フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 2007年3月 | メイン | 2007年5月 »

2007年4月

2007年4月30日 (月)

麻生圭子さんの町家暮らしエッセイ

京町家の造形やそこでの暮らしに惹かれる私としては、まえからず〜っと気にはなってたけれど、スル〜してた麻生圭子さんのエッセイを、ついに3冊まとめて大人買いして読みました。
   「東京育ちの京都案内」
   「京都で町家に出会った。」
   「京町家暮らしの四季〜極楽のあまり風」


Ffwo047f (2冊しか写ってませんけど、、。)



東京から一時の仮住まいのつもりで京都にきて、京都の魅力に取り付かれて、一軒の古い町家を借りて自分たちで補修、掃除をして住むことになった顛末を、四季折々の京都の行事や風景とともにつづったもの。

読んでいて町家独特の光と陰が織りなす空間が目に浮かび、通り庭を通り抜けるかすかな風も感じられるような気がしました。
清少納言の”枕草子”や谷崎潤一郎の”細雪”の世界だな、と思いました。季節折々を、その季節感を増幅してくれるツールでもある町家で日々なにげないことを楽しむ。

いいなあ。そんな生活してみたい。昔の貴族階級のように、生(な)さず、紡がず、ただ季節を愛でる生活。、、、無理!
(働かないと食べていけないのよ。季節の風物ではおなかいっぱいにならないのよ。労働者階級のつらさ、、、。)
もちろん麻生さんも家で執筆というけっこうきつい労働をしてはるわけで、あそんではるわけではありません。

本人も言っておられますが、あくまで”京都に住んでる観光客”というスタンスがかえってわかりやすい。
実際生まれも育ちも京都という人は、あまりに身近で当たり前すぎてなんとも思わないことが、よそからみるとすごく新鮮ですてきにみえること!
たとえば、茶道が好きで日本に来た外人さんの方が、そこらの日本人より、もっと茶道に造詣が深かったりするのとおなじかも。
麻生さんは京都人以上に京都を愛してる感じがよくわかります。

それにしても徹底した昔暮らしで、夏は冷房なし、冷蔵庫なし、網戸もなく、蚊帳をつって蚊とりをたく。
比叡おろしのふく冬もアラジンストーブと火鉢のみ。台所はたたきの床でじんとぎ(人造石のとぎだし。昭和初期の頃の流し)の流し。
お掃除は1日2回シュロ箒に徹底した雑巾がけ。
ここまでくると立派!

この町家を借りることになった当初から、自分たちで板に漆を塗って床材にしたり、何回ふいても雑巾がすぐ黒くなるほどのガラス戸の桟を何十回と拭いたり、ネズミの死骸やクモの巣のかたづけ、、、。町家への思い入れははんぱじゃありません。


冬起きたら布団の中で吐く息が白いとか、着替えが氷のように冷たいとか、特に寒さに弱い私は、いくら町家が好きでもそこまでは、、、、無理!coldsweats02不可能!shock

これらの本を読んだ後、彼女のブログをよくのぞきます。
本に書かれた町家は契約期間が過ぎて、また新たに六波羅蜜寺近くのすごく大きい茶室付きの町家をかりられたようですが、この町家の季節のしつらいや庭、かわいいheart猫2匹の写真付きでほぼ毎日アップされてて、結構楽しみにのぞいています。

表千家茶道を習い始めてから、またさらに京文化、日本文化への思い入れを強くされたとか、、。
彼女の場合は有名人ですから、茶道の先生も表さんの重鎮中の重鎮で、お弟子さんも有名料亭のおかみや、お嬢様だったり、いろいろなイベントで知り合ったりつきあったりする方々もみんなその道のえらいさんだったりするんですけれどね。こればっかりは一般人はまねしようがありません。

で、今は昔風に町家に住みたいという思いと、やっぱり近代的な設備(せめて暖房は〜〜)は是非!と思う気持ちでゆれてます。そろそろ来年あたり、建築設計士さがさないといけないし、コンセプトをかためとかなきゃいけないんだが、、、。


(追記)麻生さんのブログの猫、ロシアンブルーのロッタちゃんと、その息子で雉トラのトビ君。めちゃくちゃかわいいです。heart



2007年4月29日 (日)

ハナイカダ

ハナイカダという植物を知ってますか?

漢字で書くと花筏とはなんと風流な名前をつけたものです。


Pg2wuoxw これは今回のお茶のお稽古の時のお花です。
突き抜き忍冬(ニンドウ)(これまた妙な名前ですね!)、一重の白山吹、つるむらさき、そしてハナイカダ。


ハナイカダは葉っぱの表面に花も咲けば、実(黒い丸い実)も結ぶ、不思議な花です。

Zvb4hy54 アップにするとわかりますか?葉っぱの上に小さい緑色の花が2〜3個ついています。まるで船頭さんが筏に乗ってるみたいにも見えますね。


この花木は雌雄異株で、雄株は花を複数個、雌株は1つつけて結実します。

どうしてこんな不思議な形態をとるんでしょう?

動物や昆虫、植物どれも自然界にある生物は時々びっくりするような造形をみせてくれますが、たいがいが生物としてサバイバルする目的にかなっていると思うのですが、花が葉っぱに乗ってて生物として有利なことがあるとも思えません。
それとも進化論的な意味が実はある???
ただ単に自然のお遊びだったりしてsmile

こんな花が山野草として山にひっそり咲いているなんて面白い。
昔のお茶人さんは決してハデではないけれど、この独特な花を茶花として珍重したのです。こんな地味な花、西洋人の感覚では生けませんよね、普通。


この花が茶室に生けてあるだけで、しばしあ〜だこ〜だと話に花がさきました。



脱力系マスコット/Chay Club

世間様はいよいよゴールデンウィークに突入。
中には9連休を謳歌するラッキーな方もいるでしょうね。
残念ながら、私はお休み中も、お仕事だわ、、coldsweats02


Ulwdnhcx


さて、このお昼寝猫ちゃんはどこの仔でしょう。


Rwmyvrdh


実は陶器の人形なんです。
手足をダラ〜ンとして寝ているところがなんともかわいい。
思わずこっちも脱力していっしょにボケ〜っとしてみたくなります。
フニっとつぶってる眼もキュートheart


02ltgqqd これはやはり中崎町のトルコ雑貨、キリム(トルコの素朴な織りの絨毯)を扱ってる Chay Clubという店(町家ショップではありませんが、、)で手に入れました。



店の表がガラス張りで中がよく見え、前を歩いていたとき、ガラス越しにこの仔が寝てるのが見えて、一度は通り過ぎたものの、どうしてもつれて帰りたくなって、引き返し買ってしまいました。(安かったです。)

