フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 2007年1月 | メイン | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月26日 (月)

久々に音楽ネタ/フレ様とU2

本屋で見つけたっ!
わが愛するフレディー・マーキュリー様の御勇姿。
NHKの英語のテキストの表紙なんですがね、、、。

J2ttj85t このテキストではエアロ・スミス、オリビア・ニュートン・ジョンなどの代表的な歌の歌詞の英語をリズムでおぼえちゃお〜というコンセプトらしいが、その最後を飾ってQUEEN の(正しくはもとはフレさんのソロ作品なんだが)"I was born to love you"が!キムタクの番組に使われて一気にメジャーになった曲ですね。私としては"Bohemian Rhapsody"をとりあげてほしかったが、、、。

でも、最後で最高といわれたウェンブリースタジアムでのフレさんを表紙で使ってくれるなんて、うれし〜heart

Rjppxf9u さてこれは最近でたU2のシングル曲集。この中で"Sunday Bloody Sunday"という曲があって、間奏がとてもアイリッシュな感じで好きなんですが、そのなかのかけ声がどう聞いても”オラ、行くぞ〜”という日本語に聞こえるのですが、、、。空耳でしょうか?



もうひとつ、このCDのつっこみどころ。実はスペイン語も習ってる私、"vertigo"という曲の中にいくつかのスペイン語のプレーズがはさまれているのですが、曲の冒頭“uno(1),dos(2),tres(3),catorce(14)"と、いってるのです。なぜ3からいきなり14に飛ぶのか?cuatro(4)のまちがいでは??と、このCD実はとても楽しい。(U2ファンのみなさん、すみません)
"With or Without you"が一番好きheartかな?

2007年2月25日 (日)

独活(うど)って、、、

独活(うど)ってどうやって調理するんだろう??
ご近所さんから”田舎から送ってきたんで、、”とおすそわけでもらったのだけれど、恥ずかしながらこの年までウドって料理したことないのよね〜。
料理屋さんでつけあわせに出てくることもあって、食べたことはあるんだが、なにせ都会育ち(?)だもんで、まんまははじめて見る。

Xojx8vu8 おそるおそる遠巻きに見てみる。
この先がくるっとしているのは絵なんかで、見たことがあるような、、、。でもこんなにきれいなピンク色をしているとは知らなんだ、、、。


インターネットでウドの調理法を検索。ネットはこんなときとても便利だね。
で、私にもできそうなところで酢の物をこしらえてみることに、、。
N5ymfart 確かに皮を剥いてみると、なにやら見覚えのあるウドのお姿に、、、。皮もすっすっと気持ちよくむけるし、包丁をいれるとシャリシャリ感が気持ちいい。


で、ちょっと湯通しして、塩揉みしたきゅうりと、旬のホタルイカと甘酢であえて

Ozybifc2 完成!
器は以前ご紹介した(1月29日)吉井史郎さんの伊羅保写し。意外といけました。ウドのシャリっとした感触、これが春の味かしら?


2007年2月24日 (土)

おひな様の季節はこれだ!

この季節にしかスーパーにないものといえば、これ!
ももやま白酒。京都の宝酒造がだしてるれっきとしたお酒です。

Jsdoiujh


おひな様のころにあわせて売られているのですが、アルコール12〜13度ということは結構強いお酒です。
このピンクのかわいいパッケージにつられて子供用に買ってしまうお母さんがいないかちょっと心配してしまいますが。


Qopouosp なかはどろっと甘酒みたいですが、甘酒みたいにべたっとした甘さでなく、すっきり系で、お米をすりつぶしたような口触りがたまりません。


コップに半分も飲めばほんのりポ〜っとしてきて、いい気持ちに、、、。
一年を通して販売してくれたらいいのですが、今しか手に入らないっと思うからよけいおいしいのでしょうか?

そのまま冷やして飲むのが普通ですが、これを冷たいミルクにまぜるとまた、これがうまいんだなっ!lovelyお酒の弱い人にはミルク多めがおすすめ。

で、この季節まとめて2〜3本まとめ買い、、が年中行事になってます。

是非是非お試しください。heart

2007年2月23日 (金)

今日のお稽古着2月23日

Pewwxmw7
春の苑紅にほふ桃の花
      下照る道に出でたつをとめ

この季節になると、ふと口をついて出てくる万葉集の歌です。大伴家持のころにはまだ雛祭りの原型もなかったと思うのですが、なんとこの歌のおひな様の季節にあうこと!

