フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 真之行台子の初稽古 | メイン | フレッシュ・ローズマリーティー »

2008年8月30日 (土)

久松先生の掛物

Imgp4759

まだまだ暑いですが、秋の気配がそこここに。

我が家の庭にも秋明菊が咲き始めました。お庭をお見せしたいところですが、手入れが行き届きませんで、草ぼーぼーなので

切り花でお目にかけます。

今回もちょっと堅いお話です。

さて、茶室を作って、お披露目の茶会をひらこうと思うとき、まずどんな道具を手に入れたいですか?

私は、お茶碗や茶入れなど手に入れたい物は多々あるのですが、まず茶会の顔となるべき掛物がほしいなあと思っていました。

利休の茶道理念を記した「南方録」にも「掛物ほど第一の道具はなし、客・亭主共に茶の湯三昧の一心得道の物也、墨跡を第一とす」と、ありますし。

ではだれの墨跡?というと私をお茶の世界に心茶会を通じて(精神的に)導いてくださった久松真一先生(元京大文学部哲学科教授で西田幾多郎の直弟子でもありました)の書ほどふさわしいものはないのではないかと思っていました。


以前のブログにも書きましたが、ジェネレーション的に実際に指導をうけたわけではありませんが、最晩年の先生におめにかかりに岐阜の隠居所へおじゃましたことがあります。

その記事の中で、先生の手になる短冊、画仙紙の書は何枚か手元にあり、待合い掛けにぴったり、ということを書いたのですが、本席の床に掛けられるものが欲しいなあ、とかねてより思っていました。

けれど先生はお亡くなりになって久しいし、一般的にはメジャーな方ではないので、手に入れるすべもなし、とあきらめていたのです。

ところがネットで色々検索してみて、岐阜の先生の元隠居所の書院および茶室・抱石庵(抱石は先生の号)が久松真一記念館として公開されており、その開館の節、ご縁のあった岐阜のN画廊さんで久松先生の書を扱っているということを知りました。

早速メールをして問い合わせてみると、折良く、もう少ししたら6点ほどでるので、お知らせします、とのこと。

これもご縁でしょうか。

速攻で2本入手いたしました!


Imgp4765

6点あったなかで、即決したのがこれです。

(正直言うと、、、自力では読めません、、、coldsweats01

    
     「随所作主(随所に主となる)」

禅宗の有名な「臨済録」の言葉で、このあとに「立つ処みな真なり」と続きます。

目の前の事象に心惑わされる事なく、常に自分という主体を見失わず真人でおれ、というような意味ですが、私はこの言葉を前にすると、思わず背筋をピンと伸ばしてしまいます。

たとえ恵まれない環境、境遇にあっても、それを愚痴るのではなく、己のなすべきことを淡々と為すべし、というふうに解釈し、日々つい不平を口にしがちな自分への戒め、になると思うので。

これはよく、お茶席で見る軸「主人公」の語にも通じる言葉で、先生の本の中によく出てくるのです。

この書に出会えたことは幸運でした。これほど私が理想とする茶室開きの掛物はないと思います。

Imgp4766

先生の字は豪快な時もあれば読みやすい時もあり、全く読めないときもあり、いろんな書体があるのですが、これは珍しく繊細なタッチです。

思い切り筆をあてたところから墨がにじんで、先生の息づかいすら感じられるようです。


Imgp4768

先生の号「抱石」

寒山の詩、「白雲抱幽石(白雲幽石を抱く)」から多分きていると思います。


さて、今ひとつ。

Imgp4771

    「松老雲閑(松老いて雲閑か)」


この後、「曠然(こうねん)として自適す」と続きます。


同じく「臨済録」の言葉で、本来は、臨済義玄が師の黄檗のもとで過ごした日々を回想する言葉ですが、その後、禅僧の理想

の境地を表す言葉になったそうです。

この言葉はよく理解できる、、、という訳ではないのですが、じっと字を見ていると老境かくありたし、という図柄が浮かんでくるんです。

この「閑」の字が好きで、もし茶室(え〜と、今は計画中に付き、茶室のちの字もできてませんが)に扁額を掲げるとしたら、この字を使いたいな〜と。

学生の頃、心茶会の接心会で使わせていただいていた南禅寺の慈氏院(だるま堂:非公開)に、看雲亭という三畳台目の小間の茶室があり、私にとっては理想的な、憧れの茶室でもありました。

