フォトアルバム
Powered by Six Apart

« お茶の特別稽古・如月 | メイン | 花月のお稽古・法磨之式 »

2008年2月16日 (土)

中崎町・2elephant(s)

土曜の午後、何もないときは、家に帰る前に、ちょっと回り道してまたしても大阪は北区レトロ町家タウン、中崎町散策を。
タイムスリップしたような、町家、長屋があつまるエリアの、そこここにひっそりとおもしろいお店やカフェがかくれてるので、まるで宝探しみたいなおもしろさがあります。

Chqlc4mt

今日はあいにくと夕刻、大阪は雪模様。
この町家もすてきでしょ?あんま、針の家業らしく、現役です。


さて、今日のお目当ては ”2elephant”という去年できたばかりの雑貨の骨董(骨董とよべるのかどうかちょっと???ですが、、)屋さん。
それとお店の名前がどうしても2elephant”s”と複数形になってないのがどうも気持ち悪いというか、気になるというか、、(-_-;)

salon de Amanto(天人)のすぐ近くです。
Dpblbvnv

なにやら小さい陶器のお人形がいっぱいheart

実はここnnya様に教えていただきました。
昨年、できたばかりの時に、ここで聖歌隊のかわいい陶器人形をゲットされたのです。

Y1afrbar

季節柄、聖歌隊はもういませんでしたが、なにやら不思議な人形ばかりです(^_^;
左端の人形は宇宙人?よく言ってフェアリーでしょうか、、。
昭和初期の海外向けの陶器でデッドストックになってたものらしいです。
少しずつ、売れたら補充してるので、少しずつ品揃えは変化していってるようです。



6xn82_7p

しかし、、これは眼鏡屋の看板??
つげ義春の世界だな〜(わかる人にはわかる)
何に使うのかわからない品物もシュールですね。


お店の中は昭和30〜40年頃にはやった、たくさんのティーカップが目につきます。
お店のお兄ちゃんが説明してくれましたが、あのね、わたしゃこんなカップ、子供の頃リアルタイムで見てしってるわよ。(くくっ!涙、もう骨董の歳なのか、、)

なんだか森永の牛乳瓶まで売り物として、ならんでるのおかしい。

中にオールドノリタケに近い古そうな、6客のデミタスカップとポット、クリーマーのセットが2万3000円で出てました。いいなと思ったけれど、既に「売約済み」のシールが、、。
若い女の子がお買い上げだそうです。
その他、使用目的不明のものや、お値打ち品まで、隅から隅までさがすとおもわぬ掘り出し物もあるかも。
ちょっとした不思議ワールドでした。

Pgmqufhb

お店のお兄ちゃん。
nnya様が行かれてから3ヶ月ほどたつけれど、いまだにレシートなし、看板なし。オーナーさんが忙しいとのことで。
商売っけがないのね。



Nc08_wym

私がもとめたもの。
昭和初期のグラス。




A0gumkfb

グラスリッツェン(ガラスの彫り模様)がシンプルだけどきれい。
台のブルーもなんとなく時代を感じさせます。



Jbeh5qd1

グリーンを飾るときれいだと思い、庭を探しましたが、この季節ですから、やっとみつけたのが南天の葉とユリオプシスデージー。
どんなもんでしょう?


(おまけ)
2ln3nvfp
ほんとのおまけ、です。
2elephant(s!)のステッカー。
え〜と、どこにはったらいいかしら
(^_^;)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/13870155

中崎町・2elephant(s)を参照しているブログ:

コメント

ツーエレファント(ツ!ですよね〜〜〜!やっぱり〜〜!笑)さすがです!しぇるさま!お兄様までパチリ〜〜♪いまだ・・・あのランチボックスでしたか?でもなんだか愉しいですね〜♪昭和のグラスですか・・・青い色がとても美しいですね・・・切子とは違って・・・軽やかな印象ですね!懐かしい日本のグラスなのでしょうが・・・とても『モダン』です!あれから・・・そろそろ三ヶ月ですね!あの大量の陶器人形・・・補充されている!どれだけの在庫?といいますか・・・コレクションがあるのでしょう!ビックリですね!店内のレトロな食器、雑貨もですが・・・古本に昭和の頃・・・私たちが生まれた頃の最先端事情が良く見えて・・・今改めて読みふけるのも面白いかもとか・・・お店を思い出しながらふと思ってしまいました。中崎町に点在する雑貨やさんのセレクトとほんのちょっぴり違った印象ですね・・・オーナーさんは男性ですね!きっと!

あの陶器人形たちの不思議なラインナップはなんなんでしょうね。ほんとにどれだけのストックがあるのか興味あり!です。カップ類についつい目がいって、古本のコレクションはざっと見ただけで見逃しました。それにしても、お店にたくさんあった、コーヒーカップセット、実に懐かしい。中学まではコーヒーは背が伸びない、という噂を信じて、もっぱら飲んだり、友達をもてなしてたりしたのが、レモンティーで、こんな感じのカップにいれてました。その時の紅茶の色まで思い出してしまうわ。先日実家にかえった時、子供の頃のアルバムをすご〜く久しぶりに見ました。昭和30年代の町の様子、ファッションや、生活様式などほんとにあのころは自分の中でも博物館級の歴史の一部になってますね。でも見たかったのは、実家で飼っていた2匹の猫の写真。どんな顔をしていたのか、ぼんやりとしたイメージはあるのですが、はっきり思い出せない。そこで、、、。アルバムの中で幼稚園児くらいの弟と顔をくっつけて丸まって寝ている子猫の写真を発見。やっぱり今見てもかわいかったんだなあ。(弟ではなくて!子猫が!)私の猫好きの第一歩でした。

コメントを投稿