今日は気軽にきていける銘仙にしました。
ひところ銘仙にこっていて、(最近再び織られ出したとの話も聞きますが、)今はもう作られず昔の物しか手に入らないとのことで、古着屋でやっと見つけた一枚です。
銘仙は昭和初期という時代の雰囲気なのか、柄がハデ!モダンといえばモダンだが、この着物もよく見ると今では考えられないような色使いと柄ゆきになっています。(この写真で見えないところが結構すごい色になってます)
シャキシャキして着やすく、大島ほど値がはらないので気楽に着てます。将来はこれを着て割烹着で玄関を箒で掃き掃除、、、というのが理想の姿なんですが、、、。heart

で、その柄をおちつかせるために紬の単色の帯をあわせてみました。帯の模様はみの虫の皮(?)を彩色して貼ってあるかわりだねです。おちついた色が気に入ってます。
これも締めやすく、今日はトータルで10分以内にこしらえ完了!私にしては新記録です。

クリスマスじゃないけどクリスマスローズ

今、うちの庭はクリスマスローズが花盛りです。
パンジーやビオラは元気ですが、それ以外にこれといって花のない季節に微妙な色の違いをみせて咲くこの花は貴重な庭の彩りになっています。

6hlnhnop そもそもローズという名前ですが、実はキンポウゲ科でバラには関係なく、洋名はヘレボラス。ギリシャ語でなんと”地獄”という意味だとか、、、。こんな可憐な楚々とした花がなんで地獄?、、、地獄みたいに荒れてやせた土地にも咲くことからきているみたいです。


ヨーロッパではクリスマスの頃咲く種類もあるようですが、日本では今頃の季節でしょうか。この季節の名前をとってレンテ(カソリックの四旬節:イースターの40日前の期間)ローズと呼ばれることもあります。


Kdv9qlux うちには5色、5株植えてますが、ピンク系、黒系、白系の他緑が入ったのや、ふちだけピンクとか、網模様や斑の入った物まで、いろいろ花の色はあるようです。



Ujj77ldk どこがちがうの?というくらいささやかな色の違いでも、マニアには大きな違いのようですよ。



花はみんなうつむきがちで、手でおこさないとその中のきれいなおしべを見せてくれません。
中をのぞいたとたん、外側の地味な草色から想像もつかないような美しいピンクを見せてくれたりするところが人気の秘密でしょうか?

Z4veevzk 楚々たる日本美人のイメージがありますね。人間界では今は絶滅危惧種ですが、、、


ところで花、花といってますが、実は花びらではなく萼(ガク)と知って、2度びっくりです。


参考にしたヘレボラスのサイト:http://www.helleborus-chris.com/

2007年2月20日 (火)

夜咄(よばなし)の茶事(初体験!)

お茶を習ったことのある人なら夜咄の茶事は是非経験したいイベントではないでしょうか?夜寒の闇の中、ゆらゆらとゆらめく手燭の明かりだけをたよりに行われる酷寒の時期の幻想的なお茶事です。
前から一度体験したいと思っていましたが、やっと念願かない、機会を得て参席できました。  感激!


3mv4ela8 ご亭主は数寄者ご夫婦で、自宅とは別に三畳台目の茶席をもつ大きな別荘をお持ちで、ときどきこうして茶事をひらいておられます。客は私のお茶の先生を含め5人。



Mrj1ogxu お茶席ですのでカメラをバシバシ撮ることがはばかられたので写真あまりありませんが、雰囲気は伝わるでしょうか?懐石も膳燭のもと、ご亭主の手作りをいただきました。



本来寒〜い時期に行うので、明かりが何よりのごちそうになりますが、昨今の2月とは思えないあたたかさがちょっと残念でしたが、和蝋燭の独特の揺らめきに客の影が障子にゆらゆらうつって、幽玄の境地をちょっとかいま見れたような気がしました。
電灯のある生活に慣れた私たちには新鮮で、夜の暗さ、明かりのありがたさを再認識。
そしてご亭主の心づくしに深く感謝。


Tuocsbge 着物はなにを着ていこうかと考えたあげく、薄暗がりに映える白っぽいのではなく、むしろ闇にとけるような暗い色の訪問着にしました。帯は名物裂がパッチワークのようになっている草木染め。



Rk7ta1dd 寄り付きになっている広い吹き抜けのある部屋にて。なんと、ここには囲炉裏までありました。すばらしい!こんな家に住めたらな〜。
lovely

2007年2月18日 (日)

腹帯について/中山寺/梅林

阪急中山寺から徒歩1分、中山さんは阪神間では安産の神様で、妊婦のみなさん腹帯はここにもらいにこられたのでは?

