フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 2007年8月 | メイン | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月30日 (日)

秋の夜長は手作りを、、、。

陽が落ちるのが早くなってきましたね。
気がついたらもう外は真っ暗、ということも。

さて、先日香月さんで買った→http://blog.kansai.com/cheruprifre/151 縮緬の兎人形のうさこの独白。(変な京都弁もどきをしゃべります。)


Mryajtrr ”お母はん、やっと帯作ってくれてん。
赤い絞りの帯揚げもつけてくれてんよ。”



”実は、うちに従姉妹が二人もできてんよ。
ばーにぃちゃんと、めめちゃんいわはんねん。
二人の お母はん、うちを見て、型紙もなしにチャチャッとつくらはってんて。lovelyhttp://blog.kansai.com/42nahcuy21/534
それにばーにぃちゃんとめめちゃんの着せ替えの着物、もうぎょうさん作らはってんて。ええな〜。heart
うちのお母はんは、ちょっと不器用やさかいな〜。shock当分新しい着物はできひんと思うわ。”


う〜ん。京都弁というより、じゃりんこチエがしゃべってる感じやな、、shock


C2ptvgvl

”うちの後ろ姿、どうどす?”



さて、うさこと一緒に買った着物の端切れを貼ったクリップ。着物を着た時の髪留めにしていったのだけれど、歳のわりにはハデとちがう?といわれまして、、、。
ならば!とクリップだけ買って来て、自分でシックなのを作ってみました。smile


Gbfke1lt 一番下のが、買った物。
上2つが作った物です。


年相応の柄になったと思いますが、、??


C0gfbrs5

飾りのチェーンはひところビーズ細工にはまってたころの残り物を利用してみました。



ショートヘアなので、着物を着た時アップに出来ないので、かんざしとかさせないのが残念だったけれど、このクリップで少しはかんざしの雰囲気を楽しめるというもの。smile

S2spqoxs



作り方は簡単。
Xtgkw2t2 この布用ボンドとピンセットがあれば。


クリップにボンドをつけて縮緬をはりつけ、余った所をカットして、内側に折り込むだけで本体完成。
オリジナルはクリップに穴をあけて、飾りをぶら下げてるけれど、穴をあけるのはむつかしいので、今回はクリップ内側のばねのところにチェーンを通しただけで、できあがりです。


87uxm8tr


私が手作りをしている時には、必ず近くにきて監視体制に入るシェルです。
”今度は何作るの〜?”


2007年9月28日 (金)

スーパージャングル

さて、今回の京都行きは、俵屋さんだけでなく、両親を岡崎の家に連れて行くのも目的でした。
前回行ったときもそうでしたが、あのころの雑草がジャングルとすると、 →http://blog.kansai.com/cheruprifre/88
今回は暑〜い長〜い夏のせいで、無秩序に茂りまくった今の庭は
スーパージャングルsign01

通りから入った路地を前進するのは、さながら密林を切り開きながら進む探検隊の気分。shock
背よりも高い雑草を、折りながら進むのだが、なかには棘をもってるクセモノもあって、つらい作業。


4fcmeynd 両親もあきれ顔です、、、。


建物にもみっしりツタがはっています。

Kahhzfvk 舞良戸も、ほっとくと覆い尽くされてしまいそう、、。




Bckzovbj そして、奥の庭は!!


もうこれはほんまに超ジャングル!
地面なんか見えません。降りる気にもならず、茫然自失。

仕方ないので両親には家の中だけみてもらうことに、、。

ただし!
なんと家の中まで、植物が入り込んでいるでは、、、。
Eos9m8_c


さすがに、マズイ!超マズイ!

きっと隣近所もすごく迷惑してるだろう。
雑草のものすごい繁殖力を甘く見たことを深く反省。sweat01sweat01

早速10月になって業者さんを手配する予定。
これはもう素人の手におえる範疇を超えてるわ〜〜〜shock

ちょっとだけうれしいのは、諸般の事情で当初2011年京都へお引っ越しの予定が、1年ほど早くなりそう。2010年春をめざしています。

2007年9月25日 (火)

俵屋旅館〜その3:小さい気遣い

俵屋さん最後のブログです。(^o^)

ここでは小物やちょっとした気遣いがすてきな雰囲気を盛り上げるのに役立っています。


Co7q2wlb 例えば、このなんでもないひきだし。

     ↓
2kawy67u 開ければ、この通り、TVがかくれていました。


そういえば、TVないな〜と、思っていたら、、、。
確かにむき出しでおかれると数寄屋の雰囲気は壊れます。




Nhnhwy7j そして、棚の上のこれは?

                  ↓
Pqmcj8cx そう!電話機。



Vh91upfs おまけにエアコンの姿が見えないと思ったら、
天井裏にうまくかくされています。
目立たない吹き出し口がこれ。


無機質な機械ものはなるたけ目立たぬよう、工夫がこらされています。
ただし、エアコンや電気のスイッチがどこにあるかわからず、ちょっと往生しましたが、、、^ ^;


F3yw0cpo 棚にさりげなく置かれたこれは?

