フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 2007年11月 | メイン | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月30日 (日)

迎春直前小ネタ集

いつもは夫婦二人(+猫2匹)だけの静かな家の中ですが、正月休みで久々に子供たちが帰省。
にぎやかです。
いつもがらがらの冷蔵庫はいっぱい。2〜3日に一回まわすだけでよかった洗濯機も毎日どっちゃりの洗濯物。1週間に一度の掃除で片付いていたのが、なんだか家の中よごれてるし。
これが家族のくらしだったなあ〜。忘れてたわ。


Qc7uqq62
晩ご飯。
いつもはテーブルのはしっこしか使わないのに大賑やか。
ハイ、シェルちゃん、私の席とらないでね。




Ddb5pqjz
ハイ、プリもごちそうねらわないの!


11月末から少しずつ始めてた大掃除も、やっと終わり、お正月準備を。

でもお正月といってもこの節、デパートも2日から開くので、以前ほど特別なことはしないのですが、でもそれなりに雰囲気をだす準備をぼちぼち。

N4agz93x
まず玄関にしめ縄を飾りました。(しめ縄も地方色があって、これは阪神間型らしい。)




8vpon4c2
玄関の迎春用お花も飾りました。
自分で生けられたらいいのですが、そんな腕前はないので、、、。


お鏡も飾りましたが、パック餅のなんちゃってお鏡なので、ちょっとはずかしいので写真はなし。
(大きいほんまもんのお鏡餅は始末に困るので、毎年パックです、、、。)


489l4ulp
手帳も毎年お正月に更新する物ですが、つい先日うれしいお届け物がありました。
”和の暦手帳”


手帳機能の他に京都の歳時記や暮らしの知恵や習慣のあれこれ、毎日の月齢まで、読んで楽しく知識も増やせます。
NPO京町家・風の会あまね様からいただきました。
ありがとうございました〜(^o^)/大事に使わせてもらいます。



J636f81x
もうひとつうれしい事。
玄関に飾ってた、このきびしかった夏を越したシクラメン、そ〜っと葉っぱをかきわけてのぞいてみると、、、


ありました、ありました!
つぼみ、できてます。来年早々きっと咲いてくれるはずです。


Escwun0s
シェル
”来年もいい年でありますように”
(またたびの粉付き爪研ぎの上でまったり)



Owifxq7l
プリ
”来年もよろしくね〜”


皆様にも良いお年がきますように!

2007年12月26日 (水)

今年最後・お稽古おさめ

過日、今年最後のお茶のお稽古。
上級者だけの特別稽古です。


Dh7vgvb0
機械織りのお買い得だった大島に朱色の縮緬の帯をあわせてみました。
この大柄が、地味な着物のアクセントになるので、重宝な帯です。



Jbwrasvq
お床はちょっと小さくて見にくいですが、
”歳月不待人(さいげつひとをまたず)”
胡銅花入れに椿


年の瀬はしみじみしみる言葉です。
最近年のせいか、とみに時が経つのが加速していると実感。
1日1日、だらだらすごさず、貴重な時間を大事に使おう、ということですかね。とくに我々のこの年齢は、残りを数える方が早いですものね。


Qzjlgiyd
今日のお菓子は、3種盛り。
ちょっと甘、甘、、、。
濃茶をたくさんいただくので、ちびちび食べながらお稽古しました。


この羊羹、虎屋の”夜の梅”。
子供の頃、虎屋といえども羊羹と言えば、あんまり人気ありませんでした。
”え〜っ、またようかん?”と、いう感じで。
でも、これ今いただくと、黒蜜のこくのあるお味でおいし〜heart
これも大人になってわかるようになった味覚の一つですね。

御池煎餅みたいなのは、普通の煎餅の逆で、真ん中がぱりぱりの煎餅。これを薄い求肥で挟んであって、未知の食感でした。逆転の発想?

さてさて、お菓子ばかりを楽しんでないで、お稽古、お稽古。


Nicklhcm
先日、お茶名とられたばかりのHさん。
お点前は大円草。
ほぼ完璧!りっぱです。さすが〜!