Smxsz5jt かくいう私も一人目は京都にいたのですが、尼崎の姑がここの腹帯をもらってきてくれました。二人目は尼崎に住んでいたので自分で取りにきました。(京都では腹帯はどこにもらいにいかれるのでしょうかね?)




_b251hce これは山門をはいって本堂へむかう参道ですが、このように急な階段がいくつかあります。妊婦さんがこんなん登っていいのかしら?と思うような、、、。で、最近ではエレベーターも登場(右の標識)さすがここらへんは安産の神様ならの配慮ですね。(^ ^)


昔はこの階段を登れる元気のいい妊婦さんしか生き残れなかったのかなあ、、。帝王切開などなかった時代、赤ちゃんだけでなく、お母さんにとっても、ほんとにお産は文字通り命がけだったんですね。
でも、腹帯って日本だけの習慣って知ってました?中国にも腹帯の習慣はないようです。お腹の子が大きくなりすぎないようにとか今でも古い人は言われますが、科学的根拠はありません。ハラマキ式にはともかくあんな布をぐるぐるまいて、お腹はモコモコするし、夏は暑いし、、と思っていましたが、ただ妊娠後期、腰痛がでてくるとこれをしっかり巻くと、腰が楽になるんですよね。
科学的意味はなくても、五ヶ月の戌の日に、流産しやすい時期をよく乗り越えた、と言っては巻き、大きい子は難産になりやすいから大きくならないように、と言っては巻き、お腹の赤ちゃんを慈しむようにお腹越しにくるみ、、、腹帯はお産が難事業であった時代の妊婦やその家族の祈りにも似た思いがこもっているのですね。



G2gvu77u さてさて、わたしは腹帯とりにきたじゃありませんよ。更年期だし、孫はまだ早いし、、。ここはまた梅林でも有名なのです。北野天満宮ほどではありませんが、近くだもんで気軽に行ける梅見スポットです。


M_hzfazk いろいろな種類の梅がありますが、私は清冽な白梅が好きです。今年は全然寒くないけど、例年身を切るような寒さの中できりっと咲いている姿がいいですね。


Zxdj2ooq 薄紅のしだれ梅。これはたおやかな乙女の姿ですかね。こんな時代もあったわ、、、(ウソ)



Cw2w12yq 紅梅はあたりを圧倒する女王の風格。光琳の屏風絵を思い起こさせます。


今年は暖冬で花も少し早く、寒さの中でホカホカの甘酒を梅見しながら飲む、という風情はなかったのが残念。
さて、花の兄=梅がすめば桜の季節はもうそこまで、ですね。


中山寺:http://www.nakayamadera.or.jp/top.html

2007年2月16日 (金)

今日のお稽古着2月16日

Npoz8s9q 2月というのにさっぱり寒くないですね。
今日はいい天気でぬくかったので、さらりとした大島紬で。
これは母の着物でした。写真ではわかりづらいのですが赤、緑、黄色などの色がはいっています。子供の頃これが地の黒い色に映えてネオンサインみたいに見えたので、”ネオンの着物”とよんでいました。私の記憶にあるこの着物を着た母は今の私より若かったと思います。将来娘も着てくれるといいのですが、今のところ着物には全く興味なしsad
帯はリサイクルもの。朱色の縮緬に模様が手描きで、お店の奥にあったのを遠くから一目見て気に入ったもの。アクセントになる色で気に入っています。
heart
ちなみに今日は隅炉手前を筒茶碗でしました。smile

うちの猫さん/2.5匹?