       ↓
9utwssdk ソーイングセット。
かわいい!購入可です。




Vkfezr4k さらに廊下の消火器までおしゃれな和紙でカバー。
これもなんとなくかわいい。
こういうアイデアもありなんだな。
インテリアの参考になりました。



Uecs_06p トイレのウォシュレットのコントローラーも目立たぬタイプ。
ただし、これもどうやって流すのか初めわからなかった、、。



Kcfj4byt 光の加減でかすかに自己主張せず、さりげなく美しい唐長の唐紙。
双葉葵です。



Jgek6qsn 評判の麻の寝具。
肌触りがしゃきしゃきして抜群に心地よい。



Mcrhgrmz 朝は新聞とともにおめざのしぼりたてオレンジジュースかヨーグルトが。



7avkcd5o 部屋に置かれたお茶セットはまたしても和紙でくるまれたかわいいお茶缶。
それぞれほうじ茶、煎茶と2種類そろえられているところがまたうれしいです。



7ef5ydax 最後に記念に、と俵屋ふきん、いただきました。
有名な俵屋石けんはお風呂からお持ち帰り。


と、まあ、すみからすみまで楽しめた俵屋さん1泊でした。
財布が許せば、何泊もしてみたいものです。

とりあえず両親も喜んでくれてよかったsmile

はい、これで俵屋シリーズ完結です!

俵屋旅館〜その2

さてさて、見所満載の俵屋さんの話は続きます。


E9b3w0la 前回もちらっと写真をのせましたが、もっとはっきり見えるものを、とのせてみました。

日本建築の中で、最も美しい物の一つだと思う掛け込み天井です。木の善し悪しは知識がありませんが、ここのは野地板が柾目で、端正な感じです。


L3uvhuxa お風呂は高野槙だそうです。
戸をあけたとたん木の良い香りが、、。


この風呂桶を白いまま維持するのはじつは大変で、毎日の掃除は男衆さんがしはりますが、何日かに一回は“洗い屋”さんという職人さんが、特殊な道具や、にがりなどを使ってきれいにする、と村松友視”俵屋の不思議””に書いてありました。こんな職人さんがいるなんて知りませんでした。


さて、お楽しみのお食事は噂に違わず、おいしかったですよ。なにより器が、、、焼き物も漆器もす、すばらしいっ!


Wqmmu_y2 重陽にちなんだものとして、杯に菊の花弁が2ひらはいっています。
すてきな演出です。

もちろんこれでお酒をいただきました。
長生きできるかな??


Qt1zdcgm そしてこれは煮物碗の蓋!

外は朱色の普通の碗ですが、蓋をとるとはっとしました。
月とすすき。今月しか使えない贅沢なお椀です。
写真には写ってませんが、煮物もお椀に白いまんまるなしんじょう(漢字がわからない、、)。これも満月の趣向です。


U2elett4 デザートは無花果のワイン風味コンポート。
さわやかな甘さで、香りもよく、早速これはまねして家でつくってみました。(意外とうまく作れた!)



さて妻!様からよいおもてなしとは?というコメントをいただき考えてみました。
ものを頼む時、気安く頼みやすいか、気を使わなければならないか、がひとつのポイントだと思います。

両親は高齢なので、食事の時間や起床の時間など、気を使って欲しいと思う時に、客が立て込んでいるのか、すぐに食事を下げに来たり、あわただしく食後すぐにふとんを敷きに来たりではたまりません。
俵屋さんでは、こちらの要望を気持ちよくきいていただけました。
出発の日、先に出かけないと行けない私でしたが、安心してスタッフの方にあとから発つ両親のことを安心しておまかせできました。


夕食の後、ちょうどお月見のシーズンで、うまいこと十二夜の月がきれいなので、新館屋上でのお月見のおさそいをうけました。


G4ngh53a 屋上なのに、藤棚や植え込みなどもあって坪庭という雰囲気の中、お月様へのお供え物として、栗やら芋やら飾られています。


まわりは残念ながらビルの谷間ですが(景観論争を思い出しますね。京都市は後手にまわりましたねangry)お月様はきれいに見えて、満足。
ここでまた、月見酒がふるまわれます。
現代人が忘れていた古い良き習慣を思い出させてくれました。あわただしい日常を忘れ、非日常の世界を楽しませてもらいました。


俵屋さんでは、各部屋の他にだれでも利用できる、共用スペースがいくつかあります。


J8qbaixu ここは図書室。日本の伝統文化に関する本がたくさん置いてあり、ゆっくり座り込んで、読書もできます。



壁はすべて和紙でおおわれ、入口や天井に角はなく、すべてまるみをおびて作られ、天井も低くおちつく不思議な空間です。たしか繭を連想させる名前がついていましたが、たしかにそんな感じ。数寄屋造りの旅館にこんなスペースがあるなんて嬉しい驚きです。



当代の御当主の亡きご主人は半分アメリカの方でカメラ芸術をされていたそうですが、その書斎は開放されていて、インターネットなど、ここで使えるようにされています。


B2o1s_yu 座り心地抜群の椅子はそのご主人が実際おきにいりだったもの。
すわってるのは私の父ですが、、、^ ^;



Cjviusnt ここもおちつく空間で、旦那に写真見せたら”こんな部屋ほしい”と、うらやましがっていました。


たしかにこんなスペースで、お気に入りの椅子にかけ、旦那の好きなクラシックのCDなど聞けたら、、、、。
中年男のロマンやね〜。


というわけで、次は”ちょっとした工夫”編に続く、、、、

............ To be Continued Again!