うちの猫はライバル意識もなく、フン!という感じで無視。
というわけで、ここに安心して無防備に寝てるわけです。



Y7eejtfv この Chay Club、トルコのアクセサリーやら陶器の食器やら、鞄やら、もちろんキリムなどおもしろいものがたくさんあります。しかもお値段は手頃、というより、安い!同じような物なら日本製よりはるかに安い。


ご興味のある方は下記のURLへどうぞ!
今回私は頭がゴールデンウィークで、ずいぶん簡単な記事になってしまいました。(体はバカンスではありません。)

でも、みなさんは、楽しいお休みをお過ごしくださいね。


Chay Club:http://shogen.ti-da.net/search.php?search=chay+club
       大阪市北区中崎町3−2−22



2007年4月25日 (水)

大阪の町家篇4/中崎町うてな喫茶

福知山線脱線事故から2年。
亡くなられた方々のご冥福を心からお祈りします。現在もけがの後遺症で苦しんでおられる方々の一日も早いご回復、お祈りします。(合掌)


今日は前から行ってみたかった中崎町のうてな喫茶へ。

中崎町は最近古い町並み、町家を活かしたおもしろい店があちこちに点在することでちょっと有名になっているらしい。
すぐそこの梅田の喧噪がうそみたいに静かでレトロなエリアです。

ここもそのひとつ。
(ただしここの近くの和風衣料雑貨で、町家ショップの草分け的存在、”楽の虫”が今月で閉店したのはなんとも残念!)

Sa9_a6cl うてな喫茶の並ぶ古い町並みです。昭和のはじめ頃の家並みだと思います。迷路みたいなろうじもあったりします。



Dw6yumvw うてな喫茶の表。レトロな電球に”うてな喫茶”と書かれています。実はこれ以前に撮った写真。玄関の戸が閉まってて、あけづらくスルーしてしまったの、、。



Swv7jwq4 今日は雨上がりのさわやかな風が吹いていたので玄関あいてたので入りやすかった。



6mckletw 中は土間になってて、玄関、台どこ、奥の間+坪庭という典型的町家の造りになっていて、通り庭にあたるところがカウンターに改造してあります。



I7aqaftw ここがカウンター。コーヒーは種類を選べて、注文を聞いてからガ〜っと豆を挽いて煎れてくれます。多分このお兄ちゃんがマスター。


自力で廃屋だったこの町家を改造して喫茶にしたとのこと。
カフェでなくて喫茶というところにこだわりが?

Bi3ixznv テーブルや椅子も古い家具を修理して利用しているよう。なんだか懐かしいガラスの砂糖壺や、おもちゃのピアノなんか懐古趣味全開!というところが私のツボにはまるんです。


店内ではおだやかで静かなアジアンテイストの曲が流れ、ときおりガ〜っとコーヒーミルの音が静寂をやぶってました。

表が見える席に座ってぼ〜っと道行く人を眺めるのって結構好き。
玄関開放だし、物珍しい感じが人を惹き付けるのか、立ち止まって中をじ〜と見ていったり、しばらく考えて入ってお茶する人あり、、、。半日くらいならここでぼ〜とすごせそう。


L3urnitw 入り口近くには大きな本棚が作ってあり、これも古〜い本がたくさんつめこまれていて、マスターこれも古本屋で集めて来たの?っていう感じの本ばかり。たまたま手に取った”暮らしの手帳”は1964年の物だった!”床にかがんでアイロンかけるのはもう古い”なんて記事が、、、。要するに足付きアイロン台の紹介だったりする。ちなみに手前のテーブルは古い懐かしいミシン台ですよ。




Effijaxo ここはご近所の方もよくこられているようで、”まあ、入んなさい”と言ってくれた、おばあちゃん。73歳だそうです。”ここはようはやってまっせ”
こういう店は地域の人に溶け込むのも大事。



S5qzqoua 一番表に近い席。外がぼ〜とみられる特等席だね。




Rvek0kv_ おいしいと評判のチーズケーキ(レア)とコーヒー。おいしゅうございました。しかもこのカップとケーキ皿、私が子供の頃にはやったタイプの物。マスター、これも骨董市か何かで手に入れましたね?




うてな喫茶 : 大阪市北区中崎町1−8−23
         06−6372−1612


2007年4月24日 (火)

動物病院は選ばないと、、、

子供の頃実家には猫がいました。入れ替わり立ち替わり、時期は、ずれますが、計4匹。

1匹は交通事故で、1匹は行方知れず、残りの2匹は10余年の天寿を全うしてなくなりました。
どの猫にも思い出があります。
でも!当時動物病院なんてなかった、、、と、思う。
少なくとも実家の猫は病気をしようが、けがをしようが病院につれていったことはない!

当時は人間を差し置いてペットを医者に診せるという認識は一般にはなかったように思います。

いつからペットが病気やけがのとき、動物病院に連れて行くのが当たり前になったのでしょうか?

T_fg6g5p


核家族化が進み、子供と同居しない老夫婦や、さびしい一人暮らしの心を癒してくれる存在として、いまやペットは家族の一員になってきた、というところでしょうか。

世の中が人様だけでなく、動物にもお金をかけられるのは、ある意味豊かな国だと思います。
(人間が食うや食わずの国では、動物愛護団体なんてありえない!)

そういうご時世なので、高需要をふまえ、あっというまにあちこちに動物病院を見る機会がふえました。
大学の獣医学科も昔は農学部の1学科としてほそぼそやってたのに、いつのまにか6年制になり、入試レベルも医学部に近いレベルまであがったようです。

でも、動物病院の評価は人間の病院と違って、善し悪しの判断がとてもつけにくいですね。
ミスがあっても、人間の場合ほどシビアにつっこまれることはなさそうですから。
なかにはいい加減な獣医もいるようです。

H37mbxdg


そこで私の体験談を一つ。

うちの住む地区はやたらと動物病院が多い。
(なにせ田舎だから、犬でも猫でも飼いやすい。)
で、猫の避妊手術などは一番家から近い、というだけの理由で某動物病院へつれていってました。
そこは受付も動物看護士もおらず、獣医ひとりで診ているところで、今から思えば、設備もいまいちだったようです。
ただし、動物病院は初めてだし、まあ動物相手にはこんなもんだろうと不思議には思わなかったし、猫が脱水をおこしたときも、点滴は静脈内ではなく皮下にしたので、人間とはずいぶんちがうな〜、と思った程度。


Ix0kuzzc ところが一昨年、この庭を偵察している猫のシェルがえらいことに、、。



突然、嘔吐をくりかえしだしたのです。
胃に胃液がたまると大量の嘔吐。もちろんおなかはすくらしく、チョビッと食べては、しばらくしてすぐゲロゲロ。
しまいには全く食事せず、胆汁色の嘔吐物まででてきたので、あわてて病院へ。その例の皮下点滴はしてくれましたが、血をちょっと採っただけで、原因もなにもいってくれません。”脱水をおこしてますね。”そりゃわかっとる!なんでそうなってるかを知りたいんじゃ〜!
症状からイレウス(腸閉塞)にちがいないと、おもってたけれど、レントゲンひとつとろうとしない!