子供が家から出て行ってしまったので、旦那とふたり暮らしですが、正確には猫さん2匹とも暮らしています。2匹とも今年御年10歳。ばあさん猫たちですが、彼女らは年取っても、人間みたいにしわやシミができないのでうらやましいです。もっとも最近時々棚の上に飛び上がろうとしてずっこけ落ちたりして老化を感じる時も、、、。
この前本屋で”老猫の介護”なる本をみつけてびっくり!動物の世界も老人介護かあ。もちろん家族の一員として最後まで面倒をみてやるつもりだけれど。
動物病院の待合室で待っている間、年をとったり、病気になったりでつらそうな動物をみると、必ずくるであろううちの猫たちとの別れの時のことを思い胸がいたみます。
がりがりにやせこけた犬を戸板にのせて、毎日点滴に通ってるという飼い主さん、、私はここまでできるかなあ、、。


Xth1v5lv うちのばあさん猫たちです。


Fwco4mab シェルさん。そう、私のブログネームは彼女のものです。ちょっと腹がぼてってますが美人猫です。震災後の仮設住宅で生まれたのをもらいました。頭のいい猫で、家中の扉、引き出しを開けられます。


Dkndl3bl プリさん。娘が中学のとき学校の近くで”仔猫あげます”のポスターをみてもらってきました。ちょっぴりあほたれさん、ですがなでると必ずザラザラの舌でなめてくれるので、気持ちいいやら痛いやら、、、。


Zzbnygte 2.5匹と書いたのは北海道の娘のところにいる唯一の雄、フレディ。(もちろんQUEENのフレディ=マーキュリーからとりました)この仔は生後1ヶ月くらいのころお隣の庭に迷い込んでいたところをひきとったのですが、同じ頃シェルさんが腸閉塞で手術をして、大変なので娘がひきとってくれ、以後北海道の猫になってます。掌にのるくらいだったのに今では一番でかい猫ですが、性格はおだやかでかわいいです。娘と一緒に時々里帰り。


そう、実はこのブログのURLは3匹の名前の合成、、、でした。wink

2007年2月14日 (水)

大阪の町家篇3/北区中崎町あたり

以前からご紹介していますが、大阪北区中崎町、浮田町、黒崎町、茶屋町あたりは空襲をまぬがれ、京都のような戦前の古い町家がたくさん残っている風情のある地域です。茶屋町は阪急三番街に隣接しているので、ややざわついていますが、それ以外の町は地元密着の生活の町です。
京都と同じく、というより京都より速いペースで日に日にこの古い町並みは破壊されつつあります。見慣れた町家がある日あっというまに取り壊され、あっという間にプレハブの変哲もない家になってしまうのを見ていると、残念、もったいない、と悲しく思ってしまいます。


Mnx7ggfv 中崎町の風格のある町家。メリヤス○○商会の時代がかった看板がかかっていますが、これは今もそうなのか、オブジェとして飾ってるだけなのかはわかりません。でもこの家はちゃんと住んでる人がいます。背景が背の高いマンションなのが周りの環境の変化を暗示してますね。


Dmlt5dif これも中崎町の町家。二階の壁をタイルで覆っているのは戦後はやった改装みたいです。町家にはいただけないのですが、ここまで古色になると、それなりに雰囲気があります。この家も町並みに風情を添えていますが、残念ながら、この家はずっと雨戸が閉まったまま。ここもいずれ壊され変哲のない建て売り住宅が建つかもしれません。


Psetyqxm ただこの界隈は若い人たちが古家を改修して、ユニークな店舗にするのがトレンドのようです。こんな家のようにユニークな雑貨を商っている店とか、カフェ、レストラン、着物リサイクル店などなど。こんな感じの店が点在して、散歩がてら訪ね歩くのも楽しい。ここまでは梅田辺りの騒々しい若者たちはこないので、地元の人たちの応援もうけているようです。ただ、はやらないと店じまいもありうるので、どうか頑張ってね、と心で応援。


京都に比べると景観に対する意識が低い大阪。一度壊したら二度と建てられない町家。どこまでこの古い町並みが生き延びることができるでしょうか?sadhouse

2007年2月12日 (月)

札幌雪祭りにいってきた


連休を利用して札幌雪祭りへ。一度はいきたいと思いつつなかなかふんぎりが、、。でも北海道の大学に行っている娘が来年卒業なので、最後のチャンスかも、、と思い切ってでかけました。
Amcrknqr 札幌は例年になく暖冬で、雪祭り始まって以来のピンチだったそうですが、ここ数日でなんとかもりかえしたとか。私には十分寒かったのですが、夜でも気温は1度。氷点下になってなかったです。