2007年9月23日 (日)

俵屋旅館〜その1

日頃なかなか実家に帰れず、親孝行もしていない。
それを埋め合わせるってわけではないけれど、今回両親をつれて、京都は麩屋町、俵屋さんへお泊まりに。

結構なお値段ですが、
”え〜い!冥途の土産じゃ!”(^ ^;)
と、ばかり、、。

E1dkuuus 母は足が悪く、車椅子なので、京都に来てもどこにも行けないので、岡崎の家を見るだけで、あとは俵屋さん自体を楽しもう!
という計画。



なんといっても、旅館のスタッフ皆さんが気持ちのいいこと。母にハンディがあるから、よけいにそのおもてなしの心がわかります。
(NHK連ドラ”どんと晴れ”思い出すな〜^ ^)


I3i049pv さて、玄関を入ると別世界が広がり始めます。



Ibozq8qx 沓脱ぎ。
右端の車椅子は母の物。
出かけようと、このあたりにくると、すっと男衆さんがどこからともなく現れて、すかさず履物をだしてくれます。



玄関には萩の絵の屏風、その前に兎の人形をのせたお盆がありました。
室礼は季節ごと、旅館中全部変えはるそうです。
今月はお月見、重陽ですね。


Ms28ke3k 入ってすぐの坪庭には重陽にちなむ菊の舟が、蹲いに浮かぶ趣向。



_uqk9nom 菊には着せ綿が。



最初俵屋に興味を持ったのは、村松友視”俵屋の不思議”を読んでから。
俵屋が維持していけるのは、さまざまな職人さんの存在あってこそ、という。
畳職人、唐紙職人、数寄屋大工、建具職人、左官さんから、風呂桶洗い職まで。京都にしかいない、京都だから需要があって、残っているという職人さんたちの縁の下の支えなしには、俵屋は老舗旅館ではあり続けられない、、。そんな本だったと思います。

たしかに、こういった職人さんが激減したのは、需要がないから、なんですね。
われわれが家を建てようと思うとき、和室はいらない、洋風でフローリングで、というのが主流なこのご時世、こういう職人芸は京都以外では絶滅危惧種なのかもしれません。
(京都もそろそろ危なくなってないか??)


1r31ogrr とおされたお部屋は京間の12畳と6畳のつづきなので、広い!
なんだか両親がへやのまんなかでポツンとしてますね。

夏の名残なので、畳には網代に編んだ(材料不明ですが、葦ではありません)敷物が敷かれ、足の裏が冷たくて気持ちがいい。
建具も簾などまだ残暑の室礼です。


Bhjomdd9 早速、おいしいと評判の俵屋自家製わらびもちがでてきました。
とろっとしてて、甘さ控えめ、おいしいです。
昔は茶洛さんのをだしてはったとか、、。




Vwh42vob 部屋はよく手入れされた庭に面して、とても開放感を感じます。
青い紅葉がきれいでした。


部屋の中の照明は一段暗くしてるので、よけいにお庭が映えるのは、町家と同じで、陰翳礼賛の世界。


4uudlyqp お庭に出ることもできます。



Bw4edxz0 庭と部屋をつなぐ三和土のスペース。
日本建築のよさはこれですね!下はナグリの縁、天井は掛け込み天井。
美しい!!


煙草盆、水差しの載ったテーブル見立てのおおきな壺。
縁には絣の小座布団。
お水用のガラスコップもオリジナルでかわいい。(購入可)


Svyabp38 ナグリの縁のアップ。鉈目が美しい。
これも職人技ですね。
足触り抜群です。おもわずスリスリしたくなる、
しわくちゃの手は母の。



Lphcay_i 書院のお床


多分信楽の大壺、時代物。
大振りの壺にもこういうふうに楚々とすっきりと生けられるのですね。

俵屋では、月次(つきなみ)といって、各部屋の掛け物も月、季節で変えます。どの部屋にどんな掛け軸がかかっているか一目で分かる一覧表によると、このお軸は伝小栗宗湛、室町時代の物らしいです。
他のお部屋には小堀遠州だとか、狩野なんたらとかのお軸も掛かっているらしい。
こういう物を所有しているってことが格式の高さなんでしょうね。保管する場所も必要だし。



A965orvk お花は、桔梗,秋明菊、矢筈ススキ、あと紫の小さいのは不明。
こういう生け方をするのはセンスがいるのでしょうね。
お花は習ったことがないのでわかりませんが、すてきです。



さて、さてまだまだ楽しい俵屋さん、後日に続きを、、、。

    ...........To Be Continued!smile

2007年9月19日 (水)

町家ウォッチング大坂篇11/アンティーク着物・小物 香月

先日の縮緬小物屋さんで、思い出した。
大阪中崎町にアンティーク着物、小物のお店、香月(かつき)さんが引っ越して来たのを。

香月さんは昔、浮田町(中崎町の一つ東の町)にあって、

45exq28l この紫色のきれいな幕を、町家を改装したお店にかけてはりました。


いつも通る道のはたにあって、気になっていたけれど、なんとなく、入り損ねていたの。

そのうち、ちょっと北の方に引っ越しされて、店の前を通ることも無くなってたんだが、この8月、私のお気に入り、ディープ中崎町、うてな喫茶→http://blog.kansai.com/cheruprifre/68や、カフェカリエンテ→http://blog.kansai.com/cheruprifre/134
があるエリアに引っ越してこられました。

これは行ってみなくては!