3日かよって、点滴だけで、ちっともよくならず、シェルは憔悴してきて、もう限界!
知り合いがいつも犬を診てもらっているという別の病院を紹介してもらい、少し遠かったけれど連れていってびっくり!
事務のおねえさんはいるわ、動物看護士さんはいるわ、人間の病院とそうかわらないスタッフ。
だいぶいままでの病院とちがう!

D8hl2lrm


しかもここはアルバイトの先生も入れると複数の獣医さんがいます。
診てくれたのは若い獣医さんで、すぐレントゲンをとって、イレウスの可能性が高いと診断。
点滴も、前脚の毛を剃って、ちゃんと静脈にいれてくれました。
結局翌日シェルは手術を受けました。
腸に何かはわからないけれど、スポンジみたいな異物ががっちりはまり込み、腸をちょびっと切りました。

術後、発熱が続き、なかなか食べようとせず、体重もやや肥満気味の5kgから4kgを切ってしまい、ついに強制給餌ということで食道カテーテルを!
これもびっくり!猫にこんなことができるとは知らなんだ!
ようするにチューブを胃の中に入れて、それを首から(もちろん切って!痛そう〜)出して、そこから流動食を注入。
人間の栄養チューブは聞いたことあるが、、。


ここまで獣医学が人間相手の医療に近づいてるとは、、、。

シェルはしばらく首からチューブをぶら〜んとぶらさげて、包帯巻かれてあわれなお姿になっていました。

今なら笑い話ですが、当時はもうだめかも、、と覚悟を決め、家族でくら〜く落ち込んでいました。
(娘も急遽猫のため、大学休んで帰ってきて介護してました。)
Dmjd_pqy


その若い獣医さんの話では、人間にできることはほとんどすべて動物にできる。日本でできないのは腎臓透析だけ。(アメリカはできる)とのこと。
ただし!
どこまで治療するか、は、人間と違って飼い主の意志によるのです。飼い主のペットに対する思い入れの程度で、つまりどこまでペットにお金をかけられるか?で、動物の命は助かったり、失われたり、、。
保険はきかないので動物の治療にはお金がかかります。経済的理由で治療を打ち切っても、人間と違ってだれも責めることはできない。人の生活の方が大事です。そこはいくらペットがかわいくても、わきまえないといけません。
そこが動物治療の限界でしょうね。

おかげさまで、シェルはその後すっかり元気になり、一時スマート?になっていたのが、もとのデブ猫に無事もどりました。感謝、感謝です。

あのまま、先の病院に行き続けたら、絶対シェルは死んでたと思う。病院を変える決断をよくつけたな、と自分で思います。
と、同時に腹もたちます。獣医としてあまりにもいい加減!
ほんとに獣医のレベルにはすごい差があるんだなと思いました。
大事なペットが病気になり、病院へ連れて行って、人間と同じ検査、治療をしてもらえなかったら、迷わず病院変えましょう!口コミが案外信用できます!




2007年4月22日 (日)

宝塚あいあいパーク(遊園地ではありません)

宝塚といえば、まず10人中10人が宝塚歌劇を連想すると思うが、実は宝塚は植木の町、としても有名なのです。
そういえばやたらと植木屋さんが町なかに多く、植木屋の人口に対する割合は絶対高い。

かくいう私もガーデナーのはしくれ。(ガーデナーと言うとかっこいいが実は単に庭いじりが趣味の人)
庭作りに励んだ時期もありましたが、あまりの植物の害虫やら病気やらの対策に疲れて、最近はちょっと手抜き気味。
(今度の家は絶対庭は小さく、手がかからないようにするぞ、、って、町家の坪庭って手がかかるんかい?)


Ls2ljndc さて、日本3大植木産業の町(知らんかったが、、)宝塚に7年前にできた花と緑の情報発信施設、あいあいパーク。正式には、宝塚市立宝塚園芸振興センター。


名前だけ聞いて、遊園地かなにかと間違えてくる人もけっこういるとか、、smile


Nyyj5jwb 国道沿いにご覧のように目立つ建物です。なんでもコンセプトはイギリス、サリー州の17世紀の家、だそうですが、そういえばシェイクスピアの生家もこんな感じでした。



今は和風にかぶれてる私だが、昔はこういう英国田園風の家に憧れてたので、しかもガーデナー(注:庭いじり好き)としては行かずにはおれんでしょう。ここのオープニングと同時にGo!そのころは駐車場に入るのに30分待ち、でしたが、、。


植木や、花の苗の他に、建物内部はガーデニング用品(園芸用品、でいいんだけどね)や、園芸関係の雑貨やドライフラワーなんかのお店も入っていて、なかなか楽しい。
特に植木鉢はおしゃれで独特な物が手に入るのでがちょくちょく行ってました。

私の園芸熱が下火になるに連れてちょっと疎遠になってたけれど、先日久しぶりに行ってみました。


J0apyacg 英国の近世の家も日本の町家や、民家と同じく、梁が見えたり、いわゆる真壁様式(柱と柱の間に漆喰が塗ってあり、柱が見えている。)で、なにか相通じるものがあります。きれいな様式ですね。



Hlm8edpf 中庭です。季節によって色々花も変わります。ここは日本の坪庭とはちがう文化を感じますね。



P0_pjbox 植木の町だけあって、植木販売コーナーではたくさんの老若男女が買いにきています。



ガーデニング好き、というと英国人というイメージだけれど、実は日本人も相当園芸好きで、江戸時代から朝顔や菊の品種改良は相当進んでいたもよう。
それに
”日本人はどんな貧しい人でも、狭い家の前にたくさんの植木鉢を並べて楽しんでいる。”と、明治の初め、日本に来た外国人がびっくりしたくらい。心豊かだった(過去形)愛すべき日本人!