Ybtjxtib 大掛かりな雪像の中で一番感激したのはこれ。南極圏の生き物をテーマに宗谷丸、南極犬タロ、ジロ、クジラ、アザラシ、ペンギンなど。構図がダイナミックでクジラがまた迫力満点。



Aa8mdmm8 自衛隊が作った最大の雪像。タイのプラーサート宮殿。もう少し気温が低ければ細部の細かさもわかったのでしょうが、少し解けかかって角が鈍化してたのが残念。


Yvsrwcok 夜、暗くなってからのライトアップがまたきれいでした。夜で気温下がっても、人の数はますます増えていくようでした。


Iyu6cyjw やはり祭りだから屋台はつきもの。北海道は食べ物もおいしいからね〜。蟹まで売ってるのにはびっくり。なんだか有名だという(私は知らないが)ラーメン屋のラーメン。結論として、ラーメンは大阪の方がうまい。


Llyk9r6x 食べるチャンスはなかったけれどジンギスカン売ってた屋台。活気がありました。こんな物売ってるのは北海道だけかも。


外を歩き回ってホテルに帰るとしばらくして鼻から水がどお〜と。風邪ひいた?とあわてたけれど、それっきり。こ、これは鼻の奥で凍ってた呼気の水蒸気が溶けだした物か??これは初体験。shock

2007年2月 9日 (金)

新しいお皿/銀屋/西宮

夫婦二人だけになったので、量より質で勝負!は食事だけでなく器も、ということでお気に入りの食器集めをぼちぼちと。なるたけ物は増やさないようにと心がけているのに、ついついいい物を見てしまうと悪い癖が、、。

N5ftb1il 今日は西宮の器屋さん、銀屋へ。ここは作家ものの器もありますが、お手頃な物もそろってます。陶磁器だけでなく漆器、錫器、カトラリー、和紙製品なども。これはあまり大きくないのですが、年配者にはちょうどいい大きさのメインディッシュを盛るのに買いました。


Rb3sseso これはこの前行った京都の町家レストランでプチデザート盛り合わせがのってたお皿がすてきだったので、似たのを見つけました。デザート盛り合わせは無理でも、イチゴやオレンジの輪切りをのせるだけでも絵になるかな?と思ったのですが、、。


Qsar243g 銀屋さんは小さいお店で、阪急苦楽園口から歩いて少しかかるのが難点ですがディスプレーや品揃えは豊富。町家風中庭があるのもポイント高い。なによりお皿を包むのに和紙の袋を使ってて、その袋に手書きの墨筆のワンポイントが。手がこんでます。この袋もとっておこう。手前の黄色の袋はおまけにいただいた一筆箋が入っておりました。
smile

さて、器を眺めるだけでなく、料理も手抜きしないようにしないと、、、。wink


銀屋:http://nishinomiya-style.com/store/store_view.asp?idx=100423

2007年2月 8日 (木)

町家/河井寛次郎記念館

清水にほど近い馬町、東大路をちょっと西にはいるとそこは昔ながらの町家が連なる風情のある通り。
さて、今回の京都行きは町家ウォッチャーとして河井寛次郎記念館が目的でした。
お茶を始めるまではよく知らない人だったのですが、実はその世界では有名。日本文化に造詣の深い外国人の方が実はよくご存知だったりする、、。

Rurl9_s8 昭和を代表とする作陶家ですが、作陶だけでなく彫刻や家具のデザイン、インテリアデザイナー的な作品も多いようです。柳宗悦らの民芸運動に賛同し、作陶でも“用の美”を追求した人でもありました。柳宗悦つながりで、棟方志功とも交流があったようです。


8ij4fkjx この寛次郎の家は京町家というより飛騨地方の民家を模して昭和12年寛次郎自らが設計した家ですが、私がめざす理想的な家に近く、来てよかった、と思いました。掃除や炊事をする主婦としては便利悪そうですけど、、、。