お店はやはり古い町家ですが、外見はコンクリートで覆われる看板建築ってやつ。


Zyllyrya 入口が小さくて、ちょっと入るのに勇気がいりそう。
香月の名前が昔の飯炊き釜の蓋、というのが(^ ^)



I1mmbzpb お店の横の壁には、ざるがかけてあって、それに朝顔がまきついて、いい感じです。


さて、ドアをあけると、店主さんが、”いらっしゃい”とにこやかに、、。同年代っぽい感じにちょっと安心して、色々お話をきく。


_ewlnhc3



中は天井の低い、懐かしい感じのお家。
おばあちゃんの家に来たような、、(実際そんなおばあちゃんの家は実在しなかったんですが、、、)


W7q7dafm アンティークな箪笥がさらにその雰囲気をもりあげますね。



Jmxistza こおいう箪笥や鏡台は実家にいまもあるよな〜。



店主さんによると、浮田町の店が手狭になったので、移転したが、そこが立ち退きになって、ここに越して来たとのこと。
この家も長いこと空き家になっていて、なかなか家主さんが貸そうとしてくれなかったのを、頼み込んで、やっと借りれたそう。店主さん、もともとこの辺りの人だったのでなんとか貸してくれたらしい。

ここ、中崎町はたくさん町家を改装した店があるけれど、ほとんどが2〜3年契約で、契約切れの後は次々壊されることが多いらしい。
”昔は10年契約が普通だったけどね〜”と、家主さん。
なにせ梅田近くの一等地、地価高いし、相続すればしたで莫大な税金がとられる。で、売却、、、と。

いずれ、この中崎町のなつかしい町並みも消えていくのかもしれない。
京都みたいに町並みが財産、というコンセンサスないものな〜、大阪は、、、。悲しいけれど。


Hgqqajoq 店の中はアンティーク着物や、端切れで作った小物がたくさん。



空き家時代が長かったので、改装は費用がかかったとのこと。特に電気系統はみんな取り替えが必要だったらしい。(昔の電気製品に合わせて、小さい電力にしか対応してなかった。どのくらい昔だったのかしら??)


Et8zu1bg なるたけ、昔の家の雰囲気を壊さないように、と建具にも気を使ったそうです。
このガラス戸は店主さんのお家にあった古い建具をサイズを調整してはめこんだとか。
(京都にも古い建具専門店ありますね。)



3vzcxyx8 このガラスわかります?
すこし向こうの景色が波打ってます。



この波打ちガラスは昔の手作りガラスそのもので、かつては波打ってると、安いガラスだったんだそうな。
この波うちは機械ではつくれないらしいので、今となっては貴重品といってもいいでしょう。


Sxe8pgfq こちらは小物コーナー。


これは一つ一つ、店主さんがひとりでコツコツ手作りしたもの。


Ehbpkoif

髪飾り、ブローチ、帯留め、ストラップなどなど。


W4ee48zl こちらはポーチやバッグ、お人形など。


これだけたくさん作るのはとっても時間がかかったことでしょうね。私も頑張って、自分で作れるポーチなど仕上げなければ、とやる気がでてきました。

自分では作れそうも無いからと、

Irawwn64 香月さんで買った品々。



兎のお人形(着せ替え可、で替えの着物も売ってはりました。)、仔猫のブローチ(兎の膝の上)、胡桃のからで作った針山、布でくるんだ髪留めクリップ、左の花付きクリップは、おまけでいただきました。
みんな、かわいい!!lovely


Dre0qxyx 髪留めクリップの使い方。
どお?これ。着物を着た時に似合わないかしら??


2007年9月17日 (月)

縮緬細工

宝塚阪急の催し物コーナーに縮緬細工のお店が出ていた。

Cppk354g 近くで撮れなくて、遠景になりました。
スミマセン。

おっちゃんの背中についてるのも縮緬細工のブローチ。
は〜、こおいう紋みたいな使い方もすてきやね。


かわいい縮緬で作ったお人形や、ブローチ、バッグ、携帯ストラップなどなど、、、。
下げもんもあります。中央の上段に写ってるんですが、見えるかな〜?

さすが、プロの仕事なので、きれいでかわいい。
最近はこういう古い着物の端切れでお細工もの売っているのを良く見かけます。

着物の柄を見るのはとても楽しい。特に古典柄が好き。
着物を数々みるのは、たいへんだけれど、こういう端切れでも、十分楽しめるので、思わず、みとれていました。

アップの写真が無いのが残念ですが、このお店、細工物のセンスがとてもいい、と思いました。

でも、お値段は結構しますね。(^ ^;)

で、プロの技、は無理にしても、ちょこっとデザインや、仕立てをチェックさせてもらって、売っていた着物の端切れセットを買ってかえりました。


N0xcojvo どれも年期のいった、端切れですが、懐かしい柄もあって、このセットを選びました。



複雑なのはできませんが、ちょこっとしたポーチなどこれで作る予定。(あくまで予定)shock

着物としての役目を終えたあとも何らかの形でこの布達をいかせますように。

着物(仕立て直し、染め替えで何代か)→布団、座布団カバー→雑巾

昔はこういうリサイクルが当たり前だったようです。
我が身を犠牲にして絹糸を吐いてくれたお蚕さん、布へ変えてくれた織り手さん、染め屋さん、などなど、携わったすべての人への感謝の気持ちを忘れないように。

2007年9月15日 (土)

娘のBIRTHDAY

Wuwvbikg
今日は娘の誕生日。もお、25歳!
昔ならお肌の曲がり角、娘がそれなら私は曲がりきって一回転したところか、、、。shock

でも、遠い北海道にいるので、ケーキとか買っても食べさせてやれないので、(自分好みのsmile)イチジクのケーキ(フーケの)を買って来て、画像だけ送ってやった。

これはいつもの彼奴の手だ。
母の日と言っては、カーネーションの画像だけ、誕生日もケーキの画像だけangry送ってくる。
(なんにもない息子よりマシだが、、)

だから今回お返しに、ケーキの画像だけ送ってやった。

すると、”つぶれかけたにぎり寿司かと思った。”と、メールが、、、。
本人を悔しがらせるにはいたらなかった。一枚上手だ。

しかも、北海道と言えばお菓子は六花亭。ここの本店は誕生日に行くと、バースデーソングを歌ってくれる。
ここのケーキを前に、しかも彼氏といっしょらしい画像を送ってきよった!

