フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 皐月の小ネタ集 | メイン | 岡崎・好日居〜ひさのちゃんのQP »

2008年5月 5日 (月)

麗しきHavana〜戻ってきたSDカード

すご〜く昔の話(って、去年の8月だけれど)になるが、昨年キューバとメキシコに娘と二人で旅をした。
その時、メキシコのホテルでキューバで撮った写真が入ったSDカードを紛失して、くやし〜〜〜〜い思いをしたのですが、、、
  → http://blog.kansai.com/cheruprifre/138

なんと!なんとなんと!
今年1月にメキシコのホテルから紛失したSDカードがみつかったとのメール!(帰国後無くしたことに気づいて、あれば連絡を、、と頼んでおいた。)

ただ、そこからが大変だった。
何が? → 送料の送金が!
クレジットカードはセキュリティの問題から使いたくなかったので、国際郵便為替で送ろうとしたのだが、、(US70$)

1回目・海外送金には免許書などの身分証明が必要
             →たまたま持ってなくてダメ。
2回目・ホテルの住所宛で送金しようとした。
        →メキシコは銀行口座宛でないと送金できない
 メールでホテルの銀行口座番号を問い合わせ。
3回目・口座の○○コード(すみません、何コードだったか忘れた。)と支店名がないのでダメ。

 メールで再度問い合わせ。
郵便局だとらちがあかない、と銀行にも行ったが、手数料が倍以上なのであきらめる。
4回目の正直、やっと送金。

これだけの手間に一ヶ月かかった。

送金しました、のメールを最後にず〜っとホテルからはなしのつぶて。
こりゃやっぱりメキシコだし、だまされたかも、、、。とあきらめかけていたつい1週間前!


Ulcu5xiu

届きました!
(船便だったのだろうか?不明だが、、、)



A28hu85j

これが半年以上かかって手元に帰ってきたキューバ・ハバナの思い出です。


旅行記はキューバ・メキシコ旅行カテゴリーにほぼ書きたいことは書いたので、麗しのハバナの写真だけ、興味がおありの方、お楽しみください。

あ、メキシコのホテルにはちゃんとお礼のメールだしましたよ。
連絡事項は英語のやりとりでしたが、お礼のメールはちゃんとスペイン語で書きました!




Pcolvg8r
ホテル前の海岸
カリブ海です。



9f28pez2
ホテル Ambas Mundos(=both world)
作家ヘミングウェイが長期滞在していた。



Gzgngis7 街角



6m65ycqi



Pegn9bjn 現役のクラシックカー
キューバではアメリカの経済封鎖で新しい車が輸入できないので、50年代のクラシックカーが大切に使われている。



Jwo2pof9
同じくクラシックカー



Lpixptul
ヘミングウェイいきつけでいつもダイキリを飲んでいたバー、フロリディータ
ヘミングウェイの銅像が店内にある。



Uu25vsef クラシックカーもここまでそろうと壮観。



2w_gnzet
カピトリオ・旧国会議事堂
どこかで見たような、、、そう、アメリカのホワイトハウスに似せて建てられた。



Cwbhbdcq
カピトリオ前の広場のクラシックカータクシー



Hvvw389c
ガルシア・ロルカ劇場近くのホテルのカフェで



Hggufl1j
ロルカ劇場内の中にあった壊れたピアノ
キューバの経済状態をあらわしているような、、



Vhpnjasp




Noorv3jy
突然のスコール
ロルカ劇場前の回廊であまやどり



Ttfe6y9b
キューバといえば葉巻
パルタガス葉巻き工場(夏休み中)
おみやげに葉巻を3本買う。



6injkvro
亡命していたカストロ将軍がチェ・ゲバラらとともにキューバに乗り込んだ際、乗ってきた船「グランマ号」(革命のシンボル)がガラス張りの中に保存、展示されていて、その周辺にあった戦車