Znnnbqej 2階は植物関係のミニ図書館、資料室と、その本を持ち込んで、読みながらお茶が飲めるカフェがあります。




W4s1kdzt ここのカフェは砂糖壺もコーヒーカップも、サンドイッチのお皿もウエッジウッドの磁器でした。(これもひところ収集したなあ。今すっかり和食器収集だけれど、、)




Ikwilbnr ラベンダーティーを頼むとガラスのポットにかわいいティーコゼが、、。じつはこれ1階の雑貨屋で売ってた。



2evjazyp ラベンダーティーheart色がラベンダー色でガラスの器に入れるととてもきれい。
味はともかく、香りはまさに鎮静作用があるといわれてるラベンダー。しばしゆったりした気持ちですごすことができました。癒される〜。heart



Xcojtbsa


これは私の庭の10年物のモッコウバラです。でかくなって、毎年刈り込んでもすぐのびてきます。おかげで西日直撃だった台所の窓が覆われ、すっかり緑のカーテンがひけました。(かすかに台所の窓が見えています。)


Ajw5e51j



カバープランツとして植えたクリーピングタイム。いつもはグリーンですが、この季節だけ、信じられないような可憐な花をつけ、ピンクの絨毯になります。


Spjibmzd 満開のカロライナジャスミンもすごく育って、はわせている木製のアーチはいつつぶれてもおかしくない。(大風の時なんかギシギシ音がするくらい揺れてる!)


大事に育てた庭だけれど、もうあと4年足らずで出て行くのが決まっているので、新たな木などはもう植えません。
今ある木を大事にして、あとは1年草の花々を季節ごとに植え替えるだけかなあ。
引っ越した後はどうなるのか、ちょっと心が痛みます。




宝塚あいあいパーク : http://www.aiaipark.co.jp/outline/


2007年4月20日 (金)

京都は着物一言おばちゃんが多い?

先週末は京都で楽しく?過ごしたけれど、休みなく次の週になだれこみ、しかも結構仕事忙しく、ややお疲れ。
そこで今日のお休みは、久々に家でゆっくり。
出かけたのはお茶のお稽古だけ。

京都で買った物や、たくさん撮ったデジカメ画像を見つつ、思い出し笑いなんかもしながらダラダラ、うだうだ過ごしてしまった。まあ、たまにはいいか、、、。

Mmtymxyn 早速ぎゃらりぃ澤さんで買った器に庭のツタを切って生けてみた。


もともとカフェオレボールなんだが、なんとなくグリーンが似合うような気がして、、。澤さんでもこんな感じに山野草を飾ってはったのが、とても素敵だったので、ちょっとまねっこ。


Gl6oeeew お茶のお稽古は大島紬と更紗写しの帯で。




この大島はアンティークで、傷みもなく、きれいなのに、意外と安いなあ〜と思って買ったはいいけれど、なんと!短い!(試着しなかった、、)小柄な私でさえおはしょりがやっと出るくらい。160cm以上の人なら確実に、つい丈(おはしょりなし)の着物になりますね。安いはずだわ。coldsweats02
もっと困るのは、袖丈がこれまた短く、襦袢の袖が出るわ出るわ、、、。安全ピンで襦袢の袖をたくしあげてなんとか着たけれど、好みの大島なのでなんとか生かす方法はないかと、お茶の先生に聞いてみると、袖は縫い込んであるところをほどくと延ばせる、とのこと。自分では無理なので専門家にたのんでみようかな。

京都と言えばこれまた着物着てる人、よそより確実に多い。

板についてる玄人さん風あり、ハデなアンティーク着物を現代風にコーディネートしてる人あり、着物に着られてるなあ、と思われる人あり、、。京都には着物が似合う、と思うから、こんなに着物好きが自然にあつまってくるんでしょうかね。

昔、京都に住んでて、まだ着物を着慣れてなかった頃、襟の後ろから襦袢の襟が思いっきり出ていたようで(真後ろでは襦袢の襟が着物から出ないのがお約束)、市バスの中で、全然知らないおばちゃんにいきなり襟なおされたことが、、。

これまた京都市バスで、羽織姿が板についてない私に”羽織は肩で着るもんえ。”と、羽織の襟を掻き合わせていたのをグイと袖の方に引っ張って教えてくれた、これまたしらないおばちゃん。

京都には市井に着物について一家言もってるおばちゃんの存在率が高い!(特に市バスによう乗ってはる?)

先日紹介した哲学者、鷲田清一さんも著書”京都の平熱”で着物文化を受け継ぐには、祖母、母、娘の3世代そろわないと無理、といっておられました。
着物の着方一つ、約束事一つ、母から娘へ本来なら受け継いでいく物なのに、核家族が多いこのごろ、娘に教えようにも自分に知識がない。若い頃、母親が着物についてあれこれ教えようとしてくれていたのに、そのころは着物にてんで興味がなく、今になって、よく聞いときゃ良かった、、と、ここで着物文化は世代断絶。

その断絶を埋めるように、街角に着物一言おばちゃんがいるとありがたいですよね。そこらへんやっぱり京都だなあって思いました。
私もそのうち言われる方から、言う方へなりたいものです。

うちの娘は遠隔地にいるし、てんで着物に興味ないみたいだし、そのうち女の孫でもできたら出張指導しないと、、、。


(おまけ)

Z6ooxoar 家の梅坊主。今年はたくさんなりました。でも去年は原因不明、一夜にして全部落果。今年は全部大きくなって蜂蜜漬けができますように。



2007年4月18日 (水)

岡崎あたり〜(未来の)ご近所探訪

この前見た夢では、私はもう京都に住んでいた。旦那の大学研究室時代の仲間がお客さんにくるので、あ、ごちそうの材料を買いにいかなくちゃ、、、と自転車に乗って熊野神社前の○ンプラザへ、、、というところで目が覚めた。
結構リアルでしかもローカルな夢だったなあ。目が覚めて、やっぱり京都じゃないや、、、と思って若干脱力、、。

さて、昨日は京都2日目。といっても日帰りなので日参してるだけですが、、。この日も仕事は適当に切り上げたけれど、時間もあまりなかったので、岡崎の家のあたりにいってみました。

左京区あたりはまた西陣とはずいぶんおもむきが違います。外国人も含めたよそ者率が高い、、というのか、よそ者感なくすごせる感じ。
Ugrgkypk 平安神宮、動物園の観光客でごったがえす大通りから一筋入ると、戦前からの仕舞屋が続き、いい雰囲気です。やはり住まれているのは、お年寄りが多いようで、あと5年もすれば住人もいれかわるか、この仕舞屋もつぶされてしまうか、、。




Nuxsp7as この一角はオール古い家だけれど、角を曲がると、もう現代風の家がぽつぽつ混じってきます。もう少し和風の外観にしてくれたら町の格が上がるのに、、。と、他人様のことにとやかく言ってはいけませんね。でも、もったいない。(なんどこの言葉を町家がつぶされた跡地でのみこんだことか、、。)



Nho0admo このお家はどんな方が住んでおられるか知りません。でもいつも前栽にきれいに季節の花を咲かせておられます。玄関の大きな鉢にもどっさり切り花を生けてあって、いったいどんな風流人が住んでいるのか知りたいものです。