こっちの方が悔しい!!angry


でも、とにかく、4半世紀、無事それなりにまっすぐ育ってくれてありがとう。
あんたを生んだときの病院の情景はいまでもはっきり目にうかびます。

あとは、はやく孫を見せてくれ!?

お茶のお稽古9月14日

風炉の季節もあとわずか、なのに暑いsun
だからお稽古のために着物を着るのも一苦労。
クーラーがんがん効かさないと、着終わった時には着物が汗ぐっしょり、、、、ってことも。


7skpzfmp 本来単衣の季節ですが、とてもとても暑くて、、、。
まだ薄物でいいか、、、、。



これは背の高い友人にもらった薄物。
彼女は背が高いので、古着で買ったらしいけれど、あまりの短さに、おはしょりが出ず、対丈になってしまったらしい。
小柄な私が着ても、おはしょりぎりぎりです。
しかも袖幅も短いので、襦袢の袖を安全ピンで上にあげてます^ ^;


Hnxgbzht 帯はこの季節にしか締められない秋草模様。


これは京都の縄手のちんぎれ屋さんで買った古い帯。はじめテーブルセンターにでも仕立て直そうと思っていたのを、締めてみると意外にいけたので、そのまま使ってます。汚れ、折り癖などけっこうありますが、それなりに、、、、。


Qnnh6oow 本日のお花
ヤマブドウとフウセンカヅラ


フウセンカヅラは種がかわいいですよね。
(まるっこい黒い種でハートマークの白い部分が、お猿の顔みたいに見える。)


Ysr_zvej この籠をつりさげてる金具に注目!

ツタにつかまった手長猿さんが長い手をのばして籠をつり下げてます。ヤマブドウの実でもとりにきた、という風情が秋ですね〜heart


Z2hcwoua 先生のお宅の玄関にあったトンボの香合


塗りの笹舟の上にちょこん、ととまっている蜻蛉。
これも季節ぴったり!



T6iame42 お菓子はきんとん。
銘は”萩の宿”


今うちの庭にも萩は盛りをむかえてます。

今日は茶箱、月点前の2回目。器据(きずえ)を使ったお点前は、ちょっとややこしいけれど、見た目もきれいで楽しい。
茶箱は一つでも順番をまちがうと、あとが合わなくなってしまうくらい完成した、よくできたお点前だな、といつも感心。
茶箱のお稽古は今年はここまで。来年は是非御所籠点前まで習いたいものです。

2007年9月10日 (月)

久々に手作り

昨夜はすごしやすく、今朝もちょっとだけ秋の気配を感じました。、、、、なぜなら、私の鼻がそう教えてくれるの、、、。鼻アレルギーの季節が来たっ!って、、、。

春の花粉症は有名だが、私の場合は秋の方がひどい。まだ花粉症という名前がポピュラーでなかった子供の頃から、世間では清々しい季節というころに、いつも鼻がかゆい、喉がかゆい、目がかゆい!という思い出が。

暑い夏が去るのはいいけど、またこの季節1ヶ月ほど悩まないかんのね。(ToT)

さて、それはともかく、帰省していた(”寄生”と変換されて大笑い。あたっとるがな)子供達も大学へ帰って行き、ちょっと落ち着いた時間が取れたので、ここのところご無沙汰してた手作りを復活させました。

手作りもんの“師匠”と密かにおよびしているばーばん様、パッチワークのみならず、ぬいぐるみやレース編みなど、思いついたらチャチャッと作ってしまわれるnnya様には、とおく及びませんが、不器用なりに楽しんでます。



Oyqgpl5l 旅行前にパッチだけ仕上げてほっておいたマット。


これもあまり使わないラベンダー系の布を処分するつもりで作ってみたのです。キルト芯をいれて、裏布をつけて、ミシンでダーッと縫っただけのかんたんマット。
用途はまだ決めてませんが、そのうち猫のお昼寝マットくらいに落ち着くかも、、、。


Xoz3chy0 これは失敗古帛紗。


化繊の金襴の布で、柄が青海波につぼつぼで、とてもシックなので、古帛紗に仕立てようとしたのですが、裁断に失敗!(ワサにする所をばっさり切っちゃったんだよね〜)
泣く泣く2枚重ねて、古帛紗もどき。
香合なんかを載せて飾るにはちょうどいいか、、、。
上に乗ってるのは中国土産の安物の使用目的不明容器。見立てで香合にできそう。


Nhdntjr4 これは上の古帛紗失敗、の残り裂れで似たようなものを作りました。


ちなみにこれは香合ではなく西洋のピルケースらしい。
蓋に乗ってるのはかわいいアオガエルです。


あんまり腕はあがらないけれど、実はパッチワーク歴は長く、10年あまり、先生のお宅に行って習っています。
もう10年になると課題はなくて、好きなものを作って、先生にアドバイスをもらうだけ、という感じです。