ただし、円草は濃茶二服なので、ちょっと体調の悪いときはつらいものがあります。先生などは濃茶いくら飲んでも”おいしい”らしいですが、私は多めに飲むと、季肋部あたりにどよ〜んと重い感じが、、。帯で締めてるので、よけいに吐きそうになることも、、。coldsweats02
皆さんはどうでしょう?
お茶を始めたばかりの頃は、濃茶がお茶には、というか口に入れる物とは思えなくて、、、、。

私は軽めに茶通箱のお稽古でお茶をにごしました。(^ ^;)

さて、それぞれが最後のお稽古をし終わった後、今年もご苦労様、と先生が果物とお茶(ふつうの番茶ですよ)を出してくださいました。

Nsspyaqd
番茶がとってもおいしく、果物もさわやかで、あっという間にいただいてしまったので、食べた後の写真しかありません、、、。shock



Xrfgjhuv
でもこの色絵の古伊万里8寸のお皿だけはカメラにおさめました。
先生が骨董店で手にいれたものだそうです。
いいですね〜lovely


ただし、上にのせる物を選びそうです。
このお皿だけで存在感があって、強い個性がありますものね。
個人的には古伊万里は色絵より青の染め付けの方が好きですが。
私のささやかなお惣菜もうけとめてくれそうで。

今年のお稽古の反省、来年早々の初釜、月釜の予定のことなど、あれこれみんなでおしゃべりのひととき、そして今年はこれで稽古仕舞い。


Xbolma8c
最後に重宝なポリの羽織。
洗えると思うので、塵よけに大活躍。
着物着て車の運転をするので、帯がシートに擦れるのではとの心配もいらないし、、。


大正ロマン的な雀の大柄も気に入っています。

2007年12月23日 (日)

Feliz Navidad/Merry Christmas

クリスマス小ネタ集です。(^o^;)


Tiwcmolm
スペイン語教室からきたクリスマスカードです。
やはりスペイン製のお人形の間にはさんで撮ってみました。


絵は東方の三博士( Los Reyes Magos)がラクダに乗って、星に導かれ、ベツレヘムで生まれたキリストのもとへ急ぐところ。
赤と黄色はスペインの国旗カラー。
講師の一人でこういうの得意なDanielがデザインしたのだと思う。ナイス!


T__bhntc
ついに完成!クロスステッチクリスマスオーナメント3兄弟!


nnya様から3つの図案をいただいた時、全部はクリスマスまでには無理だろう、と思い、一つだけでも、と始めたら、、、やめられない、とまらない〜♪
とうとう3つともクリスマス前にできちゃいました。
nnya様、繰り返し、楽しい時間をありがとう!(^o^)/



S7fhvyyv
数日前から宝塚阪急の地階におめみえのトナカイ君。
小さい子に蹴りをいれられたり、飛びつかれたり、、。


でも、なかには子供らしい素直な子もいて、握手したり、話しかけたり。
気ぐるみの中のお人はたいへんだろうな、と思います。
写真撮らせろ、というへんなおばさんもいたりして、、、、。smile


Oekhxlvx
イギリスみやげに9月にいただいたクリスマスプディング。
いよいよ食べる時期がきました。


これは熟成させていただく物で、イギリスではクリスマスの次の日から来年のを仕込むこともあるとか。(腐らないのかなあ??)
小麦粉、牛脂、ブランデーにつけたドライフルーツやナッツ。
作る時、中に指輪やコインを埋めて、大勢で切り分ける時、誰にそれがあたるか楽しみだとか。
以前食べたときは、しつこいというか重い味、というか日本人向きではないなあと感じました。
でも、せっかくだから明日、レンジでチンしていただくとしましょう。


私のおやつは断然、ケーキより和菓子。
行きつけの和菓子屋さんに行くと、
”奥さん、クリスマスバージョンが入ってるわよ。”と。

見てみると、おおっ!かわゆい〜!lovely

Mj8fxxyz
サンタさん、雪だるま、それになんとむきかけのミカン!


他にも薮柑子、木枯らし、雪椿などの雅な銘のお菓子もあったんですが、これを今買わずしていつ買うんだ!とこの3つをチョイス。
(旦那には1つ、私には2つ。オホホ)
京都の上等な和菓子屋さんにいわせると、こういうレアリズムは品がない、ということになるのかもしれませんが、時にはいいじゃありませんか、こんなかわいいのも。
夕食後、抹茶一服といっしょにいただきました。
シアワセheart

ともあれ、皆様、よいクリスマスをお過ごしください。

2007年12月21日 (金)

鳩の水浴び?