Dpzs68sh 上階は窓のない部屋もありますが、決して廃墟ではなく現役の建物です。
ハバナは車だけでなく、建物も許可無く建て替えできないので古い。



Tzfxzujm



Tp2qbzah
革命博物館
キューバ革命を知るのに貴重な資料がたくさん。



R0bz3932
街角のそこここに革命のスローガンが書かれている。
”革命のモラルは星と同じくらい崇高である。”フィデル(カストロ)
(このくらいのスペイン語は辞書なしで読める←たいした自慢にはならんが、、、)



Tpuvitaa



_ctrch2c
スコールのあとの広場で、上半身裸でサッカーに興じる少年達



S8_zujhm
海の要塞からみるハバナの暮色



Bjzvsbhl
革命広場
ゲバラの有名なモチーフ



Wfltlxiy
海岸沿いに建つ、有名なHotel Internacionale de Cubaのバーにて、並べられたモヒート(キューバの有名なラムベースのカクテル・ミントの葉をつぶして作る。)用グラス



Fjaf2heg
もちろんここで一杯、モヒートをいただく。




Xxzrvnjn



_hdcn_kb
ラテンアメリカでは15歳が成人、
着飾った娘達(quinceanera とよばれる)は15歳のお祝いのためドレスを着る。



Tqludwdk
ボデギータ・デル・メディオ、モヒートが有名なバーだが人が一杯で入れなかった。



Hb79nacl
レストランでおすすめの一品、
鳥とエビの料理、量多すぎ!



Kcozzpos
あ、街角のこんなところにもゲバラが、、、



94uqq1uq
モヒートのベースにもなるラム酒の老舗、ハバナ・クラブの工場にて



1g1trbmh
ハバナの夜を彩るキャバレー・トロピカーナで。
(みんなドレスアップしてきてたが、われわれは、、、、すごいラフな格好でういてた)



Hc_dppya
キャバレーのショウ



Xd6pk3gw
カリブ海に面するマレコン通り




_svxtxn7
同じくマレコン通り
はるかかなたにマイアミが見えるらしい。
有名な映画「Buena Vista Social Club」のオープニングで、ここを車で走るシーンがあった。



Cwgby1cx
裏通り
庶民の生活のにおい



Xt_oytmi


こうしてみてると、かなり前のことなのに、また鮮やかに麗しのハバナの思い出がよみがえる。
行くのは大変だったけれど(1.5日かかる)、また行きたいな〜。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/13870531

麗しきHavana〜戻ってきたSDカードを参照しているブログ:

コメント

ご旅行でしたね、いろんな意味でwinkそれにしても、なぜにロルカ?たしかロルカってスペインの。。。  moon3

はい、ほんまにいろいろなアクシデントがあって、盛りだくさん、出かける前からもいろいろあって、中味の濃い旅行でした。(でも懲りてない、、、)さすが、あまね様、ロルカをよくご存じで。キューバは20世紀にアメリカの軍事政権下におかれるまではスペイン領だったので、スペイン風ゴシック建築がたくさん建てられ、今に残っています。ロルカ劇場もそのひとつ。たぶん当時の母国の偉大な詩人・劇作家を記念してその名前を冠した、、、というところでしょうか。くわしいことはわかりませんが。

良く見つかりましたね!カード!しぇるさんの旅のあり方もこれらの写真から良く見えてきました!流石に!言葉もですが・・・国を良く知った上でのご旅行だったんだなぁと。クラシックカーですが・・・もっともっとひどい状態を勝手に想像してしまっていました・・・お恥ずかしい・・・この旅・・・ツアー旅行でしたか?

ほんとにまた私の手に戻ってくるなんて、奇跡的!です。(^o^)クラシックカー、よく手入れされているので、わりときれいですが、よ〜くみると、やっぱりボロいんです。でも、もとががっしり作られた車だからぼろくなってももっているのかもしれません。旅行に行く前はやっぱり勉強します。行き先はTVや本、雑誌でちょこっといいな、と思うと即決。そこから勉強始めるので、目的地を決めてから知ることも多いです。知識を仕入れて行くと、楽しさも倍増ですものね。旅行はよっぽど危険な場所でなければほとんど個人旅行です。今回みたいにアクシデントがあると、自分で対処しなければなりませんが、度胸がついて、なんとかなるもんだな、と思っています。おばさんに怖い物なし!(^_^)b

コメントを投稿