Om7ejsef これは仕舞屋の一角にある塀の穴。
私はこれを”猫の穴”とよんでいます。なぜなら今までこの中に猫がチョンと香箱をつくって寝ているのを2度見たから。残念ながらこの日は不在でした。猫たちにはよほど居心地がよく安心できる場所なのでしょうか。


さて、一歩大通りに出ると大にぎわい、、、と思いきや、月曜だったせいかあまり観光客はいません。疎水の桜ももう散ったし、そうか、美術館も月曜休みだしね。

X9cjl5hw で、ここは観光客御用達?って感じの和雑貨のお店あやの小路



なんでも大正の英文学者の屋敷を改造して造ったそうです。

Ihrow_nf 座敷ではお茶もいただけます。この日は端午の節句のしつらいがしてありました。上七軒のがま口屋まつひろ商店さんと同じような和裂のがま口や、アンティークの着物や帯、和柄Tシャツ、風呂敷なんかをうってはりました。


Fp5tpie8 で、衝動買いをしてしまったこのがま口バッグ。いったいいくら京都で散財したことか、、、。でもサイズと柄が着物を着たときぴったりだ、と思ったので、、。ちょっとおしゃれ〜、とだれかに言ってもらいたい。



Qpxxnmvd さて、熊野神社の○ンプラザも買い物にはいいけれど、もっと便利なところないかな、、、と付近を探索。そして!地下鉄三条駅のすぐ脇に、こんなレトロな商店街が!なんか懐かしい。古川町商店街というらしい。長さ200mくらいかな。
昨今アーケード商店街というと半分はシャッターが閉まってるところが多いけれど、ここは現役。野菜も魚も、薬や下駄、おまんじゅう屋さんもたいがいのものはここでそろってしまいそう。店のおばちゃん、おっちゃんもいい味だしてます。私が子供の頃は、母はこんな商店街で店の人と会話をしながら買い物してた。まだあるんだ。スーパーは便利だけれど、会話はなく、味気ない。
よかった。いいところを見つけた。smile

9yglck1g この商店街を抜けたところには何があるんだろう?で、通り抜けてみると、、ありゃ〜!ここはかの有名な?よくTVなんかにも出てくる知恩院、白川沿い(華頂通り)ではないか。lovely


2n4bbm6z しかも目の前にアンティーク着物に目がない人にはたまらない有名な”昔裂れ やゝ”さんが、、。


と、このあたりで時間切れ。
それにしてもこの辺りはよく知ってるつもりだったのに、全然わかってなかったんだなあ。
京都ってやっぱり懐が深いわ。まだ引っ越すまで時間はまだまだあるけれど探訪の楽しみが増えました。

9_qxreci 帰りは寺町御池の亀屋良永さんで、大好きな御池煎餅買って帰りました。このほんのりした甘さと、麩のふわっとしててぱりぱりしてる感じが後をひきます。



なんだかんだと、仕事はほっぽっといて、楽しい充実した2日間の京都でした。

2007年4月16日 (月)

ドイツパン〜はちはちインフィニティ




さて、京都への(仕事兼)旅の続き。
ここも里奈さんのブログで知ったドイツパンのお店、カフェ、はちはちインフィニテイ。
ここはいろいろな本や雑誌で取り上げられているので知ってる人も多いかもしれません。
どの記事も、とにかく、場所がわかりにくい!というのが共通点。

で、プリントアウトした地図を握りしめ、どきどきしながら千本上長者町交差点を右折。

Odo9u2ci すると、お〜!ここらはディープな西陣。ばったり床几のあるりっぱな町家がそこここに、、。



Cycxckg8 ほんまにこんなとこに店があるのかいな、、と思ったあたりでこの看板。ほっと一息。



Jbewjaz1 玄関です。まわりは町中にこんな、、、と思うくらいのヤブ蚊がわきそうな薮?(考えようによっては庭)


7n0xp0bj がらがらと戸を開けると鎮座してる和ダンス。こんにちわ、といってもだれも返事しないので、かってにあがりこんで奥へ。


Sasdh34l なんと、こたつのある居間が、、。だれも返事しないのをいいことにバシバシ写真撮影。



Nebrp0gs 庭からお隣を見ると、ガラス戸にツタからまってるし、、、。人の気配なし。やはりこのあたりも住み手を失って壊される運命にある町家群のようで、、。だからここにこの店ができたのはうれしいことかも。がんばってほしいもの。


やっとでてきたご主人は雑誌にのってるとおりの無口そうなおじさん。(見ようによってはダンディsmile


K6zeznk7 サンドイッチランチを注文してまってると、電話がかかり、ご主人一生懸命ここの場所の説明をしている様子。はは〜。やっぱりここわかりにくいんだ。わたしゃひとりでこれたもんね〜。と、ちょっぴり優越感。


そうこうしてるうちに若い女性の二人組が到着。やっぱり玄関で応答がないので入ってよいのか戸惑っている様子。
”勝手に入ってもいいみたいですよ〜”と、私は店の人か?

Tc4zbbky これがサンドイッチランチ。どっしりした味わいのドイツパンの薄切りにおかずがのってて、スープ付き。
ドイツの少し酸味のあるパンはザウワークラウトがやっぱりあいます。


それにしてもフランスパンなどは気軽に食べられる感じだけれど、ドイツパンというと、なんかこう正座してこっちも気合いをいれて食べないといけないような気がするのはなぜだろう。
フランスパンほど人口に膾炙しないドイツパンの店を、廃屋手前の町家を手作りで改装して焼いている心意気に自然に襟をただしたくなるのだろうか、、?

このこたつの天板になってる板に蝶番を取り付けた後があったので、”これは扉だったのですか?”と聞いたら、”ええ、、”と一言。無愛想だなと思っていると、この店を始めるまでの経過や、すべて廃材を使って自分たちで改修した経緯などがのった雑誌をすーっとだしてくれました。
ようするに無愛想じゃなくて口べた?


Ro_79uz_ 帰りに左にみえてる円形のパンを半分買って帰りました。”食べる前にこのまま180度のオーブンで10分ほど焼いてください”とのご主人のアドバイス付きで。


ぎゃらりぃ澤さんがハレの町家だとすると、ここはヶの町家かな。あとからきた女の子たちは吹田と桂の子たちで、歳も違うのに一緒に町家関係で話がもりあがったし、もう少し時間があったらもっとまったり出来たんだが、、、。


はちはちインフィニティ:http://www.h6.dion.ne.jp/%7Ehachi-ic/


ぎゃらりぃ澤さんで、町家を満喫

今日は仕事がらみで京都へ。
仕事と行っても、そこはほれ、もうすぐ我が住む町になるわけで、なんとか時間をやりくりして、大好きな京都の町家ウォッチング。

今回は、里奈さんのブログ、”京都に唄えば”で紹介されていた”ぎゃらりぃ澤”さんに是非行きたくて、、、。
(残念ながら、里奈さん、4月から東京に戻られました。また、東京でもエリアレポーターしてくれないかなあ。)




Fr5goasc ぎゃらりぃ澤さんは上七軒にほど近いところにある、築80年(土台は140年だそうです。)の大きな町家です。

間口はこのように普通の広さなんですが、奥行きがただ者ではないくらい、深いです。


Slcqnqi3 脇の入り口から、きれいに山野草など飾られ、水打ちされた通り庭をぬけて、大きな沓脱ぎ石で沓を脱いで中に入ると、ほ〜とため息が出るような空間が、、。



ほんのり暗い”陰翳礼賛”の世界がそこに。


1wzo4yit その仄暗い居間に光を誘い込む坪庭がきれいに整えられています。(しかもこの坪庭の向こうにさらに離れがあるんですよ!)