今日は朝早くから、花月のお稽古にお茶の先生の先生宅、箕面へ。
ちょっときばって早く着きすぎたので、すぐ近くの公園で、時間つぶし。

清少納言様も”冬はつとめて(早朝)”と言っておられますが、まあ早朝というほどでもないにせよ、朝の冷えたきりっとした空気の中でみる公園の風景はなかなかいい感じです。


X50bth76
紅葉も終わり、落葉樹は葉を落としはじめました。
いつもより遅いですが、明日はもう冬至。
この時間は犬のお散歩の方もおられますね。



3g8qhlex
公園内にある箕面市の公共ホール、メープルホールが見えます。
ここで時々月釜があり、お運びなどさせてもらったことがあります。
箕面までくると紅葉はほとんど終わりですが、北摂の山々がきれいです。



Tawkxemv
冬なので水は出ていませんが、アーティスティックな噴水。


広い公園を歩いていると、池にでました。
ここに池があるなんて知らなかった。おや、こんな池でも釣りができるのね、と池にちかよってみると、、、。


Ltlqg8fn
えっ?!
水浴びする鳥の一団が、、、、。
これって鳩とちがうの?
鳩って水浴びするの〜???




Bnglyd6g
いや〜何回見ても鳩でした。水鳥でない鳩も水に平気で入れるんですね。



Qewyxivk
うまそうに水を飲んだり、水の中に体半分つけて羽ばたいたり、中には足と下半身水につけたままじっとしてるのもいます。


あんたたち寒くないの?
さすがに沖まで出たら危ないよねえ。
溺れないかとヒヤヒヤ。

しかし!
この鳩の一群を中心にした水に浮かぶ白いカスみたいな物はなんだろう?
もしかして糞でわ、、、?
たいしたもんです。鳩も水洗トイレ、もしくはウォシュレットお使いのようで、、。

ちょっと話がおちたので、
この画像でお口直しを。

Zdvhq2g_
湖畔にたたずむきれいな白鷺です。
どうやら釣り人の釣果の分け前を期待しているようで、じ〜っと動きませんでした。


ちなみに今日のお稽古は
 1)仙遊之式  2)貴人清次の濃茶付き花月  3)雪月花

2)は頭がこんがらがりました。参加者一同あたふた、あたふた、、、。
ぼけ防止にお茶のお稽古は、頭の体操になるので、おすすめですが、むつかしいわぁshock
修行、修行!

2007年12月19日 (水)

心がささくれた時は

電車通勤していると、1日に1回は不愉快になる。
あたりはばからず、化粧をしまくる姉ちゃん、満員でも座席に置いた荷物をどけようとしないおっちゃん、おばちゃん、子供が騒いだり、土足のまま座席に足をのせても注意せず携帯に夢中なかあちゃん、数メートル離れても聞こえるくらいのボリュームでヘッドフォンを聞く兄ちゃん。

世代に関係なくこのモラルと礼儀の喪失は一体なんなんだ!

駐輪場では後ろから塾通いの小学生の自転車に追突されたが、ごめんなさいの一言もなし。
親にどんな躾け受けてんねん!!

今日列をなしているスーパーのレジで、ゆっくりゆっくり財布から小銭を一つ一つ出して、とことん時間をかけたあげく、清算後もなかなかレジからどこうとしなかったおばあさんに、心の中で思いっきり毒づいてしまった。
書くのもはばかれるくらいの悪態、、、。
で、自分も心がささくれてるなあ、、、と我に返りました。

怒りをぶつけても、それは自分にはねかえってくるだけ。
世の中の人の行いをただそうなんておこがましいことは考えないけれど、せめて自分は心にもっとゆとりを持たなくては。


それに私には、心のささくれの特効薬がある。
ふふふ、、、、それは

猫という不条理な存在。

作らず、耕さず、(最近はねずみも)狩らず。
ただ寝てるか、気ままに遊んでるか。


Duk9ltmo
そうや、もっと気楽にいこうや。
いそいだかて、しょうがないし。




Ya8ae3iu
人は人。
マナー悪い人は自分で損してるのに気づかんだけや。
とうっ!(ストレッチ中)




Dt91j9ce
壁紙ビリビリ?
なにか問題でも?



