フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 和の手作りの店・とみしま | メイン | 観光地でない京都〜町家ショップらりぃ・洛北編 »

2008年10月 2日 (木)

着物のお仕立て〜中崎町・雛(ちゃな)・和裁士さんのお店

夏に店じまいした呉服屋さんの在庫の超格安の反物、ついに仕立てにだしました。

どこで仕立てようかと考えて、デパート、呉服店では結構高いし、、、(前記事のとみしまさんを知る前でした)

そこで思い出したのが、以前うかがった、大好き昭和レトロタウン・中崎町にある雛(ちゃな)さん。

べっぴんの若い和裁士さんのいるアンティーク着物のお店です。


以前は、天五中崎商店街にありました。


Dvoxcnfy_3

この9月に同じ中崎町内、少し離れた場所にお引っ越しされたようです。


Imgp4952_3

入り口は日本髪も結ってくれる美容院で雛さんの美容部門(*ご主人が美容師さん)です。

表はけっこうモダンな感じですが、ここ、実は町家のいわゆる看板建築というやつで、美容院の横の通り庭(だったところ)を通って、え?まだ奥があるの?というくらい奥にはいると、


Imgp4953_2

ここが雛の着物部門。

Imgp4955_3

ここはアンティーク着物だけではありません。

アンティークのかんざしなどの髪飾り、帯留め、縮緬細工など、着物にまつわる小物がいろいろと無造作にあちこちおいてあります。

Imgp4954_3

しかも、和裁教室までひらかれているのですよ〜。

お伺いしたとき、5〜6人の生徒さん(みなさん、お若い方ばかり)がそれぞれ浴衣や単衣、(もしかしたら袷なども)縫っておられました。

ここのオーナーさん、まだお若い女性ですが、着物の仕立てだけでなく、サイズ直し、染み抜きなど悉皆への仲介など、着物に関することなら 何でも相談にのってくれます。

さっそく持ち込んだ反物をお見せして、これは単衣に、これはこういう色の八掛を付けて袷に、寸法はこのくらい、とあれこれ相談させていただき、仕立て代を見て、びっくり!

デパートで作るほぼ半額!です。うれしいな〜。heart01

それにしても、彼女だけでなく、生徒さん、和装の文化を受け継いでいこうと思われる若い方がこうしておられるのは力強い限りです。(あはは、、私は浴衣も縫ったことないけど、、、coldsweats01

仕立てあがる日がとても楽しみです。happy01

雛(ちゃな) :  
   〒530-0016 大阪市北区中崎3-2-31
       tel 06-4980-4285

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/16451044

着物のお仕立て〜中崎町・雛(ちゃな)・和裁士さんのお店を参照しているブログ:

コメント

なんか、しぇるさまの
「至福の時~heart」っていう
お顔が目に浮かびまする。  moon3

あまね様

ほんまに「至福の時」でした。happy01
着物ときれいなきれに囲まれて。ああ、はやくできあがらないかしら。女って単純です。

コメント受け取り早速調べていますが、考えられることは2回のパソコンで記事を書いて
下のパソコンでその記事を訂正した時おかしくなったのかもしれません。
なにせ機械に弱くいじらないようにしているのですが想うように動いてくれません。
このコメント読めますか?
あなたからのコメント読めましたが送信者名が文字化けでした。

ヘルブラウ様

早速のご返事ありがとうございます。このコメントはしっかり読めましたが、あいかわらずブログの方は文字化けしてますcoldsweats02私のパソコン環境でだけでしょうか?読めないと寂しいんですけど〜〜〜crying

記事のコメントを・・・と。思いましたら・・・大変な事に!ヘルブラウさんのブログが読めないのは一大事です!
私のPCでは大丈夫なようですが・・・
機械のこと・・・もしかして?マックだから?そんなことないか・・・
ないですね・・・すみません・・・
良いお店が見つかりましたね♪しぇるさんのフットワークの広さを実感して、こういう空間を家にいながらにして「覗ける」♪
こんなに頼もしいお店は必見でした。
着物の仕立て代には「目をむく」ものがありますね。

おかげさまで、というか理由は判然としませんが、いつのまにか文字化け解消しました。ご心配おかけしました。やっぱりドイツは遠いからねえ、、、、って関係ないか、、、coldsweats01
ほんとにデパートや有名呉服店を頼るしかなかった時には、反物代よりも仕立代の方が高かったりしました。地元の人だけが知っている、腕が良くてリーズナブルな値段でやってくれる職人さんはいろんな職種で、きっといるはず。やはり情報収集は大切です。私もこの雛さんは地域のタウン情報誌で知りました。

やっぱりお洒落のいきつくところは
着物ですかねー。

きものたはら様

はい、いろいろ遊べる余地があるというか、着物のおしゃれは楽しいです。ただし、自分のセンスも問われますので、両刃の刃かも〜coldsweats01

コメントを投稿