A6kaz436 これは居間から玄関方向を撮ったもの。居間は六畳でしたが、京間なのでとても広く、現代の家の八畳くらいの広さに感じます。


ほかにだれもいなかったので、”こんにちわ”と声をかけると、オーナーである奥様が出て来て、庭に面した戸を開けてくださいました。


O3edkc7b オーナーさん、今山野草に凝っていて、ご自分で苔玉作ったり、小さい山野草用器(この器も販売されてます)に植えてみたり楽しんでおられるそうです。




Lwymdf3y これの三分の一、いや四分の一でもいいからこんな坪庭今度の岡崎の家に作りたい!と、強く思いました。(がんばるぞ!資金の方をね、、。)


このお家は隣の棟に織屋があって、昔は織物をされていたそうですが、今はそちらは住居に。こちらは閉め切っていたそうですが、なんとかここを開けたい、生かしたい、と思ったオーナーさんがその方法として考えたのがギャラリーだったそうで、作家さんの器や織物を展示販売始めたそうです。

そのうち、ここの雰囲気に引かれて訪れる人たちと話がしたくなり、カフェもつくっちゃった、ということらしいです。

Kyw4ecmn これは縁側に表情を添えている苔玉。さりげなさがすごく美しい情景に。






Gzgr0soe 坪庭の蹲居。”吾、唯足るを知る”という有名な禅宗の言葉をかたどってます。(たしか大徳寺かどっかのお寺の庭にもあったなあ)




Te4dbytl 紅茶の器も、天然の形の茶托もこちらのお店のものだそうです。そしてこのテーブル。1mくらいの小さな机なのですが、立派な厚さのケヤキの1枚板。


実はこれ、オーナーさんが近くですごく古い町家が壊される、と聞いて自分で釘抜きやのこぎりを持って、持って帰っていいといわれた古材を昨日持って帰ったうちの1つだそう。
”大黒柱は家のシンボルだし、のこぎりをいれるのはしのびなかったけれど、簡単に素人に解体できるわけもなく、明日には、ブルドーザーでざっくり壊されると思うと、泪をのんで切ってきたの。”とおっしゃってました。

その家も、しばらく待って、家ごと買い取ってくれる人が現れるのを待てればよかったのに、事情があるらしく、築100年以上の家が1日で解体されるのって、胸がいたみます。

これが京都の町家事情なんですね、、、。



Xdapouqd この階段ダンスももう作れないものだそうです。これは器の展示にぴったり。




Mfcgemkw ここの器はとても趣味が良くて、私の好きなタイプのものが多く、しかもお値段がてごろでうれしくなってしまいました。




Di_uqwnh オーナーさんがほんとに素敵な方で、話も共通点が多々あって、はずんでしまい、かなり長いことおじゃまさせてもらいまいした。


きっとこの家にひかれて来る人は、オーナーさんとなにかしら共通点があるんですね。
坪庭の槙の木の手入れも、たまたまここにきた植木職の方が、”僕に手入れさせて下さい。”と志願されたそうです。

京都に引っ越したら、常連になるくらい通いたい、と思ったギャラリーでした。


Ak0cszt5 さて、今回手に入れたのは、カフェオレボール2つ。ふつうのコーヒーをいれてもよさそうだし、おかずを盛るのにもいいし、手にもった感じがほっこりして、気に入ってもとめました。


今度京都で建てる家は是非この家をお手本にしたいものです。
まあ、ミニチュア版になるだろうし、本物の町家の重厚さは無理としても、、。


さて、ここからはおまけ。
せっかく上七軒にいったのだから、和菓子の老松のある通りを北野天満宮まで歩きました。

Kz7jd0r_ そこにあった瓦屋さん。庇の上のディスプレーがすてき!鐘馗さんも売ってるのかな。




Gn9sydgh こちらも町家を改装してお店してるがま口、袋物のまつひろ商店上七軒店で買った、がま口と、なんとミニがま口のついた携帯ストラップ。かわいい!




ぎゃらりぃ澤 : 京都市上京区大文字町264
           075−465−1087



2007年4月14日 (土)

KJ君、南米一人旅から帰る

スペイン語教室で同じクラスだった、KJ君。
彼は今春大学を卒業し、大学院に進む予定の未来の弁護士(?)です。
スペイン語を習う動機が、前からあたためていた、南米一人の貧乏旅行のため。バイトして、お金を貯めて、教室に別れを告げて旅立ったのは1月でした。
何故、南米なのか?という理由は聞きそびれましたが、南米に関する分厚い英語の原書を読破していました。

治安もいまいちだし、大丈夫かな〜?と思いつつ、彼が南米から送ってくるブログの記事を時々チェック。
自転車盗まれたり、日本製時計(安物)をおいてけとすごまれたり、結構いろいろあったようですが、このたび2ヶ月にわたる旅を終え、無事帰国し、忙しい合間、教室をたずねてきてくれました。


Vgda4cy2 出発前はこじゃれたシティボーイ風だったのですが、帰国後、彼(真ん中)はすっかり日に焼けて、現地人?といわれてもおかしくない。なんだかたくましくなったような。

(ちなみに私は左端)



_hdkimwa

レッスンの後、近くの西梅田のレストランで食事をしながら、旅行報告会。
彼はこまめにデジカメや動画も撮ってて、現地に持ち込んだ小さいパソコンにストック。それのほんの一部をプレゼンテーション中。

ボリビアの塩湖、アルゼンチンの南端のペンギン島でのペンギンのユーモラスなしぐさ、日本と見間違うくらいの日本語の看板だらけのブラジル、サンパウロの町、どこまでも続く地平線、水平線、地下50mの鍾乳洞などなど。

また現地で知り合ったいろんな旅行者とのコミュニケーションなどは、一人旅だからこそ、ですよね。
アメリカ人の旅行者の女の子(超かわいい)と仲良くなって、”ついていきたい”と泣かれたとか、
仕事をやめて2年間の予定で世界旅行をしている日本人の30代の夫婦に旅行中2回邂逅して奥さんがとても美人だったとか、、、。