K8tvodap
(あのね〜、それって何?苦しくないか?プリに枕にされて。)



2tu9vpqy
あんたもまねしたら?
肩の力ぬけて、骨抜きになれるで〜


ああheart、心が潤う〜、癒される〜。

2007年12月16日 (日)

春を待つ庭

年末のあわただしさの中、それでも来年の春、花盛りの庭を夢見て痛む腰をさすりつつ、春の苗を植え付け。


Mnevtgxc
これはまだ夏〜秋の花が残っているところ。
今年は秋が(夏が?)長かったので、けっこう遅くまで楽しめたので、
なかなか抜いてしまうのが心苦しくて、、、


でも、いつまでもそういうわけにはいかず、本格的寒さの前に根が張るように、春の花を植えなくては、、、


Ahd9k7lj
先週、というわけで宿根草以外を抜きました。
(夜腰痛、肩こりに泣きました、、、> <  。)



Qmtmfd7j
さて行きつけの園芸ショップで大枚(いちまんえん
^ ^;)はたいて春の花の苗を購入。


今年はパンジーを中心にシンプルなデザインに。

チューリップtulipの球根はすでに11月中に、もう土中深く植え付けてあります。
そこを掘り返してしまわないように、注意しながら植えていきましたが、時々球根の端っこが土中からあらわれて、あわてて埋め直したり、寒風のせいで鼻もでてくるし、やっぱり腰は痛いし、なんでこんな思いを、、、と思わないではないですが、、。
それでも春、植えた苗が大きくなって、花をいっぱいつけて、チューリップなどの球根の花もでてきて、、、という庭を想像するだけで、ああ、やっぱり今がんばっておこう!と。


Weiclewl
小1時間かかって植え付け終了!


今はまだすかすかですが、株が大きくなる春にはちょうどいいくらいになると思います。
あ〜今から楽しみ!
わたしの頭の中はもうチョウチョが飛びかっとります。
そのころまた、庭の画像アップします。みたってください。

さて、話はかわります。
先日阪急デパートのレース売り場を回っている時、目についてしまったものがあるのです。
でもちょっと高いし、、、とあきらめて他の売り場に去ろうとして去りがたく、、、、結局お買い上げ〜〜。


Wpcueibj
バラの花みたいなレースのスカーフ。


昼間は庭師、もとい、農作業スタイルでしたが、夕刻変身!

Xrrkvw51
このスカーフ、直線ではなく、襟に沿うようカーブがつけてあって、首にかけるとこのように。
エレガント〜lovelyって自画自賛。
一足お先に胸に花が咲いたたようです。


昨日パッチワークの先生たちと夕食をご一緒した時身につけていきました。
すると先生、”あら?これ阪急で買った?”
へ〜っ?
なんと先生も悩んだあげく色違いの黒をお買い上げだったとか、、。
まあ、美意識だけは共通ってことで、、、、、、shock


2007年12月13日 (木)

あれから13年・神戸ルミナリエ2007

また今年もこの季節がやってきました。
13回目の神戸ルミナリエです。

Zgmtmcel
元町のランドマーク、大丸の角をまがると、、




Cbkbasjq
毎年、ああ、見えた、見えた、、、と心が震える光のアーチです。


今はもう、すっかり観光イベントになって、始めたときの意義は風化しているのかもしれません。


K_7miywi
あの震災のときの朝は今でも忘れようとしても、何かのときにふっと意識上に浮かび上がってきます。


今でも、軽い地震にもふと身構えてしまう自分に気づきます。

震災の後、ライフラインの途絶えた真っ暗な町。
そこからひと月あまり、ガスの使えない、日々。隣の市まで銭湯めぐり。
小学校の長い休み。
通学再開時は親の付き添い。
まったく違う風景になってしまった子供たちの通学路。
異次元空間にいるような日々でした。


3k5rzofh
幸いにして、家族はみな無事でした。
でも、大切な家族を失った方々はごく身近にいました。
たくさんの壊れた家や建物を見ました。
いつも使っていた道にパックリあいた亀裂もみました。


当時職場は尼崎でした。
そこでは余震にびくびくしながら、小さい電熱器だけを暖房に働きました。
給水車がくるとポリ容器をかかえて並びました。
みんな不安でした。

阪急神戸線、今津線がながいこと不通で、JRでおしあいへしあい通勤しました。
再開通しても西宮北口は夜は真っ暗でした。
町全部が死んだようだったのです。


Erymclhy
最初の震災の年の12月、最初にともされたルミナリエは行けませんでした。行くことでいろいろ思い出すのが嫌だったのです。




Xemmm42d
次の年、始めてルミナリエを見に行きました。
もう1年以上経っているのに、もう大丈夫と思っていたのに、この光のアーチを見ると、涙がにじんでしまいました。




