フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 「秘密の花園」 | メイン | 小谷さんの倉敷ガラス〜続編〜 »

2009年1月26日 (月)

手作りもん・2種

<その1>


京都は白川べり、知恩院近くのアンティーク着物、古布のお店、やゝさんで買った古布です。

P1040416

やゝさんでは着物もさることながら、古布の端布の豊富なことといったら!

特に昔の子供が着ていたであろう、べべの柄や色がポップで。

これもおそらく子供の晴れ着だったのではないかしら。

この一枚の布で、いろんな柄の部分を使えるので手芸用にはお得な模様。


P1040417


古布で細工物を作るのに、あると雰囲気出るだろうと買っておいた紅絹(もみ)が役立ちます。

こんな感じで縫って、、、、

wobblyでも絹はふにゃふにゃ柔らかくて縫いにくいったら、、、。

まっすぐ線を引いたと思ってもゆがんでるし、、、

P1040419

こんな感じにつないで、、、


P1040420

なんとなく球体にして、、


P1040423_2

綴じて鈴をつけて、、、はい、七宝薬玉のできあがり!

縫い目が粗くてとじ目がはちきれていますが、そこはご愛敬で、、coldsweats01

P1040425

あと5〜6個作って、ひな祭りのさげもんにしようかと思ってます。


<その2>

これも先日、京都の山梨製餡さんで手に入れた白餡。

P1040441

これを使ってこなしのお菓子にまたまた挑戦。(前回のはこちら

小麦粉、餅粉を混ぜて蒸して、こなしを作ります。


P1040445

今回は色は淡めで、なかの黒いこし餡も山梨さんのもの。

P1040446


中の餡が少し少なかったので、相対的にこなしの部分が多くなって、分厚くなってしまいました。


P1040447

なので、中の餡はとてもおいしかったのですが、こなしはちょっと粉っぽいというか、味はう〜〜〜ん、いまいちでした。

和菓子作りのむつかしさを思い知ったのであります。

お茶事に自作のお菓子、、、というのもまだまだ夢やな〜。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/18300344

手作りもん・2種を参照しているブログ:

コメント

雪輪heart04
しぇるさんのトレードマークですね

こなしはおいしいものですので
又、挑戦してくださいね
って言って私、よう作りませんけどcoldsweats01

しぇる様 こなしを作られたのですね。
寒梅粉を使われると簡単にできますよ。
しかも火を入れずに出来ます。餡を少しレンジでチンして 冷ましてから寒梅粉を入れます。それはそれは簡単にできます。
寒梅粉は餅粉を火にかけて干して 粉にしましたので 干菓子にも使います。
寒梅粉は錦市場に売っています。
これですとあっという間に御菓子が出来ますよ。お試しあれ~!
素人はこうやって楽しめばよいかと思います。いつの日かご一緒にお菓子ができればと思います。

かめ様

一度ご主人に弟子入りしようかしらん、、coldsweats01
独学ではなかなかむつかしいわ。先達はあらまほし、、というところです。
雪輪の抜き型はお気に入りで、大根抜いたり、かまぼこ抜いたり、楽しんでおりますよ。

ひいらぎ様

寒梅粉を使うのですか、メモメモ、、、しておこう。寒梅粉なら阪急のスーパーでも手にはいりますので、次、試してみます。
それにしても、ひいらぎ様、よくお菓子の作り方をご存じですね。お菓子塾、やっぱりいつか開いてほしいわ。

七宝薬玉きれいですね。こんな不思議な形をこんな風に作るんだ、とよくわかりました。
雪輪の抜き型、おしゃれで本当に「京都」!これって関東人の京に対する憧れを掻き立てる雰囲気ですよ。お菓子も美味しそうに仕上がっていますね。
それにしてもひいらぎさまはスーパー京女ですね。電子レンジで伝統和菓子ですか!

いつもながら、すごーーーーい。
しぇるさん、仕事して京都行って、趣味のお菓子作りと裁縫、いったいいつ寝てはるんかと思います。

くす玉のむちむち加減が・・・他人とは思えませんっ。

yuchi様

薬玉は私も今回つくってみて初めてその構造がわかりました。(縫いにくい絹でなければもっと早く簡単にできそうです。)調子に乗ってもうちょっと作ってみます〜。
この抜き型は大阪千日前の道具屋筋でもとめたのですが、京都では有次さんが有名なようです。また新しい型をもとめていってみようと思ってます。ゲットしたらまた報告しますね。
ひいらぎさまは大阪にお住まいの元・京女さんのようですよ。(あってます?)お手本にさせていただきたいです。

ぽん様

ちゃんと寝てます〜happy01時々昼寝で補いながら。(笑)
時々身動きができなくなって窒息しそうになるときもありますが、自転車と一緒で走ってないとたおれるかも、、。
あ、私もこの縫い目のはちきれ方をみて、シャツのボタンを留めたときの自分を思い出しました〜shock

しぇる様
ひいらぎは 元京都住まいの現在大阪なのです。ただ大阪と言えど京都までは電車で15分ですのでよく京都には行きます。しかも駅前に住んでいますので 駅の上の状態です。

ひいらぎ様

ご説明ありがとうございます。happy01
ちゃんと頭にメモっておきました。
電車で15分、いいですね。私はいずれ京都に住むつもりでも、今はどうしても京都まで1時間はかかるのがつらいです。

古布の江戸鞠(私はこう読んでいます)ステキですねlovely赤い色がポイントになって、お雛様にはピッタリですね。大きさの違う物を組み合わせて、さげもんしてもいいですよ。最近、針仕事さぼってます。何か作ってみようかなぁ・・・

フェアレディ様

やっとさげもんに着手できました。作品展まで、パッチのほうにかかりきりで、古布集めるだけ集めてほりっぱなしでしたが、、、。
江戸鞠というのですか。なるほど。
フェアレディ様のようなたくさんの種類のこったさげもんは作れませんが、これは初心者OKなので、当分、これでいきます。大きさ変えることも考えましたが、小さいのはどうもうまく縫える自身がありません。wobbly

コメントを投稿