フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 倉澤先生の茶道文化賞受賞記念講演 | メイン | 花月のお稽古〜文月 »

2008年7月18日 (金)

大阪・空堀(からほり)通り商店街

なかなか新しいブログに慣れない私、、、、脳の微小梗塞が始まってるのかも、、、、

先日は大阪は谷町6丁目へ。この近くにときたま利用する施設があるので、何回か来て気になってたのがこの空堀通商店街

Imgp4041


谷町筋から上町筋を横断する約270mの商店街なんですが、、、

名前はなんと太閤さんの時からのもので、大阪城の廻りの空堀からきている由緒正しい地名です。

Imgp4045


こんな家やら、(お店だったんでしょうが、ほとんどシャッターがおりてますね。)

Imgp4046


こんな家が、、、、。

あ、どこかで見た景色。そう京都の町家と同じなんです。

このあたりも大阪中崎町のあたりと同じく、空襲を免れ戦前からの町並みがわずかだけれど残っているのです。


Imgp4043


この大きなお家は2階の漆喰がかなり剥がれていて、住む人はいるのかいないのかわかりません。

2階の壁の一部をアップすると

Imgp4043_2

『醫學 川村 六郎』と読めます。昔は医院だったのかもしれませんね。

Imgp4047


アーケードの中をはいると

(ありゃりゃ、えらいぼけてます。すんません)

これもまた両脇に古い町家店舗がぽつぽつ残っています。

(京都の三条会商店街を思い出すなあ〜  → 三条会商店街

あんまりパシャパシャ写真をとるのもあやしいので、画像をあまりお見せできないのが残念ですが、なんだか子供の頃にみたようなふる〜い薬屋の看板とか、薄暗い町家の奥でおじいさんがひとり店番しているお店などもあって、ちょっとしたタイムスリップができます。


Imgp4048


こんな雰囲気、懐かしいです。

ここ空堀でも店舗は次々と後継者のないまま、閉じられて、町家も年々減っていく、というご時世です。

ただ、なんとか空き店舗を若い人たちに提供して、店として使ってもらって活気をとりもどそう、というムーブメントは京都と同じく、ここでもあって、からほり倶楽部(空堀商店街界隈長屋再生プロジェクト)など、がんばっているようです。

この界隈、やはり高齢者の店舗が多いですが、間に若者のユニークなお店もまじっていて、新しい集客源になっているようで、見て歩くと結構楽しいですよ。


Imgp4049


さて、歩き疲れたので、シメは喫茶店でケーキ。

生クリーム、カスタードクリーム、シロップをたっぷり吸ったブリオッシュの3連発の超甘っ!で、胸悪〜〜。

選択を誤ったようです。(>_<)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/14045127

大阪・空堀(からほり)通り商店街を参照しているブログ:

コメント

喫茶店のケーキ!お味が想像できそうです!???

空堀商店街ですが・・・こんなに寂れた様子・・・シャッターが下りた店先もすくなくないようですね・・・
戦火を逃れたとはいえ・・・人々の暮らしが見えるような・・・見えないような・・・復興しようという意気込みを応援したいです!
実は・・・心斎橋の農林会館にあったサリー・マクレナンという雑貨屋さんが(ユニークな店主さんで)・・・空堀にお引越しするんです♪と・・・ニコニコ話されていたので・・・頭で中崎町のようなところかなぁと勝手に想像してました。
高齢の方に混じり・・・しぇるさんが見つけられた若いお店として頑張っておられると思います・・・
出かけて見たいのですが・・・夫に「何しに行くねん?」と言われてしまいました・・・
どこかで・・・集客アップのイメージを流さないといけませんよね~~~!
賑やかな商店街のイメージ!
いえ・・・良いものがある!イメージ!

すみません・・・↑のコメント私です。nnyaです!

nnya 様

サリー・マクレナンというお店をネットで調べたら、ほんと、おもしろそうなお店ですこと!商店街のアーケードから一筋入った所のようですね。アーケードからは出なかったので、お店は目に入らなかったです。残念。
ご主人がおっしゃるとおり、確かにわざわざでかけていく、、、という場所では無いかもしれません。少なくとも今は。
でもそのうち、からほり倶楽部のもくろみが成功した暁には、ディープな大阪名所になるやもしれません。中崎町みたいに。
今のうちにツバ付けておこうかな?

コメントを投稿