Y2er_zu7
まだ、見に来る人は少なく、今のように元町からぐるぐる遠回りをさせられることもなく、どこからも入れたのです。


人はみんな光を見上げながら、ゆっくり歩いていました。
”わ〜、きれい!”などの言葉もなく、みんな静かに静かに歩いていました。
アーチのところで流されていた、ハープシコードのレクイエムがいろいろな思いをかき立てるようでした。
たしかに、震災で亡くなった人につながる人がいたと思います。
その人のことを思いながら歩いていた人はきっと多かったはず。
一番忘れられないルミナリエでした。

あれから、毎年この季節、神戸に行きます。
子供と一緒の時、両親と見たことも、弟と見に来たことも、、。

すこしづつ思い出は私の中でも風化していきますが、このときだけは、雑踏の中でも、はっきり震災につらなる日々を思い出せます。
家族の絆や、地域や職場の逆境での連帯感、そしてゆっくりと時間をとりもどしていく町の景色、学んだことも多かった。

アーチを通り過ぎて、東公園にはいるころ、BGMはレクイエムから、神をたたえるかのような賛美歌にかわります。

復興なった町、震災以後に生まれ震災を知らない子供たち、ルミナリエの本来の意味を知らない観光客、それぞれの楽しみ方、それぞれの思い、みんなごちゃまぜで時は過ぎていきます。
”これでいいんだ。”
意味もなく口からこんな言葉がでてきました。


O8gcmflf



人間って、強いんだ、、、。
これが今年の私のルミナリエ。


Uapmo8yo

2007年12月12日 (水)

うちのクリスマスツリー

大掃除やら仕事やら宴会やら、わけがわからんくらい忙しい今月。
無理に出さいでも、、、と思いつつも毎年律儀に出すツリーです。


Xrb_nv0c

小さなツリーですがね。


子供たちが小さいときは、忙しい合間を縫って、いっしょに飾り付けし、楽しんだのですが、もう喜んでくれる連中もいないのにね。


Ybb7rnm_
猫は〜、、、ちょっといぶかしげににおいを嗅いだだけで興味ないみたい。



Donw_n8v
プリにいたっては、全然無視!というか、なんでこんなとこで写真のモデルせなあかんねん!angryとふてくされ。


(それでも子猫の頃はじゃれついてましたが、、、。子供も猫も大人になるとつまらん、、、、、。)

それでも、オーナメントは旅行に行くたびにその土地、町で買い求めたものばかりなので、訪ねた土地の思い出を懐かしみながら、飾ります。
慌ただしい年末でも、ほっとするひとときです。


Vd2wptt3
これは見ただけでわかりますね。バグパイプかかえたサンタさんとバグパイプ。
スコットランドのクリスマスオーナメントショップで見つけたもの。




1xak6mb6
同じくケルティッククロス(十字架に円盤がつくケルト民族独特のクロス)




_xosv_bq
結婚して間もなくして行ったドイツは中世の町、ローテンブルグのとても大きなクリスマスショップで。
まだ子供いなかった時。




Dfw8sffq
この星形の飾りはつい最近尼崎のお店で見つけたもの。
本来は電飾のランプにはめて使うものらしいです。



Ew9h84i_
楽しむのは私ばかりですが、自作のクリスマスキルトもちょっと飾ってみます。


そしてもちろん、今年お仲間に入ったクロスステッチのオーナメントもね!
   → http://blog.kansai.com/cheruprifre/188


Lkcwfoat

はあ〜、、、よおやるわ。
自己満足の世界やね〜。
と、あきれているシェルはどこにいるのでしょう?


はい、これは最近ふくよかになって座り心地がよくなったらしい私の腹の上、、、、です。(- -;)


2007年12月10日 (月)

La Fiesta de Navidad

今日はスペイン語教室のla fiesta de Navidad(クリスマスパーティー)!
大阪北堀江のEUGOというバルで。


Kvej8mut


バルはスペイン人お気に入りの立ち飲みスタイルの居酒屋で、各店の名物タパスをつまみながら、次の店へとはしごをしていくのがスペイン流。


Fgnwpzm7
今日は2時間飲み放題なので、みんな空のカップを手にカウンターへつぎつぎおしよせる。



生徒だけでなく、その友人、家族も参加して総勢70人近くにふくれあがって、しかもみんなラテンのノリなので、なにがなんだかわからない状態に。


Gvszkgjf
お店はこんな感じで、やっぱり椅子席はなく、あっちこっちで会話をしては相手を替え、話題も変え、という高等な??社交術が必要だわsweat01



Wmqmxr37
スペインのタパスと言えばこれ、イベリコ豚の生ハム。
豚の足がついたままのハムの固まりを、on demandにスライスして供するので、全部いただいた後の豚足はこのように、、、。


