フォトアルバム
Powered by Six Apart

« やっとお花見・夙川 | メイン | 雨のならまち・奈良 »

2008年4月 9日 (水)

baila!フラメンコ!

スペイン語教室でご一緒させていただいているYさん。
フラメンコ歴10年以上で、それがためにスペイン語を習っておられます。
フラメンコの聖地、セビージャへも足を運ばれたそうで。

先日、彼女がレッスンをうけているフラメンコ教室の発表会があり、スペイン語教室の仲良しメンバーでおしかけました。

レッスン場なので、狭いのですが、観客はびっしり。ステージと客席は同じ高さ。
まさしくスペインのタブラオ(フラメンコを見るための店)の雰囲気です。

Ahnvcdok

音楽も生演奏です。


左から
 palmera・・パルマとよばれる独特の手拍子をいれる人(この方が先生)
 cantaor・・歌い手さん
 guitarrista・・ギタリスト
 cajon・・箱(caja)をたたく独特のパーカッション


Yjgmnimy

杖をもったオープニングの踊り。
フラメンコの衣装もすてきです。


髪の毛にペイネタというスペイン独特の飾り櫛をつけたバイラオーラ(踊り手)さんもいました。(写真はありませんが、、)
ゴヤの絵なんかに出てくる女性がしている大きな透かし彫りの櫛で、スペイン土産に高いけれど1つは欲しい、と思う代物。

Tu8mujj2



フラメンコでは手や指先のこまかい動きも大切みたいで、ゆびさきの複雑な動きだけでも見物です。
手の動きはタイの民族舞踊に、似てる、と思いました。


67g7p5fv
扇の踊り
これは少し明るい曲調でした。
スペイン扇、これもお土産に買いたい優雅な扇です。


G5aw4wgu

悲しみがテーマの曲では、バイラオーラは眉間にしわをよせて苦悶の表情になります。


初めてスペインのタブラオでフラメンコを見たとき、フラメンコが悲しみ、苦しみの踊りだと、はじめて知りました。
それまでは陽気で明るいスペインの民族舞踊とフラメンコの違いがわかっていなかったので。

生ギターのせつない旋律にもしびれます。

そして激しいzapateado(足を踏みならすこと)。
特に上半身をほとんど動かさず、足だけはげしく踏みならすのは、すごい運動負荷です。見ている方も苦しくなるような、、、。


Jskdqdhv

Yさんです。
彼女はスタイル抜群で、衣装がとてもよく似合ってかっこいい。
そして、色っぽ〜い!



Dlg2wotn

普段教室でお会いするときと全然雰囲気がちがうのでびっくり。
Yさん、すごい人だったんだ!と見る目がかわりそうです。

彼女はこのリハーサルのたびに先生にダメだしされるので、スペイン語はしばらくお休みして練習にはげんでこられました。
歌い手の気分によって、歌もかわったりするので、アドリブの踊りも出来ないといけないのだとか。
でも、練習の成果を見せていただき、先生も満足そうでしたね。

私はスペイン語の歌詞がほんのちょとだけれど、聞き取れたので嬉しい。


Uqio5s_n

最後にスペイン語教室の仲間とYさんを囲んで記念撮影。


自分で踊りたいとは思わないし、踊れるわけもないけれど、(それにあの衣装は私の体型ではちょっと、、、^_^;)あのフラメンコのリズムはなんとなく体になじむものになりつつあります。
スペイン語の勉強はますます楽しいです、ハイ!



トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/13870401

baila!フラメンコ!を参照しているブログ:

コメント

信がだいすきな国で、また行きたい!としょっちゅう申しております。うちはイタリア・ポルトガルがheartでも、スペイン料理は大好きなので、スペイン語にも興味津々!!ラテン系なので、読むのは読めたりしますが(一応、大学でラテン語やったので。。。)しぇるさま!ご転居の暁には、ぜひ、うちのスペイン語の師匠に!!  moon3

いやいや〜σ(^◇^;)とても人様にお教えできる実力はありましぇ〜〜〜ん。でも、会話力はともかく、外国の言語についてくるその国の文化とか習慣とか知ることができるのは楽しいです。信様はダリがお好きとか。わたしはベラスケスです。なんだか話があうかも〜f(^ー^;NHKの昨年度のTVスペイン語会話のプログラムは、毎週ちがったスペイン料理の作り方だったので、だいぶんおぼえましたよ。スペイン料理!おいしいですよね〜。おぞよの会にどうでっしゃろ?ちょっとちがう、、、、か。

コメントを投稿