フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 秋の庭から | メイン | 秋の猫たち »

2008年9月24日 (水)

長月こぼれ話

その1: La Fiesta mexicana(メキシコ祭)

Imgp4895

大阪はこの空中庭園のあるスカイビル

この真下のワンダースクエアという広場で毎年おこなわれているらしいフィエスタメヒカーナ

メキシコの独立記念日である9月16日を祝って、全世界の大きな都市で行われているらしい。日本では大阪と東京。

スペイン語教室のお仲間と参加してきました。


Imgp4909

広いスクエアでは朝から黄昏時まで、こんな感じ。メキシコ料理を食べたり、ビールを飲んだり、音楽を聴いたり、イベントに参加したり、踊ったり、、、

大阪中のメヒカーノが集まってるんじゃないかと思うくらい、というか大阪(+近郊)にこんなにメキシコ人住んでるのか?とびっくり。(中にはスペイン人や他の中南米人も同じ母国語ということでまじってたと思うけれど)

Imgp4915

ビールはもちろんコロナビール!ライムの切り身を瓶の口に刺してくれるので、これをビールの中に絞って飲むのが正しい飲み方。(ここではライムの果汁のパック付きでしたが、、、)

おつまみはメキシコ料理ブリトー+サルサ (うまいっ!)

Imgp4919

特設ステージはこんな感じで、ステージだけでなく、あっちでもこっちでも音楽に合わせてみんなノリノリで踊っているのがラテンっぽくていい。

この右端のお兄さん。体はどうみても男性ですが、かもしだす雰囲気がどうみてもセクシーな女性なのです。ダンスはめちゃくちゃかっこよかったです。

あわよくばメヒカーノと知り合って、スペイン語の実地練習を、と思ったのですが、ここにくる方々、みなさん日本語がお達者で、、、、coldsweats01


その2:すてきないただきもの

Imgp4981

キルト友からいただいたお手製カード入れ。

彼女は刺繍が苦手なので、練習用にと10枚ぐらい作ったそうです。

私がもらったのはこのカモミールの刺繍。他にも唐辛子、ラベンダー、人参などのワンポイント刺繍がカワイイし、センスいい!

ミシンの縫い目がちょっとゆがんでるのはご愛敬で、、、、coldsweats01


Imgp4988_2

韓国ソウルに行った方からのおみやげ。

ストラップですが、靴がかわいいです。

韓国の伝統靴コッシンかな?と思いましたが、ベルトがついているのでちょっとちがうようです。

NHKの韓国歴史ドラマ「ファン・ジニ」の華麗な衣装を思い出しました。(私は決して韓流ファンではありませんが、このドラマ、衣装だけでも見る価値ありました)


その3:お茶のお稽古

この日は特別稽古で大円草を。

Imgp4984

お床の花は酔芙蓉。お稽古を始めたときは真っ白でしたが、しばらくたつとほんのり紅がさしてきて、終わる頃にはくっきりピンク色になっていました。酔芙蓉とはよくも名付けたり、の一日花です。


Imgp4986

行より上のお点前ではお菓子は5種、7種になります。(果物も本来入りますが、、)

主菓子はかわいい万寿菊です。全部いっぺんにいただくと、口の中が甘甘になって早くお茶くれ〜〜状態になります。

Imgp4991_2

着ていった絽縮緬の着物。ハイ、これが先日格安で入手して、自分で仕立てた名古屋帯でゴザイマス。

結び方がへたで界切り線が丸見えのところはご容赦を。色無地の着物に合うようですわ。


その4:かんざし

夏の間暑い思いをしながら、発作的に切りたくなる衝動を抑えて、やっとくくれるくらい髪が伸びました。

でもまだまだ自分で髷を作れるほどは長くはないのですが、作れるようになった暁には、、、と早々といまださすあてのないかんざし (安物ですけど、、)コレクション中。


Imgp4957

なんと600円!

キラキラがきれいでつい、、、

Imgp4958

通販で買った、ニセ翡翠のかんざし。ちょっと大正モダンって感じが気にいって。


しかし!