めざすところ、この看雲亭のような、お茶室を作りたい。


そして、茶室の名を「看雲」を「雲閑」にかえて、、、なんてどうかな〜などと、ちょっと妄想の世界にはしっております。

さて、掛物は手に入れた、と。

あと実際に茶事、茶会を物理的のみならず、精神的に開くのに値するようになるまで、どのくらいかかるのでしょうかね〜。
(遠い目、、、)

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/15785016

久松先生の掛物を参照しているブログ:

コメント

しぇるさんのお茶室にこの掛け物が掛けられる日・・・そう遠くはないですね。先日のお稽古、そして、今日の掛け物の意味、きちんと座りなおし・・・真剣に拝読、拝謁させていただけました。
茶の湯の世界とは・・・奥深いものなのですね・・・書き記されない伝授のあたり・・・そして、しぇるさんにおかれても・・・「はっきりと聞く事が難しい」そのあたりに・・・ん~~~・・・そういうものなのだと知りました。

久松先生の書・・・掛物・・・確実にお茶室の姿がしぇるさんのお心に!瞑想大いになさってくださいね。

すみません・・・妄想と瞑想・・まちがえました。

いずれも存在感のある書ですね。
早く早くと心はつのりますが、
その日までゆっくりといろんなことを
あたためはぐくむ…という時間が価値あるものなのでしょうね。
そのときにはぜひ、よんでくださいね!!←あつかまし?  moon3

nnya様

そう、茶室で瞑想したいけれど、いまのところ大いなる妄想に終わっています。
(^◇^;)
こういう世界は、師匠が白といったら黒いカラスも白といわなければならない、と人は言います。日本の芸能でいわゆる宗家があるものの多くはそういうものなのでしょう。上下関係にけじめをつけないと守っていけない物もあるのでしょうが、それがもとで廃れることのないことを願います。

あまね様

茶室が完成した暁にはおまねきしたいと思っていますよ〜。(^_^)b
是非おこしください。亭主にふさわしいおもてなしができるかどうかは全然自信ありませんけど。
楽しいことが待っていて、その待っている時間、人生で一番楽しいひとときですよね。ゆっくり楽しませてもらいます。

どちらもすばらしいお軸ですね。よいお道具が、その本当の価値がわかる、納まるべきお人のところにやって来たというのは・・・やっぱりご縁ですね。私も侘びた小さなお茶室が欲しいけど、夢のまた夢かな。

私も全く読めませんけど、随所作主の字はエエですねー。こなれた筆づかいで。けど、お高そう・・・・なんて値段のことを考えたらあきませんね。
そうか、顔やと思うと、掛け軸は大事ですね。でも掛け軸まではとても財布が回らん私(泣)

先日の反物と言い、ええ買い物やわー。

yuchi様

こういう物はほんとうに、人によっては価値のないただの紙切れだし、人によってはお金に換えられない価値があったりしますね。
どんな物でも、思い入れのある人の手元にある方が、、、、やっぱり幸せなんじゃないかと、思います。で、この軸が幸せ、、と思ってくれるような持ち主になりたいです。

ぽん様

お値段のことをいうと、、、先日の反物とあわせて、今月は緊縮財政!、、でございます。旦那には内緒ですわ、おほほ(^0^;)
でも、私が持ってるちゃんとしたお茶道具はこれがほとんど唯一なんですよ。
ぽん様の平茶碗コレクションに遠くおよびません。confident

目指す生活に向けて着々と進んでいく。
素晴らしいですね。

こう生きたい、と思えばそれは必ず叶うのだ、と最近思います。
精神を豊かに生きることは人にとって最後には一番大事になってくることなんだろうと思っています。

紫様

なんでも夢を見ながら計画している時が一番楽しいです。

精神的に豊かに生きるための、一つの要素は<知識>だと思います。
同じものを見てもそれに対する知識があるのとないのでは、感動の仕方も違います。まだまだ知らない事の方が多い世の中、もっともっといろんな事を知りたい、勉強したい、好奇心をもっていたい、、、、そう思える間は人生楽しい!と思っております。
もちろん豊かさはそれだけではありませんがねwink

コメントを投稿