映画”モーターサイクルダイアリー”では若き日のチェ=ゲバラがアルゼンチンからおんぼろバイクやヒッチハイクなどで、友人と二人南米を北上してチリ、ペルー、コロンビアを通過しベネズエラまで行くまでのロードムービーだったけれど、彼はその逆のコースをいったわけです。


私はとても南米に一人で行く勇気はありません。
彼の若さと、勇気に脱帽です。
この貴重な体験は、これからの彼の人生にきっと多くの影響を及ぼすでしょうね。
スペイン語もわれわれ初級から中級へ格上げか?これは確認してないけれど、、。wink

スペインが好きでスペイン語を習い始め、南米にはまったく興味がなく、”マチュピチュってどこの国?”と聞いて失笑をかった私ですが、ちょっぴり南米の国にも興味がわいてきました。
”ブエノスアイレスの夜”とか前出の”モーターサイクルダイアリー"なんかの映画をスペイン語の勉強のため、見だしたのも、南米への興味をかきたてる一因になってます。

しかし、一人いや旦那と二人でも個人旅行は南米はちとこわいなあ〜。



X2hv3sqw これはおまけ。そのとき行ったレストラン、創菜ダイニング 卯乃家。(西梅田:ヒルトンプラザWEST)


“卯”というだけあって、インテリアのコンセプトが”ウサギ”で、お皿の模様から、箸置き、お手拭きにいたるまで、ウサギのマークが、、。

3mgwvvhu で、頼んだアイスクリームがさらにウサギだったので、感激!

2007年4月13日 (金)

逸翁美術館


忙しい日々が続きました。ブログもちょっとさぼってました。shock
また、いろいろ書きたいこともたまったので、ぼちぼち書いていこうと思います。

今日は桜散る散る中、大阪は北摂、池田市の逸翁美術館へ。


Fuc8knqj

阪急東宝グループの創始者であり、宝塚歌劇の生みの親でもある小林一三(逸翁)の旧邸、雅俗山荘をそのまま彼が持っていた美術品(茶道具が多い)の展示館にしたものです。


J8j2kygb 門から中を望んだところ。




4sz2o8iq 立派な門構えの脇に桜が植えられており、盛りはほんの少しすぎたものの、風が吹くと花びらがさあ〜っと散って、まことに美しい!しばし中に入るのも忘れ見惚れました。




Hubabg2e 石畳にも散りかかる花びら。(きれいですが、ちょっとお掃除たいへんなんとちゃうか?、、、と主婦の意見)





Xez0y4bm

この期間は(4月3日〜6月10日)は茶碗〜逸翁が愛した名碗たち〜逸翁愛蔵のたくさんの抹茶茶碗が見られます。


Fy_abjjh これは建物の外観で、ほんとの和洋折衷。西洋の御屋敷みたいなシャンデリアが似合う部屋があると思えば、正式なお茶室が3つもあるなど。


展示は残念ながら写真禁止で載せられませんが、茶道をやる人なら垂涎物の高麗茶碗あり、青磁あり、安南あり、国焼きも瀬戸、唐津、備前、楽、高取 etc、etc。
一人でここまで所蔵できるって、やはりただの経済人ではなかったわけだ。その鑑識眼もただの文化人ではない。
茶碗の銘も翁自ら付けたものも多く、自作の和歌が添えられているあたり教養人としても中々の者。

中には金継ぎ(割れた茶碗を漆や金でつなぎ合わせる手法)だらけの茶碗があって、翁がつけた銘が”家光”。
理由は徳川300年の基礎を作った家光に”よく継いだ”(家を継いだと茶碗を継いだとかけて)。ユーモアのセンスもなかなか。

毎日阪急電車利用してますが、これからは逸翁さん、偉い人!と唱えながら乗りますね。smile



Uok_o_q1 ここはお庭です。大きな桜の老木がありました。この季節に来てよかった。




Wvadwzpu ここは即庵という庭に面したお茶室。普通の茶室でお茶を点てて、喫する人は椅子席という、これまた和洋折衷の心ですね。





Lrcvsj8k

一転して、ここは庭の中にある純和式、というか正式な独立した茶室、”費隠席”。
もともと京都にあった茶室を移築したものだそうです。

Wmnzmfsw 中は二畳。ぎりぎりまで不要物をそぎ落とした、侘び茶の究極の茶室です。いいなあ、こんなところで亭主と1対1で、お茶をいただきたいものです。





逸翁美術館 : http://www.itsuo-museum.com/
  大阪府池田市建石町7−17
    072−751−3865
土、日はお茶室でお茶を点ててくれ、飲むことができます。
いろいろな(特に茶道に関するものが多い)講演会も土曜によくひらかれています。


2007年4月 9日 (月)

お稽古着4月最初/銘仙の長羽織

4月最初のお稽古は透木(すきぎ)の炭点前。お炭はお稽古のしょっぱなに1日1回だけなので、早く行かないと、ず〜っとできないままなのです。
で、3月の釣り釜が終わって、この日は今日から透木釜だ!と、気合いを入れて早くに先生のところへ行きました。

炭点前ゲット!!

この透木釜は、温かくなって来たので、客を火から遠ざけるという意味で4月に使うのがふさわしい釜です。これが終わると来月はもう炉をしめて、風炉の季節ですねえ。


A0wh2etp お稽古に愛用してるダークグリーンの紬に塩瀬の帯をあわせてみました。




Mctj9lor 帯の模様は昔の印、印鑑のようです。季節をとわないので重宝してます。



塩瀬の帯は手描きの染めの模様が楽しめ、好きです。
中には桜や、あやめ、クリスマスツリー、紅葉、菊など、その季節にしか締められない、格は織りの袋帯より下だけれど、袋帯より贅沢な帯も多いです。
季節にあわせて、ぴったりの帯をみると、あっ!すてき!粋!とみとれますが、まねできそうもありません。

ただ塩瀬は私の締め方が悪いのか、スルスルすべって、車から降りたらお太鼓が歪んでた、、、ということもよくあります。


Mgrrfm1s これはアンティークで手に入れた銘仙の長羽織。長いものはなかなかないので、ちょっと汚れや、しわが気になりましたが、安かったので買いました。軽くて、ちょうど今の季節に羽織るのにぴったりでした。色も玉虫色で、一見エンジ色に見えますが、別の方向からだと黄色に見えたりもします。銘仙にしてはクラシックな柄も気に入ってます。


そろそろ着物では汗ばむ季節が、いつもより早くやってきそうです。



2007年4月 8日 (日)