自分の感性だけで色合わせをしていると、思ったほど完成時に全体として見ると、うまく仕上がらないことが多いのです。
好きな色ばかりを使ったはずが、できてみるとメリハリ無かったり、おさまりが悪かったり、、。
それがパッチワークのむつかしいところで、まだまだ勉強しなければなりません。

その足跡というか、この10年でたまりもたまった、布の数々。
 ↓
Fru2u6no プラボックスにいれて、色の系統別に分けてますが、いざ使うとなると、足りなかったり、どうにも合わせようがなかったり、、、。


この年々堆積していく布をなんとかしようと試みては、かえって新しい残り裂れが増えていく、、、という悪循環に陥っています。

それで、ちまちました布が活かせるパターン(クリスチャンクロスというパターンです。)をたくさん作って、消費し、最後に何にでも合うグレー系の布でまとめよう、というプランをたてました。


Gltngy5i まだ始めたばかりではかどってませんが、、。


さて、うまく残り裂れを消費できるかどうか、、shock
やがてくる夜長の秋や、おでかけがつらい寒い冬はちくちく地道にがんばって、ブログにアップできますように、、、、。

年を取って、私が死んだ後に、
”もう、angryおばあさんはこんな使いもしない布をいっぱいためこんで、、、”とあきれられませんように、、、。



2007年9月 7日 (金)

高○屋、東西名匠老舗の会

毎年この季節になると、なんばの高○屋から案内状がきます。東西名匠老舗の会。

5zjheizi


京都と東京の老舗呉服店、陶磁器、漆器、竹細工、扇、お香などなどが、毎年同じ場所に出店するので、楽しみにしています。


5pnj_miw


着物はもちろん、お茶席や、和室のしつらいに使えそうな和の物を見るのはとても楽しい。
お高いものも多いけれど、お手頃なものもたくさんあって、べつに買わなくても、見ているだけでウキウキ。


Pinw1jms


今日は平日だったので、人だかりも多くなくてゆっくり楽しめました。

Zs1xiuet

 
そして、毎年覚えていて、声をかけてくださる東京の呉服店さんに吸い寄せられて、、、
オホホ、、、、また散財してしまいましたわ、、、。
(塩瀬の帯!買ってしまいました。仕立て上がったらまた締めたところをご報告します。)



44cuktk9 さて、もう一つの楽しみはお茶席。



会場の中に上手に前栽なども作って、お茶席にしてあります。今年は裏千家の社中さんの担当。


Pzxqswpv お菓子は
末富の織部饅頭、”武蔵野”



いつもは人が多いので、お点前の方から遠く、しかもお尻を向ける席なんかでしたが、今日はばっちり、真ん前に座れました。


Omlw7uer


点て出しの方の着物を拝見できるのも楽しみの一つ。
あんな着物いいな、あ、これもいいな、と早くも次の散財に向けてまっしぐら!(いいのか?これで?)


Seuhdd_s 床は
”無事是貴人”



Qcotycrg 香合は蟷螂。



カマキリはこの季節よく見かけます。産卵の時期=オスがメスに食われる時期が近いのでしょう。
地の赤がそんな季節のカマキリのイメージをよく表してるようで、すてきでした。


お茶をいただいた後はまた、ブラブラお店を見て歩き。


Wn_ih2fx ここはお茶の道具を扱ってるお店です。


早くも来年の干支、子(ね、ねずみ)の茶碗やら、香合やらがならんでいます。
そして!矢印に注目。


Fcmj8kxc これは、、、。^ ^;、、、
いくらネズミ歳といっても、そのまんまやんけ、、。
子供達には受けそうだけれど、、、。



お口直しに、重陽の節句(九月九日)にちなんだ置物。
菊の造花に着せ綿しているオブジェ。

Aiyd296j


一瞬本物の菊かと思ったlovely

昔の人はみやびな季節の楽しみ方をしたものです。
憧れるわ、、、、、。heart

2007年9月 6日 (木)

Fresa y Chocolate〜苺とチョコレート

毎度、懲りずにまたキューバネタですみません。

キューバで撮りまくった写真のメモリを失って、悔しい思いをしたので、忘れないうちにハバナの景色を確認しておこうと、単にハバナが舞台というだけで見た映画です。

内容は全然予備知識無かったのですが、見て”よかった”と、ほろりとさせる良い映画でした。
(ちなみに何年か前、ベルリン映画祭で特別賞をもらっていたらしい)

Bvhjlu7q


”苺とチョコレート”
タイトルは、キューバでは苺アイスクリームはゲイ=同性愛者が食べるもの、というところからきています。


舞台は80年代のハバナ、まだベルリンの壁が落ちる前。



恋人に裏切られ、おちこむ生真面目な革命・共産主義信奉者のダビド。カフェテリアで、彼の前にいきなり現れ、苺のアイスを食べてみせるディエゴ。彼は芸術、自由を愛するゲイで、以前からダビドに思いを寄せていた。
いきなり、一方的に思われ、さらにゲイ=反革命分子と偏見をもっているダビドは彼を毛嫌いして避けるが、共産主義青年同盟の友人から、反革命分子だから証拠をつかむため、さぐれ、と言われる。