スペイン語は習おうという人がそれほど多くないので、ここの生徒さんはみんなユニークです。
仲間をちょっと紹介します。


6wybyxvb


大学卒業時、南アメリカ大陸を3ヶ月かけて縦断した弁護士予備軍のKJ君。
大学院で今は勉強中。
南米からの商品をあつかう輸入会社にお勤めのKZさん。
スペイン語でのメールのやり取りは必至だとか。同じクラスでとてもにぎやかなのは彼女のおかげかも。



6jskqmk3

学生の頃半年スペインのバレンシア地方の学校にいっていたというTさん。
スペインは食べ物と女の子がいい!と。(は、そうですか-o-)
フラメンコを10年以上やっていて、スペイン渡航歴3回のYさん。
1年半前、ここの教室ができた当初からのオリジナルメンバーです。



Vjbqrq66

ご夫婦で、今年夏、私がキューバへいったあと同じくいかれました。
この日が初対面でしたが、教室つながりで、キューバへ行かれる前メールのやりとりでキューバについてお話しさせていただきました。
ご主人は昔ペルー大使館人質事件の当時、けっこう治安が悪い中ペルーでボランティア活動をされていたとか。貴重な体験ですね。



T_0mh52g

Tさん。この春スペイン,サンチアゴ巡礼の旅(camino de Santiago)に出かけられましたが、道半ばにして宿泊施設のベッドから転落、骨折。
なんと現地で自分でたどたどしいスペイン語を駆使して入院手続きから手術までうけちゃったという方!
手にしているのは巡礼の御朱印帳とでもいうべきスタンプ帳です。
元気になられて、また残りの旅程に挑戦したいそうです。


5z6co1dg

Sちゃんは13歳!(若っ!)小さい頃からスペインへフラメンコ留学という英才教育をうけてます。フラメンコを踊るのが好き!とのこと。すご〜い。
Mさん、この日のためにお着物をきれいにお召しです。前回のパーティーでスペイン語日記人気投票ナンバー1でした。
Sさん、女子校の先生です。一度テキストを見たら、きれいに付箋がついて、ラインマーカーばっちりでした。さすが先生!



Ubqfaamv

そしてわれらが先生、Alex。
濃い顔の、スペインの食べ物とレアルマドリード、日本の女の子をこよなく愛するマドリッドっ子です。
いつもクラスでは脱線ばっかりでちっともすすみませんが、90分、笑いっぱなしですごせるのは彼の人柄のおかげです。
彼の日本語と私のスペイン語では、レベルは私の方がちょっと上かも。smile

最後に練習したクリスマスソングをスペイン語で合唱。
♪cascabel cascabel lindo cascabel
(ジングルベル ジングルベル 鈴が鳴る、、、で歌ってみてください)


とにかくユニークな人たちの経験を伺うのはとても楽しいですheart
異年齢、異職業の方々と接して、スペイン語以外にもたくさんのことを学べ、世界が広がったように思います。
でも、まずはスペイン語!来年はもう少し上達するようがんばろう!



2007年12月 7日 (金)

鬼しぼちりめん

先日のお茶のお稽古。
ちょっと寒くなってきたので、なんとなく見た目が暖かい感じの鬼しぼちりめんの着物を着てみました。


Jmyqjwma
最近、ちょっと体重増え気味でお見苦しい体形はお許しを〜sweat01


鬼しぼは縮緬のしぼが大きいもので、風呂敷の生地はたいていこれですね。
そう、風呂敷みたいな着物だな、といつも思っている一枚です。
深いワインカラーに惹かれて求めたもの。

Kjfsmtlg
こんな感じでちいさい刺繍模様がちらしてあるところもお気に入り。



Ihrfqqid
アップでみると、鬼しぼがよく見えると思います。
やっぱり風呂敷やね・・・。
これは花筏の模様。


このしぼしぼがなんともいえずこの季節、温かい感じ。


8zloos0z
帯は去る9月、高島屋の老舗の会でお値打ち価格で手に入れた、塩瀬。
唐花、、、、とでもいうのでしょうか、この模様。
色々な着物に合わせやすい帯です。




Amswzfnv
さて、お茶の先生宅の床です。
茶壺の時期はもうちょっと遅いのですが、
真・行・草の茶壺の紐がうまく結べない私のために、まだ、だしていただいています。


