フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 湯たんぽ(^o^) | メイン | 雪のち春を思う »

2008年2月 9日 (土)

李朝家具

京都の岡崎の家はおもいっきり和の家にしようと思っているので、そこに置く家具もやはり和の家具、しかもアンティークならなおよし!と、あれこれ頭の中にデザインを描くのも楽しい作業です。
引っ越しと同時にいっぺんに買うのは経済的負担も大きいので、いまから少しずつ買いためていこうと思っています。

まず中心となる居間に置くなにかポイントになる家具はないかなあ、と考えていましたが、アンティークでも和箪笥などはなんとなく見慣れていて、ちょっと目を引くポイントになりにくい。

そこで思い出したのが、李朝家具。
梅田阪急の古書の町で一軒、骨董屋さんがあるのですが、そこのディスプレーに使われているのが李朝家具の箪笥です。木の色はくすんで、金具も黒くなっているのに存在感があって、骨董屋さんの雰囲気にぴったりでいい感じなのです。

で、先日京都に行ったとき、李朝家具も扱っている丁子屋さんへ行ったのですが、お店自体がなくなっていて大ショックでした。
   → http://blog.kansai.com/cheruprifre/208

そこでネット検索して大阪の玉造に李朝家具を扱っているお店を探し当てました。

9hpigh08

學工房(はくこうぼう)さん。


大阪環状線玉造の駅を降りて、やっぱりちょっとさびれているアーケードの商店街(実はこういうの好きheart)を通り抜けたところにあります。
韓国の古い民家からでた100年前後くらい前(朝鮮李朝時代)のアンティークの他、リプロダクトの家具やレプリカ家具もあつかっておられます。


_hacit1x
一応メールしといたし、営業中の札はかかっているけれど、お昼を食べにでられているのか返事なし。

菊川怜さん主演の舞台劇「チャングムの誓い」の小道具にここのお店の物が使われた、と書いてあります。(TVのチャングムも残念ながら見ていません)


Fbgtoqbd

外から店内をうかがうと(怪しい人になってました!)雰囲気のある李朝家具や小物が、、。いいなあ〜heart


しばらく、商店街の中のレトロな(70年代、、的な)喫茶店で時間つぶし。愛想のないおっちゃんがやってました。でもコーヒー一杯のんで手持ちぶさたにしていると、おかわりを注いでくれました。
だからこういう商店街って好き!

そうこうするうちオーナーさんが帰ってこられたので中へ。
狭いお店の中はしぶいアンティークとぴかぴかのリプロダクトが混在していますが、で〜んとすごく立派な存在感のある大きなアンティークの箪笥には圧倒されました。(写真はありませんが)
両班(ヤンバン)が支配した朝鮮王朝時代、この時代の家具は日本の家具ともちょっと違って、簡素でありながら、実に優美な雰囲気です。

アンティークはいつ入荷するかまったく不定期なので、気に入った物があったら買わないと同じ物はなかなか手に入らないとのこと。

Xewzbot8

まず、とにかくほしくて実は丁子屋で目をつけていて買えなかった小盤(ソバン)。


小盤は李朝時代個人用のお膳だったのですが、この優雅なフォルムは花瓶でも置くとぴったり。素材や形は様々だそうですが、私が買ったのは100年ほど前の銀杏製だそうです。形は典型的な12角形の天板に猫足。
足がついているのは朝鮮の床暖房、オンドルの熱から食事を遠ざけるためだったそうです。


I52eerhf

そしてバンタジ(半閉)(写真の下の方です。上のは賽箱)


阪急古書の町でみかけたのと同じ箱形収納家具。李朝家具の中では特に人気があるようです。
お値段はややはりましたが、やはりこれも出会いです。
丁子屋の一件で失敗したので(^_^; 即決しました。

レプリカやリプロダクトの家具はきれいなのですが、やはり人が使ってきた歴史の重さにはかないませんね。金具もぴかぴか過ぎてちょっと、、、。

でも、ほしかった物を手に入れてご満悦です。
家に届く日が今から楽しみ。そして岡崎の家のどこに置こうかな〜と想像するのも楽しい。
ただ、家に帰って旦那が一言、「今、どこに置くんや?」
σ(^◇^;)
引っ越すまではちょっと邪魔かも、、、、