もし、させるようになる前に、気が変わって、髪を切ってしまったらこれらは一体どうなるのでしょう???coldsweats01


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/16348568

長月こぼれ話を参照しているブログ:

コメント

盛りだくさんのご内容に、どれも楽しませていただきました。
帯は、やさしいぬくもりがあって、これからの季節に活躍しそうですね。
ほんとうにご趣味の幅がひろく、どれも深い知識をお持ちで、すばらしいなあと。お友達の幅もひろくてらっしゃって。
浅学非才のもちやは、ただあこがれつつ拝見しておりまする。

韓国の王朝ものはドラマストーリーとはまた別の楽しみがありますね。
・・・というか、内容は結構ヒルメロっぽくていまいちなんですが。

小物や衣装もかなり手の込んだものを使われていることが多く、
びっくりします。自国の文化に誇りをもったはるんでしょうね。 moon3

右のお兄さん、ほんとにお兄さん?どう見てもお姉さんやんか。
ひょっとしておなべ?
帯、早速しめられてて、着物によくあってますね。
さすがお見立てがいい。
私、お茶を始めた頃(4年前)はショートヘアーでした。
半年我慢して、なんとか肩まで。
今はゴムでしばって、小さなウイッグ付けて、5分で出来上がり。
着物の残り布で、髪飾りを作ったり、楽しんでいます。

もちや様

いえいえ、もちや様の人脈のお広さには遠くおよびませぬ。
その末席に混ぜていただきたくよろしくお願い、、、、
私は前にも言ったかもしれませんが、「広く浅く」がモットーですので、一つ一つは全然たいしたことありませんのよ。coldsweats01
でも、深い、浅いに関わらず、「知る」ということは人生を豊かにする、というのもモットーなので。

あまね様

日本ではやっぱり「篤姫」の衣装ですね〜。こちらもストーリーはオリジナルとかなり違うようですが、毎週、すばらしい着物と打ち掛けのコーディネートを楽しみに見ています。
ほんとにこうして比べると、韓国と日本は風俗、文化で酷似しているところもあり、どうしてこんなに違うの?と思うところもあり、興味は尽きません。
以前は韓流ブームにアレルギーを示していましたが、ブームもおちついた今では、韓国の文化や民俗を素直に鑑賞、感嘆できそうです。
10月、高麗美術館、行きますねgood

フェアレディ様

このお兄さん、ダンサーの一人で、ソロでも踊ってはりました。ど〜もゲ○(スペイン語でマリコン)のようです。中南米の映画ではよくマリコンがでてくるので(「苺とチョコレート」「夜がくる前に」など)このお兄さんもお仲間かと。それにしても、並の女では太刀打ちできないくらいセクスィ〜でしたlovely
着物の端布のヘアアクセサリー、素敵でしたね。また付けたところをお見せ下さい。髪は鎖骨くらいまで伸びたら髷ができる、と美容師さんが言ってました。まだゴールは遠い、、、、

こうして締めてるところをみるといいですねぇ、やっぱりこの帯、素敵です。

髪は、ほんとに悩ましい問題ですよね。
私も一目ぼれして買ったかんざし、どこに挿すねん、と自分につっこみいれてます。

紫様

さす髪がなくても、きれいな簪やアクセサリーを眺めたり、持っている、ということで幸せなんですよねぇ、女性は。男にはわからんだろうなあ〜。
いまや私のなかで篤姫ブーム(かんざしきれい!)+ファンジニブーム(韓国の長いかんざし、ピニョ)なので、、、
紫様もかんざし、一目惚れで買われましたか。良い物は飾っておくだけでもすてきですよね。heart01

ダンスをこれから習うならサルサしきゃないと想っています。
タンゴやフラメンコは主張が激しくってダメ、サルサの秘められた情熱のような動きがうっとりなんです。大阪にいたら参加したかったわー

帯できましたね、なかなかいいですよ!
髪ももうちっとの辛抱でしょう?!

ヘルブラウ様

私は踊りはさっぱりです。think高校時代の”モンキーダンス(きゃ!恥ずかし!)以来ですわな〜。
日本人には八木節のリズム=4ビートしかあわないと思っていましたが、サルサも日本人が本来もっているリズムとあうんですね。ついつい体がリズムをとっていました。

コメントを投稿