結び方は一応理解しているのですが、最後がきっちり合わなかったり、ねじれたり、、、。shock
でもこんな風に紐の結び方まで美を追求する民族は日本人だけではないかしら?
真・行・草それぞれの結び方がぴしっと決まると、ほんと、美しいheart

2007年12月 5日 (水)

懐かしの、、、

12月13日は”事始め”。この日から正月を迎える準備を始めます。

でも、うちはまとまった時間がなかなかとれないので、いつも12月初めから、早々と年末の大掃除を始めています。少しずつ少しずつ、、。

で、和室の押し入れの奥を掃除していてこんな懐かしいものを発見。


W5ryxdlk
そう、かつて年賀状作りに一世を風靡した”プリン○ゴッコ”


10年くらい前まではどこの家庭にもあったのではないかしら?
写真付き、イラスト付きの凝った年賀状がパソコンで簡単に作れるようになるまでは、我が家もこれをずっと使っていました。


O2aw0vbw
この銀色のところにフラッシュをつけて、原画を焼き付けるんですよね。


このデザイン担当は毎年私でした。というか、旦那は美術的センスほぼzeroなので。
いつもかわいいデザインをあちこちからひっぱってきて、合成してオリジナルの原画を作って、専用のインクをつけては、1枚1枚手刷り。
刷りあがったはがきを乾かすのに部屋中にひろげて足の踏み場もないのが年末の風景。
小さかった子供たちも、作る手伝いをよくしてくれ、かわいいのができると喜んでくれたものです。
懐かしいなあ、、、。

今から考えるとすごく手間のかかる作業でしたが、それだけに思い入れがありました。

毎年大掃除のときに目の端に入れてはいたのですが、何年も活躍したこれを捨てるのに忍びなく、なんとなく残っていたのです。
でも、ちかぢかの引っ越しに備えて、ついに捨てることを決意。
こうして世の中便利のものが次々できて、それ以前のものは捨てられていく、。(日本の伝統文化や生活みたいに、、)
これでいいのかな?と自問自答しつつも、、、。


長らく、本当にありがとう。
よく働いてくれました。m(_ _)m




<おまけ> 本日のおやつheart

Tvxhtwjh
友人のパリ土産のLaduree(ラデュレ)のマカロン。
人気らしいです。ちょっと甘すぎる感じもするけれど、バニラクリームの入ったやつは最高にうまっ!
カラフルなところはおしゃれでいかにもパリッ子好みですね。

2007年12月 4日 (火)

クロスステッチのクリスマスオーナメント

いつも、ねこのももちゃんと、すてきな手作り作品をのせておられるnnya様の楽しいブログで、すてきなものを発見!

クロスステッチのかわいいオーナメント

この図案欲し〜な〜、、、とコメントしたら!
nnya様、メールで早速図案3つを写真付きで送ってきてくださいました!

よ〜し。3つは無理でも1つは今年のクリスマスに間に合わせよう。
と、さっそく行動開始。


O9slew7j
まずは図案を方眼用紙に写し取って




C6shb_8o
クロス用布、刺繍糸(ダークレッド)、刺繍用の枠、クロスステッチ用の針。
準備万端!


最初のもくろみでは、自分の腕と、老眼を考慮し、布目4つを1つのクロスにあてようとしていたのですが、計算するとそれだととんでもなくでかい代物になる事が発覚。

しぶしぶ、1目1クロスで、、、。

L9g7zoix
まずは回りの枠から。
ううっsweat01老眼にはつらい、この小ささ、、、。




Gyj463d8
5分の一くらい刺したところ。
nnya様は上から刺されていましたが、私は左から。


目の計算をしながら刺していくので、近視眼的に必死になっていて、ふと手を止めてみると、おおっ!なんだか模様ができていってる!
楽し〜い。heart
昔升目を埋めて模様を浮き上がらせるパズルがあって、はまってましたが、それに似た楽しさ。


Sj4jl63h
ここまでくると、もう出来上がりが見たくて見たくて、とまらない。


結局3日で出来上がっちゃいました。(^o^)


1vcwp9xp
雪だるまのマフラーと、スコップの柄に緑の糸を刺して完成!


