フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 心茶会錬成茶会/黒谷西翁院 | メイン | ねこ風呂? »

2007年11月27日 (火)

町家ティールーム・岡崎 京都生ショコラ

お茶会の後は、岡崎まですぐそこだったので、前から気になりつつスルーしていたオーガニックティールーム、京都生ショコラさんへ、行ってみました。


Aqd9cobo
これも古い町家(仕舞屋)を改修して、生チョコの工房とティールームにしてはります。
緑に囲まれたたたずまいがすてきです。



ここはわりと有名でガイドブックにもよくでていますが、実は岡崎の家のご近所なんです。
引っ越した暁にはよく利用させてもらう事もあるかもしれません。


Nxkiwgct
表の戸をくぐり、路地にはいると、おっ!でかい犬が、、。



U2lf2wkn
ちょっと背中をなでても、少し顔を上げただけで、お休み中。
君、営業部長?なら、もう少し愛想してね。



玄関の三和土のところで草履を脱いで、ふすまを開けると4畳半、六畳、六畳の町家の造り。


Wlxttvkt
4畳半は炉が切ってあり、お茶室にも使われていた模様。
これは表の庭です。






Y0x5npc5
大きな骨董とおぼしき丸テーブルの席に案内してくれたのは、シェフの奥様のカナダ人、シェリーさん。
(実はCDも出してるシンガーだそうです。)






2ahsspdv
奥の間です。
他のお客さんのお膝の上にはトラ猫がまったりしてました。


ここのシェフはニューヨーク領事館のシェフをされていたそうですが、生チョコのおいしさを伝えたい、、、と、生チョコ工房をひらく事を決意。
奥様のシェリーさんが日本文化に興味があり、町家で日本の伝統的生活をしてみたい、とのことでこの町家をお店にしたとか。





Svxzewhh
奥の坪庭です。
なんでも水琴窟まであるとか、、。


カフェだけでなく、ランチもいただけるので、片言の日本語でシェリーさんがすすめてくれたインドカレーを注文。


Bbmutioj
まずはアペリティフとしてご自慢の生チョコが。
口に入れるといったんひやっとして、次にとろっと溶けて、しかもどっしりした腰のあるカカオの味が、、。
う〜ん。さすが〜。



Hp1jucsa
カレーも盛りつけがさすがシェフ!上等なフレンチのディナーみたいです。heart





上に乗ってるレンコンの薄切りチップスがおいしくて、早速家で作ってみました。
お腹も十分満足できる量でしたよ。


Rcuczpnr
食後の飲み物はタンポポのコーヒー(ノンカフェイン)をチョイス。
ちょっと煎じ薬みたいな味でしたが、スパイシーなカレーの後にはぴったり。


これをのみながらまったりしていると、新しく入ってこられたお客さんが、私と同年代くらいで、お一人だったので、ちょっとお声をかけてみました。

大阪の方で、30年前、この辺りに大学生として下宿していたとの事。(私も!)
やはり真如堂の紅葉を見にいらして、懐かしくて30年ぶりに下宿の周辺をぶらぶらしていて、ここを見つけたそうです。
子育ても終わって、やっと一人で出歩けるようになりました、と。う〜ん、私と偶然にも一致することが多くてびっくり。
あのあたりの豆腐屋さんは30年前のままやね、とか、あそこは新しいけったいな建物が建ってた、、そうそう、、、などとつい共通の思い出に話がはずんでしまいました。smile

そして、ちょっとだけ足を伸ばして未来の我が家へ。


Ehcr1fko
どうです?ちょっと前まですごいジャングルだったけど、→http://blog.kansai.com/cheruprifre/155 手を入れてさっぱりしてました!




京都生ショコラ:京都市左京区岡崎天王町76−15
            075-751-2678
  

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/13869825

町家ティールーム・岡崎 京都生ショコラを参照しているブログ:

コメント

こちらのお店、チョコ好き(というかチョコ中毒にちかいかも)にとってはいってみたいなと思っていました。図書館に行くついでにいってみます。ランチもあるんですね。あのへん、お昼に困ってますし、これはうれしい情報です。どこかお友達のおうちによばれたみたいな雰囲気ですね。ところで、しぇるさまのお宅、すごいさっぱりしましたね。このエントランスも、ガーデニングをなさるしぇるさまならば、いろいろ楽しめそうですね。将来、どのようになるのかが、人様のお宅ながら楽しみです。

定番メニューは少ないのですが、日替わりでいろいろやってるみたいですよ。生チョコ一筋、、と決めても、シェフだったころの血が騒ぐのでしょうかね。smile盛りつけがほんとすてきだし、おいしかったですよ。生チョコ1つと飲み物付きで1250円でした。お一人でもくつろげますが、間口が小さくて、奥が見えにくいので、最初の門をくぐるまでちょっと不安になったりする方もおられるようです。図書館帰りのアカデミックに興奮した頭をクールダウンするのにぴったりの、ほっこり感が味わえることうけあいです。

コメントを投稿