フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 宝塚のかわいいプチイタリアンレストラン | メイン | 悉皆(しっかい)屋さん »

2007年6月27日 (水)

町家カフェjuenでなごむ

以前も記事にしましたがhttp://blog.kansai.com/cheruprifre/15
、最近職場に近いせいもあって、週1回は、まったり和みに行ってる大阪市北区浮田町の町家カフェjuenさんです。


Cwptnkln 戦前からの長屋の一画にあります。


D37yhlhl 入り口は引き戸で、ガラガラと開ける手応えがなんか懐かしい。最近はどこも洋風のドアですからね。



Wtm__n6d 入口近くのお気に入りの席から見た店内。


平日の昼下がりは他のお客さんも少なくて、お店の人ものんびり。で、ゆっくり本など1時間でも読んでいられます。中には8時間もねばったつわものもいたとか。
以前はスキー帽をトレードマークにしたオーナーさんが接客されてましたが、最近ははやって忙しいのか、バイトらしい若いお姉さんが接客。


A7_rcudp 店内のほの暗さが外の明るさがゆえに際立って、いい感じです。




格子を通して見える外の景色はいつもの見慣れた景色のはずなのに、ちがって見え、ぼ〜っと外行く人を眺めるのも楽しい。
このテーブルが書き物をするのにもちょうどいい高さなので、ちょっと勉強(スペイン語の予習とか、、、)^ ^;をしたりもしてます。


Kaisteod そしてこの季節によってしつらいを替える坪庭。



都会の中の家にあって、限られた狭いスペースでありながら、坪庭ってどうしてこう心惹かれる空間なんでしょうね。
スペインの家の中心、パティオ(中庭)も似ていますが、噴水なんかもあり、もっと開放的な感じ。
坪庭は内に凝集してる、という感じがします。盆栽と同じで。

まあ、つまりこの坪庭もぼ〜っと眺めるのにいい感じということで、、、。
(四六時中、ぼ〜っとしてるみたいに聞こえますね。^ ^;)




3meee8ts 今日頼んだキューウィーチーズケーキ。


齧りかけですが、、、。
自家製のケーキですが、どれもおいしいんですよ〜。

Sboh5mt5 お皿も、ここでたまに展示会をしている若い作家さんの物だと思います。


とてもユニークな形。


Rkfafxez
ここはもともとすごくたくさんの種類の、あごが外れそうなくらい分厚いサンドイッチが売りです。これも食べかけで失礼!


最近サンドイッチを注文するとスタンプカードにスタンプ押してくれるので、つい集めてます。smile



トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/13869203

町家カフェjuenでなごむを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