ただ、nnya様のと比べると、糸目がきついですね。
前から編み物も目がきつくてゲージ通りできなかったし、、。
もう少し白い地がみえないようにふっくら刺せたらもっとよかったんですが、、、。
ちょっと気を良くして、もう一つ別の図案で作ろうと思っていますので、その時は気をつけて刺してみよう。


Gfudhriq
まわりを綴じて、リボンをつけて、綿を入れて、、
すてきなオーナメントになりました。


nnya様、ありがと〜(^o^)/heart

2007年12月 3日 (月)

百万人のキャンドルナイト in 梅田茶屋町

今日の夜、ちょっと遅くなって梅田茶屋町、毎日放送のあたりに出ると、おおっ!なんだこれは、、、、??


I4_ubnjw
小さな瓶にいれたろうそくがたくさん。
loft〜毎日放送〜阪急インターナショナルホテル〜三番街沿いの道と
たくさんのろうそくの灯りが!



冬の初めのろうそくの暖かい灯りはなんともいえずあたたかい雰囲気。

案内のパンフを配布していたので、もらって読んでみると、全国的に展開している”百万人のキャンドルナイト”という、市民グループのイベントで、2005年から行っているそうな。

夏至と冬至の日に(大阪は今日の茶屋町会場と5日の西梅田会場)2時間(20時〜22時)街のライトをおとして(協賛している大きなビルも。たとえばloft、阪急デパートなども)色々考える時間にしよう、というコンセプトらしい。


Gvuiu38_
この芸術的オブジェになっているのは、アート系学生さんたちの作品だそうな。


私が見たのは19時で、ライトオフまで1時間。ちょっとそんなに遅くは帰れないので、あきらめましたが、キャンドルは十分楽しめました。


Vsgauhcf
灯りが消えた2時間。
ある人は省エネのことを考え、ある人は平和について考え、自分のこと、大切な人のこと、ちょっとスローな時間を楽しむ、、そんな感じでしょうか。


町の中に揺らめくろうそくがこんなにたくさん並んでいるのは、どこか現実離れした風景。
それにしてもろうそくの炎はいろいろなことを思い出させたり、考えさせたりするのにぴったりですね。
だれが考えたのでしょうか、こういう試み。


1hgtf4vb
阪急インターナショナルの横の道にもキャンドルの道ができています。




Phrkk7xc
そして、キャンドルのはいった小さいガラスの器に願い事を書いてください、とのよびかけが、、。


キャンドルには書きませんでしたが、心の中で願い事はちょっとだけ唱えました。


こんなイベントがあるなんて知りませんでした。
夜になると街が灯りの洪水になる大阪だから、なおさら意味があるのかもしれません。


先生のキルト作品展

日曜日、10数年来私が師事しているキルトの先生の作品展のお手伝いにいってきました。
お手伝い、、といっても、見に来てくれた方に説明したり、記帳してもらったりするだけなのですが。

この日は、たくさんの方が見に来てくれました。


4dk4khxi
記帳コーナー。
この額入りのサンタさんも先生の作品です。




I4bp6k6g
先生(右)と一緒に作品の前で。
顔を隠したらブログ掲載もOKとのことでのせてみました。


最初キルトを始める時、何人かの先生の作品をみせてもらって、この先生の色使い、センスがいちばん自分の美意識に近かったので、お願いしました。
もう12年近くたちました。よく続いていると自分でも思います。

大作製作中は、しんどかったり、スランプになったり、しばらく見たくもないときがあったりしますが、なんとか完成できたときの喜びはかえ難いものがあります。
その瞬間を味わうために作っているのかも。
で、できてしまった作品は、わりと気軽に人にあげてしまったりしてしまいます。

うちの先生の真骨頂は、実はキルトではなくて、”布絵”にあります。

布をご自分で染めて、絵を描くように、裏に薄く綿をいれて土台の布に縫い付けていきます。それに刺繍を施したりもします。


Lpluyhza
布絵の展示です。
ただし著作権とかの問題もあるので、遠景だけ、で許可をもらいました。


それぞれに詩的なタイトルがつけてあって、(夕轟き、踏青、紫の思い、風の語らい、、などなど)額に入れて飾ると水彩画の絵でも飾っているようですてきなんですよ。


Om96djiu
ただし、これはテクニカルにはちょっとむつかしいので、やっているのは先生ともう一人のお弟子さんだけです。
私はパッチとキルトだけで、、。
(^ ^;)




Pq_a8a9o
作品をはがきにしたものを買ってきたので、これをアップでのせておきますね。


少しでも本物の作品の雰囲気がでれば、、と。

最近ちょっと手作りさぼり気味でしたが、先生の作品展でまた、モチベーションあがってきました。
がんばろう!