」になるのですね~~!
どんどん数が増えて、可愛く出来上がってくると、手が止まらなくなりそうです!笑 

nnya様

これがず〜っと懸案で、普通のパッチができなかったのです。
これでやっと次の作品にとりかかれます。今度は変わりレモンスターのタペにする予定。
先日図面を引きましたが、うまく角があわないなど、今から前途多難です。

コメントを投稿