フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 師走小ネタ集 | メイン | 中国茶2種 »

2008年12月21日 (日)

La Fiesta de Navidad 〜 中之島Cabo del Ponienteにて

今年もスペイン語教室のLa Fiesta de Navidad(クリスマスパーティー)にいってきました。

生徒数はそんなに多くはないのですが、皆さん、友人や家族も招いてけっこう大きなパーティーになりました。

みなさんそれに中味が濃い(!)方達ばかりで楽しいんです。


場所は、今年の6月にもパーティーを開いた中之島のダイビル(大正年間の建物です)内、cabo del poniente


Imgp5963

こちらポニエンテグループのなかでも、カジュアルでもフォーマルでもどちらでもない、とってもお料理のおいしいスペインレストランです。

個人でも時々利用しています。

Imgp5973_2


よくあるスペインレストランやバルはほんとにちょっとタパスを出す程度、、のところが多い中、ここはしっかりした「スペイン料理」がでます。


Imgp5979

なにしろスペイン人の講師たちがべたぼめですから、日本人好みの味ではなく、スペイン料理として勝負してます。


Imgp5968_2

でも、タパスもおいしいんですよ〜。

見た目、盛りつけもセンスあります。


Imgp5980

はい、定番のパエリア!(本格的なので、多分ウサギのお肉、、、weep


Imgp5984

スペイン国旗のオブジェ?もおしゃれです。

こちらの教室もまた多職業、多年齢集団なので、いろんな世界の話がうかがえておもしろいのです。

特にスペイン語をやろう、という人たちは、目的意識がはっきりしている上に、とてもユニーク。

今回とくにすごいな、と思ったのは、スペイン語の翻訳本を来年出版予定のリタイア後の大学の先生。

大学での専門はドイツ語だったのに、独学でスペイン語を学ばれて、(しかもかなりのハイレベル)さらなる向上をもとめて中級以上もあるこの教室へ、京都から通われているのです。

人間いくつになっても勉強はできるし、新たな目標をもてるんだ、とはげまされたようです。

Imgp5970

スペイン語はさっぱり、、、の旦那もいっしょに。何言ってるかわからなくても楽しいらしい。

先日のお姫様ショールももちろんしていきましたわよ〜happy01


Imgp5986

スペイン語のクリスマスソングを歌ったり、

Imgp5995_2


ギターを奏でたり、

Imgp5996


本格的にフラメンコを習っている生徒さんのフラメンコを楽しんだり、

わいわいがやがや、、、おいしくて楽し〜いパーティーでしたheart04

Imgp5976_2

最後に、講師のおひとりの子供さん。

奥様は日本人ですが、家では徹底してスペイン語しか使わせないそうです。

スペインのおじいちゃん、おばあちゃん、いとこたちは当然スペイン語しかしゃべらないので、だからしっかり教えてる、とおかあさんが言っておられました。

お兄ちゃん(8才)とちょっとお話ししたのですが、マラガ訛り(パパはマラガ出身)で、聞き取りにくく、8歳児相手に四苦八苦。

最後に「私のスペイン語は?」と聞くと「もうひとつだね。」といわれちゃいました〜8歳児に、、、crying

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/17517816

La Fiesta de Navidad 〜 中之島Cabo del Ponienteにてを参照しているブログ:

コメント

お姫様ショール、すごくすてき!

偶然というか、我が家も今夜はパエリアでした。
しかも、自家製サフランで!
たっぷり作っておなかいっぱい食べて、幸せな夜です。

こんにちは~happy01
パエリアってうさぎ?知りませんでした。我が家ではホットプレートで魚介類でします。

ショールお似合いです。お姫様に見えますよheart04
↓京都のお宅、ステキですね。「もうすぐ住めるわ京都」ですね。

ビックリビックリ!!10日程前に、家具のショップのgrafに行く時にダイビルの前をクルマで通って、まあ何て素敵なビルだと驚いたばかりなんです。このレストランが入っているんですね。次に大阪に行ったら必ず食べに行ってみま~す。

紫様

自家栽培の例のサフランですね。手塩にかけたと思うと香り高さも格別でしょうね。
paellera(パエリア用の浅い鍋)を買おうかどうしようか、未だ悩んでいます。

フェアレディ様

もうすぐ・住めるわ・京都、、、
いいですねぇ〜。そのうち
やっと・住んでる・京都、、、なんちって。coldsweats01
マドリッドでは、市場で皮をはがれたウサギが店頭にならんでいました、、、カワイソweep、、、といいつつ食べる、、、

そらいろつばめ様

おや、そうでしたか〜。
ダイビルは大正時代に建てられた北浜レトロビル群のひとつで、中も趣があっていい雰囲気なんです。残念ながら数年後に取り壊しがきまっているので、お早めにおいで下さい。
ポニエンテのお料理のおいしさは保証いたします!

二枚目そうな旦那様ですね。以前(9月頃)、拙ブログで、神田の「やぶそば」に行ったことを書いた際、しぇるさんから(もうお忘れだと思いますが)「住むのは京都がいいが、人間は江戸前がいい」という趣旨不明のコメントをいただいたことがあります。ここに掲載されているお写真をみて、あれは、しぇるさんの旦那様が江戸前、ということだったのか、とふと思いました。当たっていますか?

S&Y様

いえいえ、ちょっとちがいます。
それに旦那は二枚目ではなく、そのうえ年相応にくたびれてきていますので(お互い様か、、)。
趣旨不明でしたか。説明が足りませんでした。江戸気質というか、池波正太郎の時代小説に出てくるようなきっぱりあっさりと飾らない性格の人が好き、というつもりでした。実よりも見栄をとるところもすきだったりします。
京都人はその〜、、、はんなりというか、本心を絹でくるんできついことをいうとか、そういったイメージがあるので。もちろん、人によりますよ。
京都人気質については入江敦彦さんの「イケズの構造」を参照してください。確実にコワくなりますcoldsweats01

コメントを投稿