フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 薔薇の5月 | メイン | いえみせKocoro/中崎町 »

2007年5月14日 (月)

森見登美彦「きつねのはなし」/京都が舞台の奇譚集

この作家は知りませんでした。
「京の骨董店を舞台に現代の百物語の幕が開く。」
というコピーにひかれて手に取ってみました。


Uxrqmov6 きつねのはなし


ぱらぱらとページをめくると、吉田神社の節分祭、とか、一乗寺の古道具屋、とか、北白川の下宿とか、鷺の森神社、叡山電鉄、etc.etc...私の昔の生活圏で、よ〜く知ってる地名がいっぱい!
というのに感激して買ってみました。

作者は京大農学部在学中に日本ファンタジーノベル大賞を受賞して作家活動に入ったらしい。
どうりで、京大周辺、京大生の下宿が集中してるあたりの地理にくわしいはずだ。
年表からみるとまだ20代の若もんですね。

で、この作品だけれど、いうなれば京都の(いや、左京区限定だけれど)パラレルワールドにおこるあやかし奇譚とでもいうべきかな。
この周辺をよく知ってる人にはたまらない。
例えば、荒神口(近衛通と川端通りの交差点)にかかる荒神橋はよく通った橋で、なんの変哲もない橋だけれど、この話の中ではいうならば、この世とあやかしが跋扈するかくりょ(幽界)との結界になってる。名前も実際の荒神橋を知らなかったら、なんとなく”荒神”って、怪しい感じがしますものね〜。

薄暗いほこりくさい骨董屋が狂言回しの舞台となって、琵琶湖疎水掘削の歴史のなかで知らぬ間に封じ込めてしまっていた水神の話や、いつもは人気のない吉田神社が1年に1度だけ節分のときに、夜店連なる幻想的な別世界になるなかでおこる不思議な話など。

京都はほんとに小さな通りや場所に特別な名前がついているので、京都を知らない人でも、地図を頼りに読んでいくと面白いと思う。

この作者はこういう話が得意なのかなと、思っていたけれど、最近は”夜は短し歩けよ乙女”という恋愛小説もお書きだとか、、。ロマンスものはあまり好きではないけれど、これも京都が舞台らしいから、頭の中の地図をひろげて読んでみようかな。



トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/13868965

森見登美彦「きつねのはなし」/京都が舞台の奇譚集を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