再びディエゴに接近するダビド。
喜ぶディエゴだが、彼にダビドは条件をだす。
1)人前では話しかけないこと。
2)体に必要以上ふれないこと。

相手を探る目的で近づいたダビドだったが、次第にディエゴの芸術、文学、政治、音楽への深い知識と造詣、芸術を妥協無く愛する熱意、そして温かい人柄に触れ、偏見をすてていく。
ディエゴもまた、やけ酒を飲んで酔いつぶれるダビドに触れたい気持ちをぐっとこらえ、約束を守る。
町の本屋でダビドを見かけたときも、声をかけたい気持ちを押さえ込み、悲しい気持ちを本を握りしめることでこらえる。

そして二人が、かけがえのない友となった時、ディエゴは芸術を愛するがゆえの政府への反抗を理由に、国を追われメキシコに亡命することに。

出国する前、ハバナの美しい景色を胸に刻み付けるディエゴ。
”けれど、ほんとは抱いて欲しかった。”
そういう彼をダビドは自ら抱きしめ、二人は最後の抱擁をかわした。

以上あらすじ。

とにかく、ハバナの風景が美しい。古い、いやはっきり言って、ぼろだけど格調の高い建物が作り出す景色が美しい。海が美しい。
かえすがえすも写真のメモリが〜〜〜!angry

ディエゴの部屋として、旅行では見ることの出来なかった、その古い家の内部が見られたのもうれしかった。かんぬき一つでさえ、重厚な昔の造りで、アンティークな窓、鎧戸、ベランダも見所。

ディエゴが最後に景色を胸に刻んでおきたい、と言った気持ちがよくわかる。彼もこの国を、キューバの芸術を、愛しているのに、その国から追われるのはどんな気持ちだろう。切ない。

これは80年代くらいの話なので、まだキューバでは共産主義の熱心な信奉者も多かったし、政府の思想統制はもっときびしかったことと思う。
ところがこの映画みたいに体勢をちょっぴり皮肉ってみせる映画を作ることが許可されるのだから(キューバ、メキシコ、スペイン共同制作)、時代は変わって来ている、と言うべきか。
ポスト・カストロのキューバは要チェックだな。

最初ゲイを恥ずべきことと、毛嫌いしていたダビドが、最後の方でディエゴに言った冗談がとても気に入ってる。
 
ディエゴ:君は美しい。文学の才能もある。唯一つの欠点は
     ゲイでないことだ。
ダビド:完璧な人間はいないさ。


smile私はここで笑えたんだけれど、、、。
ダビドが、ゲイは恥ずべき性癖でもなく、ただその人の属性の一つにすぎない、と悟ったことがうかがえる一言です。

ただ、ダビドを演じた俳優さんがもう一つ、美声年といえなくて、、、。ヨーロッパ人はああいうちょっとエキゾチックな感じにひかれるのかな。
あれがガエル=ガルシア=ベルナルくらいの超美形だともっと感情移入できたんだが。

ディエゴの俳優さんは知らない人でしたが、澄んだ瞳がとても美しく、魅力的なディエゴを演じています。
ダビドに対する思いを自制するストイックなところ、芸術に対する政府の無理解に激高する所、最後に愛する国に追われる悲しみを切なく、切なく演じています。
彼のシンボルはヒマワリ(スペイン語でgirasol・ヒラソル)の花。映画の中でも効果的に使われています。


地味と言えば地味な映画ですが、CGてんこもりのハリウッド映画に飽きたあなたにおすすめ。
ハバナの町の美しさなら、この映画と”ブエナ=ビスタ=ソシアルクラブ”→http://blog.kansai.com/cheruprifre/133をおすすめ。堪能できます。


2007年9月 3日 (月)

初秋の庭

今日は、どこが9月?というくらい暑かったですね〜。shock

でも我が家の庭は、ちゃんと時巡って秋の準備が着々と進んでいるようです。


Hefu3pa3 そう、
もう秋明菊が咲き始めました。

 

秋明菊は強いですね。1株植えたらあっというまに大株になり、あちこちに衛星株が、、、。
ただし!白は生き残りましたが、ピンクはどこかいっちまったな〜。


Qkyhoyuh コムラサキシキブの実もほんのり紫に色づいてきました。


これもあんまり手間かけてないので、ちょっと実の着き方がしょぼい。よそさんのはもっとたわわに実がなってるが、、、。第一、葉っぱが虫に食われてなくなってるし、、、。


Zaxhvecx これはどこかから飛んで来たヤマユリ。

ある日見慣れない葉っぱが庭に生えてるな〜と思っていたら立派な白い百合の花に!
それ以後うちの庭で増殖してます。花はあまり日持ちしませんが、きれいなのでなんか儲けた気分です。


見て下さい。これがこの夏の酷暑を物語っています。
0fdtu6vc 無惨に葉っぱがチリチリに灼けてしまった山法師。

決して枯れているのではないのです。暑さで薄い葉がオーブンで焼かれたみたいになっているのです。
ちょっとの撒水くらいでは焼け石に水、、、だったか。

この山法師はほんっとに花をつけないので、この厳しい季節を味わった後、来年は”ヤバイ、ヤバイ。子孫を残しとかにゃ、、”と、学習して花をつけてくれるといいんですけどね。


