フォトアルバム
Powered by Six Apart

« チェコ紀行〜プラハ・1 | メイン | チェコ紀行〜カレル・チャペックの家 »

2008年8月20日 (水)

チェコ紀行〜カルロヴィ・ヴァリの温泉

カルロヴィ・ヴァリはドイツ名カールスバード、西ボヘミア地方の町で、ヨーロッパ中の人たちが治療、療養目的で訪れる有名な高級温泉保養地です。


プラハから高速バスで約2時間半。

着いたカルロヴィ・ヴァリは渓谷沿いに美しい建物がならぶ谷間の町でした。


Imgp4526

イメージ的には(マイナーだけど)有馬温泉かな〜。


ヨーロッパ各国の王侯貴族や、バッハ、ベートーベン、ゲーテ、スメタナ、カフカなどの有名人も、ここを何度もおとずれたそうです。特にゲーテはお気に入りだったとか。

ヨーロッパの温泉地は、日本みたいにお湯につかるのではなく、(そういう施設もあるらしいですが)温泉水を飲むのが一般的。

ここでは12カ所ある温泉水を24時間どこでも飲むことができるのです。(もちろん無料!)

Imgp4525

そのためには、専用のカップがほしい。というわけで、飲泉用のカップがどこでも売られています。

ここでは温泉水は糖尿病などにも効くそうで、湯治客は医者に○○泉源のお湯を1日に何回、という処方箋をもらって来る人もいるそうです。


Imgp4529

各泉源はコロナーダとよばれる美しい建物で囲まれていて、それぞれ特徴があって、きれい。


Imgp4531
レースの様な装飾が美しい、トルジニー・コロナーダ。一番のお気に入りです。


Imgp4528

泉源はこんな感じ。

温度は調整されて30℃くらいのものから72℃くらいのものまで、さまざま。


Imgp4547

早速、チェコっぽい、カップを購入。

ここで売られているカップはみんなそうなのですが、このように上からお湯を入れて、持ち手になっているところから口を付けて飲むのです。おもしろ〜い。

飲んでみる。

、、、、、、、超まずいsad、、、とは言わないが、塩味のついた鉄くさい、また硫黄臭いお湯、、という感じ。

しかも各コロナーダで微妙に味がちがうのです。炭酸が溶け込んでるな、と思われるような泉源もありました。

でも、あちこちはしごして飲み歩くと、そのうち自分にあうのがあって、わりかしおいしい、と感じるまでになりました。

さて、糖尿持ちではないのだけれど、何に効くかな〜。

Imgp4540

この渓谷の一番上流になるところにある歴史あるホテルプップ。

ここはゲーテが定宿にしたホテルでもあり、(見てないからわからないけれど)映画「oo7カジノロワイヤル」にでてきたそうですよ。

プラハでネットから予約がとれるかな、とチェックしたのですが、ハイシーズンのため満室。

あきらめて日帰りにしましたが、ロビーの重厚なソファでちょっと休憩して、雰囲気だけ味わってみました。

Imgp4548

しめくくりは、どこでも売っているオプラトキとよばれるスパワッフル!

うすいウエハースのあいだにクリームをはさんで、ちょうどゴーフルみたいです。

注文すると、大きなアイロンみたいな機械であたためてくれるのです。

温泉水の後でいたくと、これがおいしくてhappy01  2枚、いきました。

そのうえ、これもお土産にパックされた物を大量に買い込み。

湯治客相手におこなわれる歌やバンドのパフォーマンスを楽しみつつ、夕刻、カルロヴィヴァリを後に、またプラハへ帰りました。

この効用のせいでしょうか?旅行中体調はベスト、食欲は絶好調、で、、、しっかり肥えて帰りました。

これって逆効果なんとちがう?

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/15607066

チェコ紀行〜カルロヴィ・ヴァリの温泉を参照しているブログ:

コメント

うわ~、ここ一週間くらい滞在したい…。
海外の温泉は一度行ってみたいです。温泉メインのプランで!

欧州の温泉は飲む系なんですか。浸かるよりも、そっちのほうが効きそうですね。

あんのちゃん

一週間ゆっくり滞在、、、、夢みたいな話だわheart01
ぼけ〜っとして、すごせたらねえ。、、、、
でも私は性格がいらちだから、きっと1日で飽きてしまうわ、、、、。
ハンガリーなんかでは浸かる系の温泉が有名なので、飲む系と二通りあるようです。でも、やっぱり飲む方がダイレクトに効きそうです!

こういう湯治場になが~~い間、逗留する・・・東西、問わずですね!
それにゴーフルみたいなの!とくれば!ほんま!有馬温泉~~!笑
カジノロワイヤル見たんですけど~~!舞台がどこも素晴らしくて!こちらもだったのですか?といっても区別がつかない~~~!笑

飲める温泉!効きそうですよね!
お水は生まれ育った近くのお水に限ると聞いた事があるのですが!
温泉は別ですね!

しぇるさんのようにご自分の足で歩かれる!歩く!出かける!
旅はやっぱりそうありたいものです!

nnya様

ジェームズ・ボンドがカジノで勝負をする場面で、モンテネグロのカジノ、ということになっていたのが、実はこのグランドホテルプップだったそうですよ。そんな場面、覚えてられます?
なにをするでもなく、ぶらぶら飲泉カップをもってそぞろ歩き、疲れたらホテルでやすんで、、、、というのが正しい湯治のあり方なんでしょうねえ。当分そんなのできそうもないわ、、、、、

うらやましかー。
有馬温泉で炭酸煎餅というのさえままならん私には目の毒です~。

ぽん様

有馬温泉は我が家から車で30分ほどでいけるんですよ〜。温泉は無理ですが、こんどお目にかかれますときには、炭酸煎餅お持ちしましょうか?bleah

コメントを投稿