フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 花盛りの庭からエコ! | メイン | 散り行く雪柳を惜しんで/リャドロの人形 »

2007年3月30日 (金)

がんばれ!安藤美姫

東京は関西より北なのになぜ桜の開花が早いのか?
少なくとも宝塚ではまだせいぜい一分咲きだし、、、。

今年も咲いたら夙川に行こう、、、。毎年きれいだよ、とても。


Il6chykx 一足早く、モロゾフの桜チーズケーキ。一口サイズでおいしいし、見ててとてもかわいらしいケーキです。


さて、ここからが本題です。

先日フィギュアスケート世界選手権が行われ、安藤美姫が優勝しました。浅田真央と1、2位を占める快挙でした。

でも去年まで、安藤美姫はキライでした。

ミキティー、ミキティーとマスコミにもてはやされて、それに慢心したのか、売りの4回転も一向に飛ばず、体もしまりがなくなり、それでもテレビではあいかわらずアイドル気取り。
こんな風に、彼女をだめにしたマスコミも、簡単につぶされた彼女もキライでした。

案の定、トリノオリンピックではさんざんの成績で、もう安藤美姫はだめだと思っていました。

彼女もスケートをやめようと思ったといいます。それが当然のリアクションだったでしょう。でも、色々理由はあったと思いますが、とにかく彼女は結果的にスケートを投げ出さなかった。

世界選手権に至るまでの数々の試合で、彼女は見違えるほどでした。なによりも精神的に安定していました。
昨シーズンとは別人のように体もしまり、インタビューへのコメントも心の成長と成熟がみてとれました。
静かな強い意志の力を感じました。

どん底を経験して、そこでくさらず這い上がってきた人間は本当に強い。
今シーズン、彼女の試合を見てきて、”キライ”を返上しました。
たとえ今回の世界選手権で優勝してなかったとしても、私は彼女を尊敬します。

よく考えると彼女はまだ19歳なんですよね。そんな彼女に精神が未熟だとか、マスコミにおどらされてるなんて、というのは酷な批判だったかもしれない。だからよけいにいまの彼女には19歳の若い子でも頭がさがるのです。
はたして自分が同じ立場だったら、また彼女のようにがんばれるかどうか、、、。

次のオリンピックには是非出場して雪辱をはたしてほしい。
どうかマスコミももう彼女をおもちゃにしないで。
今回の優勝にまた慢心することなくがんばれ!安藤美姫!


(おまけ)なんで冒頭モロゾフのケーキを出したかというと、彼女の今のコーチがモロゾフ氏だから、、、、なんちゃってsmile

コメント

な〜んて。投稿されて間もないのですね。そうそう。わたしも、みきちゃん、嫌いでしたが。あの、しゃべり方が特に。アホな女子高生丸出しじゃないか!って・・・でも、トヨタに移って、少しは研修でもしたのか、しゃべり方がマシになり。なにより、すごい努力でしたよね。この一年。オリンピックでは、可哀想だとすら思っていました。だって、あの衣装、ぜんぜん似合ってなかったですもん。きっと、精神状態も悪かったのでしょうね。あの衣装が断れないのも・・・この一年のは、成績も衣装も良い!故障しない程度に頑張ってほしいですね。

そうそう、あのアホ女子高生みたいなしゃべりが嫌いだったんです。でも幸いなことに、人は変われるのですね。年とともにむつかしくなってくるけど、、、。(^ ^;)横浜家族旅行記、時に爆笑し、時にほろりとし読ませてもらいました。赤子もいれて3人の子供さん引き連れて旅行なんて私には若い時でも絶対無理。妻!さんのすごいバイタリティー感じました。小春かあさんもいい感じの方ですね1

コメントを投稿