Knojn0m6 真夏を乗り越え、元気なマリーゴールド。

この花の特徴のある強い青臭い香り、好きです。
このにおいを害虫は嫌うので、バラなんかのそばに植えるといいらしいです。


Ppmnax08 これは写真がちょっと、見にくいですね。

数年前にカミキリムシにやられて、枯れちゃったオリーブの木。
これに朝顔を巻き付けてオブジェにしよう、ともくろんだのですが、、、。
朝顔を植えるのがちょっと遅かったのと、株が少なかったのとで、ずいぶんしょぼいオブジェになってしまいました。
なんとか朝顔の青がみえますか?
来年はもう少したくさんの朝顔が巻き付くようにがんばってみよう。


Fl4viyth これも元気な虎の尾。いくらでもふえます。
近くで見ると、ハナムグリたちがせっせと蜜を集めに、花の中にもぐりこんでいました。


虫達も夏の最後に忙しそうです。


Flz78tbh 昨年の暖冬で生き残った去年植えた七色トウガラシ。


いつもは寒さに弱いので、枯れるのですが、今年はさらに大株に。
色の変化がたのしい植物です。

あとは、、、、すんごい勢いの雑草、雑草、雑草coldsweats02
もうちょっと涼しくならないと、草抜きもしたくないのよね。shock

年々、体力的に庭の維持はきびしいなあ〜と、言うのが正直な所。京都の家の庭はなるたけ面積を少なくしようと思います。枯山水的なのもいいなあ。苔の管理はむつかしそおだが、、、。
ターシャ=テューダーみたいに90歳をすぎても、広大な庭を維持管理できるのって、なかなか並みの人では無理ですね。だから彼女は偉い!んですけど。

2007年9月 2日 (日)

三宮のスペインバル”valmancha~バルマンチャ”

Gramioqf またまた久しぶりの神戸、三宮。
駅前のフラワーロードです。
ちょっと黄昏時。



Mpfe2kzy おおっ!
いつの間にか駅の真ん前に丸井が!
おまけに駅〜丸井直結の陸橋まで!
去年のルミナリエを見に来たときはなかったよな〜。

(nnya様のするどいご指摘がありました。丸井は2002年に既に出来てました。自分が気づいてなかっただけみたいです^ ^;)
  
神戸、くるたびに新しいビルが建ってるような、、、。
おしゃれなんだけどね。京都とはまた逆の方向で町の付加価値作戦かな。


今日は久しぶりに、やっと胆石の手術後、脂っぽいものも食べられるようになった旦那と、三宮でお食事。


場所は、三宮駅からフラワー道路沿い、港に向かって徒歩10分くらい、スペインバル、バルマンチャへ。


Wrrhdbfi 入口はスペインはラ・マンチャ地方名物、風車のモチーフが。お店のマークはこれに立ち向かわんとする、ドン・キホーテ。



Zwayypbb


実はここは出来たばかりで、まだスタッフも十分そろってないみたいで、慣れないスペイン人の旦那さんがあわてて出て来て、つたない日本語でカウンターに案内してくれました。
カウンターはマドリッドのバルのイメージで、土色のインテリアがほっこりします。

この旦那さん、私のスペイン語教室の先生のお友達で、ここは安くておいしい!と勧めてくれたので、やって来た次第。

もう一つ接客に慣れていないみたいで、日本人の奥さん(彼女がシェフみたいです)に、あれこれ指示されてました。
^ ^;


Eweuzvfi 椅子席の廻りはアンダルシア風のタイルの装飾が素敵です。



Cnqyn36r まずは、スペインのバルのお約束の生ハムとマンチェゴチーズ。


スペインを代表するマンチェゴは羊の乳のチーズ。あっさり系。
生ハムはイベリコ産で、イタリアのプロシュート産に比べると、どっしりとして、歯ごたえあります。


5skndtjx 飲み物はやっぱりお約束のサングリア

赤ワインをフルーツジュースで割って、林檎やオレンジなどの果物を香り漬けに入れたとても爽やかな、飲みやすい飲み物です。


Kixrfhc7 これは勧められた、珍味、干しマグロ。
ちょっと塩辛かったけれどマグロの薫製という感じ。
ビールならすすむだろうな〜。

上に乗ってるのはチリ産のナッツだそう。
固いけれど、後引くおいしさで、カリカリポリポリ完食!


旦那さんとスペイン語で片言会話。
”あなたのスペイン語は英語なまりだ”と、いわれた。
日本語訛りの英語しかしゃべれない私はどんなスペイン語をしゃべっているのか???謎だ。


C_8hdmvh これもスペインバルの定番、イカのリング揚げ。
スペインで食べたのより、脂っこくなくて、カリカリ感がおいしかったです。




Oan2kmwn これはスペイン風お刺身というかんじ。
サーモンやマグロなどの薄切りをトマトやオリーブオイルなどで味付け。

これだけ油を使ってるともたれそうなんだが、意外とどうもないのは、良質のオリーブオイルのせいでしょうか?


Wfaok6tx 締めのコーヒー。

大きいのは旦那のカフェコンレーチェ(ミルクコーヒー)
小さいのは私のカフェコルタード(ミルク入りエスプレッソ)いちいち好みを聞いていれてくれました。


Jlnzhne6 最期にフルーツカクテルでオシマイ。


お腹いっぱいで満足!
しかも安い!この雰囲気でこの値段はお値打ちでしょう。
神戸に行かれる節は是非おすすめ。朝7時からやってるので、ランチもいけると思います。


Eknh7yb_ お店はスペインの食材コーナーもあって、生ハム、チーズなども買えますよ。






Valmancha バルマンチャ: 
    神戸市中央区磯辺通4−2−8、田嶋ビル1F
       078−651−0084