日曜の夙川は桜もいっぱい、人もいっぱい

宝塚に住むようになって、花見の季節はいつも夙川べり。
思えば忙しい家族で、4人そろって花見に来た記憶があまり、、、。


W074het7 阪急夙川駅。
日曜だし、花は満開だし、人が多いだろうなあ、と思ったら、やっぱり!すごい人。でも大阪城公園よりはましか、、、。


子供が小さい時は忙しい旦那はほっといて、娘、息子と3人で来て、おにぎり食べたし、大学受験に失敗して浪人すると娘が決めた時も、ブスっとした彼女を連れて、少しでも気が晴れるかと来たし、反抗期の息子を無理に引っ張って来たこともあるし、毎年毎年の思い出がよみがえるなあ〜。

今日は旦那と二人だけだったけれど。



Pzwbhgfn ここらは駅から川べりの入り口近く。



Qgwdjn2p やっぱりここの桜はきれいだわ。



71tul3u1 ここら辺の景色が夙川の真骨頂!一瞬息をのむほど。たとえ人がうじゃうじゃいても。



2bgzamyw




Vda82bxs お花見より、食べたり飲んだりに忙しいみなさん。外国人がいつも不思議に思うらしい。お花見といいながら、桜だれも見てないって、、。まあ、これが日本の伝統的花見だし。他の花ではこんなにはじけない日本人。なぜか誰もわからないけれど、桜が咲くと心が騒ぐDNAが組み込まれてるのが日本人かも。



Bd_nmuom 水面のはなびら



Vvlqi7wq 近くの蕎麦屋に行くつもりだったのに、突然花を見ながら弁当食べたくなったわれわれ。コンビニで買った弁当。ちょっとみすぼらしい。shockはじめからここで食べるつもりなら気合い入れて豪華弁当作ったのに〜。



Lowjfquo 帰りは夙川でお気に入りの和菓子屋さん、菓一條さんで和菓子を買いました。(ここは和風喫茶もあるのですが、やっぱり満席。)


Helrekfl とても繊細できれいでおいしい和生菓子です。



いつかかめひろふさ様(亀屋廣房)のところの生菓子も味わいたいものです。生だとお取り寄せできないのが残念!

ちなみに京都の岡崎の家に引っ越したら、徒歩圏内の京都市立美術館わきの疎水ベリが絶好のお花見スポットかと。
でも、夙川以上に人多いだろうなあ。あのあたり、花見シーズンじゃなくても人多いから、、、
shock

2007年4月 6日 (金)

”ナチョ=リブレ” 覆面の神様

ハリウッド、ハリウッドした映画は最近もうウンザリ。大掛かりなシーンもCGばっかりで面白みがない。話の内容も単純で、ヒーロー、ヒロインは現実離れしてタフだし、なんでもかんでもアメリカアズナンバーワン!だし、、。

最近見るのは、ミニシアター系、インデペンデント映画が中心。
でもって、こういう映画は言語が英語ばかりではないので、おもしろい。フランス語あり、スウェーデン語あり、アラブ語あり、私が勉強してるスペイン語ありで。
なかでもスペイン語の映画はスペイン語教室でDVDを無料で貸し出してくれるのでたくさん見た。中の知ってる単語が(すごくちょっとだが)聞き取れるととてもうれしいもんだな〜。

でも、きょうご紹介の映画はめずらしくハリウッド物なんだが、メキシコ人監督のメキシコが舞台の映画。
"ナチョ=リブレ”覆面の神様。


Wsvuikap


主人公ナチョ(イグナシオの愛称)を演じるのはジャック=ブラック。”スクール=オブ=ロック”でブレイクして、現在公開中の”ホリデイ”(ジュード=ロウやキャメロン=ディアスが出てる)にも出てる役者さん。
これがまた芸達者なんだわ。コミカルな役なんだけれど、ドタバタになる一歩手前で控えるという高等な技で、品のあるコメディーになってますね。こういうの好き。

Uhrgnsbv (スクール=オブ=ロック)



映画は一応ベースは英語だけれど、時々スペイン語がはさまるし、主人公以外はメキシコの俳優さんですごいスペイン語訛りの英語をしゃべってるわけだけれど、このジャックのすごいのは、彼は生まれも育ちもアメリカ人なのに、このスペイン訛り英語を完璧にしゃべってるところ。(少なくとも私の耳にはそう聞こえる。)


S8itdbyd


ストーリーは、修道院で料理番をしてるイグナシオ(ナチョ)が、修道院の孤児たちにおいしい物を食べさせるため、ルチャリブレ(メキシカンプロレス。メキシコで大人気の大衆芸能。日本のグレートサスケなんかもここのスタイルを踏襲してるよ)で、覆面をしたレスラーとして、もうひとりの変人”ヤセ”とタッグを組んで賞金を得るため戦うが、あこがれのシスターに”ルチャは虚栄心のために戦うから罪だ。”といわれ悩んだあげく、、、というもの。


Kxkpfq97


このナチョの性格がまたいい。やんちゃな子供がそのまま大人になったような、純粋で、ドジで、優しくて子供好き。
ルチャをやるのも子供らのため、といいつつ、実は同時に子供の頃からルチャが好きで、好きで、とにかく勝ちたい!、、、のだ。
”神様はどうして俺をこんなにルチャ好きにさせといて、弱っちくしたんだろう、、、”とため息をつくナチョ。

修道院ではルチャは罪だとされ、TVで見るのも禁じられてるので、ナチョはばれないように覆面をかぶって試合に出るのです。
”ルチャはお金とうぬぼれのための虚栄心の戦いです。”と、ペネロペ=クルス似の美人のシスター。
”戦うのは罪かな?”と聞くナチョ。
シスターは”貴い目的のため、人を助けるための戦いは、神は祝福なさるでしょう。”
で、子供たちにおいしい食事をだすため、と大義名分を見いだしたナチョはルチャで戦い続けます。

はて?これってどっかで聞いたことあるような、、。
そうだ!“タイガーマスク”だ!(って、どれくらいの人が知ってるかしら、、、このマンガ)
でもこのナチョ=リブレは、実在したメキシコのフライ=トルメンタ(暴風神父)というルチャドール(レスラー)がモデルらしいから、タイガーマスクの方がまねしたのかも、、。

さて、ナチョは宿敵、それこそ金と虚栄のために戦い、他人への思いやりを欠くラミレスとの一騎打ちに勝てるでしょうか?お楽しみに。
いっておくけれど、同じような流れの話でも”ロッキー(パート2以下)”よりはるかに感動ものですよ。

こんな品のいいクオリティー高いコメディーを演じられる俳優は日本にはいるかなあ?。下品なドタバタコメディアンは多いけれど、、、。
植木 等さん、惜しい人をなくしました、、、。