(おまけ)
學工房のオーナーさんが買った家具のちゃんとした写真を送ってきてくれました。

Wzlstle8
小盤




Esgz_sog

バンタジ

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/13870129

李朝家具を参照しているブログ:

コメント

李朝のバンタジ!私・・・この家具をず〜〜っと「バンダチ」と思い込んでいました。「バンタジ」というのですね!はい!歴史の重みといいますか・・・当時の仕事といいますか・・・リプロダクト家具やレプリカには絶対にこの「いい味」は出せません。物凄く素敵です〜〜〜!造りも金具もとてもいいものですね!本当です。出会いなのですね。この「バンタジ」「小盤」ともにしぇるさんとめぐり逢う事になっていましたね♪新しい暮しが少しずつ近くなってきていますね!

バンダジらしいので、nnya 様のバンダチも当たらずといえども遠からず、です。ハングルを日本語読みするのはむつかしい。本文もバンダジに変えようかな、、、。(^_^;これらの家具が朝鮮半島で作られたとき、作った職人さんはまさかこれが21世紀になって、遠く離れた(あまり遠くもないか、、)日本で使われるなんて、想像もしなかったでしょうねぇ。、、、なんてことを考えていると楽しいのです。

はじめまして
お茶を習っているのでたまにブログを拝見しております。
下賀茂にある李朝の骨董屋さんを御存じですか?

JB様

はじめまして。コメントありがとうございます。
お茶のほうはベテランさんでしょうか、初心者さんでしょうか。
私は習っている期間はだらだら長いものの、まだ未熟でして、お目についたまちがいなどありましたら、お教え下さいませ〜。

下鴨の川口美術さんでしょうか。
実はいったことあるのです。でもここのは端正でメインテナンスがいきとどき、材質からして価値の高いものばかりで、私の手が出る値段ではありませんでした。coldsweats02目だけ楽しませてもらって、早々に退出いたしました。gawk

はじめまして。
「李朝家具」で検索していて、このサイトに行き当たりました。私も小盤を探しに、川口美術さんや學工房に行き、現在學工房で見つけたものを買おうか悩み中です。もし買ったら、徳利やらで晩酌のお供やら、花入を置いたり楽しめそうかな、と。しぇるさんは、現在どのように小盤をお楽しみですか??

みー様

はじめまして。
小盤、いいですよねえ。造形的にも機能的にも。
李朝白磁の再発見で有名な浅川巧さんも「朝鮮の膳」という本を書いておられるくらいです。
うちはその後もうひとつ買いまして(ちなみにこちらはソウルから持って帰りました)どちらも上に苔玉や、小さな花器に花をいれてのせています。
お酒と肴はさすがにのせてませんねえcoldsweats01

あと、寺町二条上ルの東側のグランピエ丁字屋さんの2階に、結構手頃な値段の小盤おいてありますよ〜。

さっそくのコメント有難うございますnotes
ソウルから!さすがですね。抱っこしてもって帰られたのでしょうか。。苔玉…なるほど、いい感じですね~。
「朝鮮の膳」、そんな本もあるのですね。まだ東洋陶磁Mの浅川展にいけていないので、行かないと!
丁子屋さん、ナイス情報ありがとうござます。今度、祇園の祇園精舎さんというところも行ってみようかと思うのですが、あわせて見に行きます!!
夏のうちにGETして苔玉とかのせてみたいものです。

みー様

ソウルの骨董屋さんがしっかり梱包してくれたのをかかえて帰りましたhappy01飛行機ではあずけないといけませんでしたが。
浅川兄弟展は是非。まだやってる、と思うとあっというまに逃しますよ〜。

お久しぶりです。その節は色々有難うございました。浅川展にて「朝鮮の膳」掲載誌も入手し、ついに京都にて小盤GETしましたhappy01虎足の松製で、こぶりのものです♪まだ徳利は手に入れていませんが、ひとまず唐三彩の一輪ざしなどをかざって遊んでいますdiamond置いておくだけで絵になるいい家具ですねぇheart01

みー様

小盤ゲット、おめでとうございますhappy02
どちらのお店で出会われたのでしょう。唐三彩もいいですね。いろいろな物をのせてみたり、離れて見たり、近づいて見たりして楽しんでください。
浅川兄弟展も行かれましたか。彼らがこれからもっと見直されて、メジャーになるといいなあ。

コメントを投稿