Y7ohqcyq 町家のキーワード箱階段を上がったところ。吹き抜けを囲むように板張りの踊り場があり、ここに机をもちこんで寛次郎は書斎にしてたらしい。2階には畳の間が3部屋あって天井も低く、陰影ある造りで和みます。ここまで広い家は望むべくもないけれど、こんな家が建てられたらなあ。


Uxlwd84l 吹き抜けから2階を見上げたところ。ここの天井は現在貴重な物となりつつある煤竹がふんだんに使われています。


2uehd3_s まあ、一般のお宅では決してない登り窯。寛次郎が実際作陶に使ってたアトリエの脇にで〜んと奥行き深く作られています。間口の狭い家の奥にこんな物まであるとは京町家はふところが深い。想像もできない。


寛次郎関係の本や雑誌がたくさんおいてあるので、ストーブ脇の椅子に腰掛けて、住人になったつもりでゆっくりまったりすごせました。
寛次郎は知らなくてもこの家は一見の価値あります。

河井寛次郎記念館:http://hcn.plala.or.jp/fc211/sagi/

2007年2月 5日 (月)

昭和6年の新聞

昨日久しぶりに京都の古家へよってきました。

5vqvrpkz 前回は夏草がうっそうと茂りジャングルと化していましたが、さすがに冬枯れして見通しはよくなりました。
暖冬のせいでまだ雑草は元気な奴もいるようです。



Dyzxeqhm 古家の二階のおしいれに貼ってあった新聞の切れ端です。写真が小さくて見えませんが昭和6年8月廿5(25)日と読めます。で、この建物は少なくとも昭和6年には建っていたことになります。築75年以上ってわけね。


Ug6q9gbk ”写真がなんだか時代を感じさせますね。昭和6年といえば、満州事変の年。この新聞を湿気予防?に貼った庶民はこの事件を当時どううけとめていたのでしょうか。


Tj5miiy6 その2階からの眺め。離れの屋根と、近所の屋根がみえて、”むくり”もよくわかります。半壊してるけれど、京都の近代史を体験してきたいえなんだなあ、とさらに愛着がわきました。この古家残すべきでしょうかね。


何人かの建築設計事務所に問い合わせのメールを送ってみました。わりと有名なところからはなしのつぶて。小口依頼は眼中にないのでしょうかね。

angry
若い建築家の方からはすぐに丁寧なご返事をいただきました。好感が持てます。smile

2007年2月 4日 (日)

やっと行けた!茂庵(三度目の正直)

吉田山の頂上にあるカフェ茂庵。大正時代の数寄者が建てた山荘を利用していて、ここのところ観光客にも人気のようです。
行こう、行きたいと思いつつ、1回目は目前にしてポケベルに呼び出されパア。2回目は吉田山中で迷っていけず。
三度目の正直で今日やっと!

Rqenzebp これは茂庵に行く途中、神楽岡から登って息が切れた頃に見えてくる大正時代の京大教授たちのために作ったいくつかの官舎のひとつ。贅沢な造りですね〜。


Ycz1hzjs 吉田山も山頂近く、茂庵まであと少し。町中とは思えない山の中。さわさわと葉ずれの音がここちよいです。


Giltrfad やっとたどり着いた茂庵玄関。ただし!人気で30分待ち。やっぱりここでも茂庵への道は遠い、、、。


I6d5rsfg 窓からは京都市内が一望のもとに、、。妙法、左大文字が見えます。吉田山って低い山だと思っていたけれど意外と高いのね。


Nitn2afa 反対の窓からは大文字が、、、。五山送り火の日はここを解放しているという話も。これは絶好のポイントですね。


T3ysamlo ここの器は作家さんのもので、求めることができます。取手のない器が珈琲茶碗になり、ガラスのコップも微妙にゆがんでて手作り感がいいです。私はコーヒーと柚子シフォンケーキ、旦那はプチランチを注文しました。おいしかった!やっと望みが果たせたわ、、、。(涙)


Rkorhdnm 行きは神楽が岡通りから行きましたが、帰りは吉田神社の方へおりていきました。そう、今日は有名な吉田神社の節分祭の日。露天は店開きはまだしてませんでしたが。これは節分の日に行われるどんど焼き?の情景です。


三度トライしただけの値打ちはありました。
おすすめスポットです。ただし日曜や観光シーズンは待つ覚悟を!

茂庵:http://www.mo-an.com/