フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 三清洞(サムチョンドン)part2 | メイン | 大阪千日前・道具屋筋 »

2008年3月21日 (金)

李朝家具・集

今回の旅の目的
  娘→喰う!ひたすらうまいものを喰う!
  私→喰う!、、、いやちがうっ!
    美しい李朝家具を本場で見る!、、、、、、、だ。



で、今回のソウルのあちこちで見かけた李朝家具(朝鮮王朝時代、官僚階級である両班たちが使っていた家具)を集めてみました。


Ccswqd9u


私も求めた →こちら ポピュラーなバンダジ。上に乗っているのはアンティークの薬研。


4grpu6xk
トンケ(銭函)
上に乗っているのは鍋?古民具でしょうか。



0lv1omft

名称は知りませんが、かなり頑丈で木の材質もいい物だと思いますが、これと同じ物があーとさろん宮崎にあった、あった!→http://blog.kansai.com/cheruprifre/229


Odmrlcvk
朱の小盤(ソバン)

ソバンは上の台が12角形で、木地が見えている物が多いけれど、こういう朱塗りで花びら型のもあるんですね。きれい!


Kvtm_bwt
これは仁寺洞の伝統茶院においてあったものだけれど、町家の水屋箪笥にどことなく似てますね。



S3bacawz
これもトンケ

ローキャビネットとして重宝しそうです。

E4lenlxj

二層の箪笥

中に比べて間口が狭いので、使い勝手悪そうだけれど、どういう風に使っていたんだろうかしら?


R0nprszq

これは仁寺洞の骨董家具屋さん。

仁寺洞は観光地なので、多分値段もやや高めと思われるので、外から見るだけにしましたが、どっちみち鍵がかかって中には入れませんでした。


Oaiqqdvz

ただこのお店の入っているビルの中庭がいい感じに造られていたので、ちょっと写真を。
この右はしに見える井戸は本物か、偽物かわかりませんでしたが、いい景色です。



さて、ソウルの東、やや郊外にアンティーク家具をあつかう店があると聞いたので、足を伸ばしてみました。

Dvz4zvu2
地下鉄の踏十里(ダッシムリ)駅で下車、徒歩5分くらい。
ここまでくると、観光客はほとんど見かけません。

(地下鉄駅の表示も漢字はひっそり小さく書かれていて、ハングルが読めないと地下鉄乗るのもちとツライ。)


Vwxcpgpt

このあたりは、骨董屋さんが軒を連ねているらしく、日本で言うなら石灯籠や臼、つくばいみたいな物がたくさん道に面して並べられています。



Hfms3v83

目指したのは李朝家具アンティーク専門の長安堂



Zi2lajla

店の中はこんな感じで、所狭しと、バンダジあり、トンケ、モリジャンあり。


店主さんが一人、英語も日本語もちょっとしかしゃべらないので、筆談と身振り手振り、、、でもようこんなんで話通じたな、、(^_^; とあとでしみじみ感心してしまった。

Wohrq_kr

値段をきくと、だいたい日本で買う半分から3分の1!
確かに安いです。


でもいくつもあっても置き場所がないし、そんなにあってもしょうがないので、日本までの送料や税関での手続きを考えても、どうしてもほしい、と思う物があれば買おう。と、思っていたのです。

あーとさろん宮崎で見た、すてきなモリジャンの写真も持っていきました。
似たようなちょっといいな、と思う物があり、値段も3分の1以下だったのですが、、、、。
オリジナルな物でありながら、金具がぴかぴかだったのがもう一つひっかかりました。
日本ではあまりぴかぴかなのは好まれないし、「手ずれ」といってむしろ使い込まれた黒ずみが珍重されるのです。
韓国ではむしろ黒ずんだ金具を磨いて輝かせる方が好まれるのかも、、、

モリジャンの写真をみせたら、これは金具を取って改造した物ではないか?(多分、そう言ってたんだと思う^_^; 不確かだけど。 )と。

でもせっかくここまで来た記念に、日本で買った3分の1の値段のソバンを買うことに。これは小さいし、場所をとらないから2〜3個あってもいいしね。

Az2vnwyu

身振り手振りで飛行機に積めるようパックしてくれ、と頼んで、がっちり梱包してもらいました。

今回の収穫、大物ねらいで結局竜頭蛇尾的なお買い物になっちゃいましたわ(^◇^;)

この箱をぶら下げてふたたび町中へ帰って仁寺洞を歩いていると、

Ixzpyymo

古銭やアンティークの食器、怪しげな石像なんか売っている骨董屋さんの店先に、バンダジが、、、。

もう値段はチェックしませんでしたけれどね。


A4gj9swy

私とともに無事帰国したソバン。

奥のが以前買った物、手前のが新しいソバンです。木の材質は違って、前もとめた物よりは明るい色です。こんどはなにを飾ろうかな〜heart


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/13870295

李朝家具・集を参照しているブログ:

コメント

ソバン!二つ目も良いものが見つかりましたね♪どこに置かれても活躍しそうです♪目に優しい形!キュートですね〜〜〜!お写真ですが。上から6枚目の「トンケ」!「トンケ」というのですね!あの「トンケ」素敵♪小さくても存在感が・・金具もぴかぴかしていないし・・・笑そうなんですね・・・韓国ではピカピカが好まれるのかも?なのですね・・・お値段が魅力でもピカピカは・・・要りませんですぅ・・・前回のお嬢様の旅の『リベンジ』は?出来ましたか?ましたね〜〜〜♪笑

しぇるさまの、李朝家具に対する「熱意」がつたわってきます。

そうでしょ!あのトンケ、いいですよね〜。日本でいえば長持ちみたいなものでしょうか?家ができあがってしまえば、ここにこれを置いて、、と具体的に考えられるので、財布の紐もゆるもうというもの。ただまだちょっと買うまではね〜。と葛藤しました。ハイ、娘は食べて、食べて、食べて、、、一通り韓国料理を堪能したようで、リベンジ終了。気が済んだようです。私もつられて、いつもはこんなに食べないのに〜、、、、というくらい食べました。体重計に怖くてのれません。(^_^;

長々と趣味の世界におつきあいありがとうございます。凝り出すとけっこうとことん行きますが、飽きるのも早いもので(^◇^;)来年の今頃は何にはまっているやら、、、。(金のかかる物はもうやめてくれ〜と旦那の声)

コメントを投稿